安眠枕の選び方「六角脳枕」朝起きた時にわかる寝つきが良くなる理由は3つ

ほとんどの枕は横向きになった時に居心地が悪くなる、またすぐに寝返りをうつことになります。寝返りをうった時にも枕が自分に合っていると違和感が体が感じないから朝までぐっすり眠れる、その快適さで朝はすっきり起きられます。

安眠できる!を実感できたのが「六角脳枕」です。

自分に合った枕に出会えたら、ぐっすりと眠れてすっきりと朝起きられる、それが自分に合った枕です。寝つきがよくなった実感があります。

「六角脳枕」が超熟睡できる枕として実感できるのは、素材や高さ、構造にありました。

安眠枕の選び方ポイントはこの2つ

安眠枕の選び方の基準は素材と高さと思います。

自分に合った枕で眠ると深くぐっすり眠れて、朝はすっきり起きられるとそれが快適な自分に合った安眠枕と思います。

素材はいろいろ豊富ですが、「六角脳枕」は素材が低反発マイクロウェーブを使用して、寝返りがうちやすくフィット感がある上に、通気性がよく、常温よりややひんやりする箇所があり保冷材が入っているのが特徴ですが、冬は頭が寒いのでは?いいえ、夏も冬も頭の温度がちょうどよい状態で、寝つきがよくなりますよ。

「六角脳枕」は素材と高さ、硬すぎず柔らかすぎず、そして構造に特徴があります。

 六角脳枕を選んだ理由

低反発枕が自分には合っていて、「六角脳枕」は低反発にプラス、頭がひんやりとして、横向きになったことに気づかないで朝まで眠っていられる点です。

「六角脳枕」を選んだのは横向きで寝る方が多く、また寝返りが多いので、横向きになった時が快適に眠れる枕が必要でした。

「六角脳枕」は横向きに寝る時も違和感がなく、肩の高さがよく、フィット感がある枕だからです。

自分にとっての安眠枕は横向きになった時も肩に負担がかからないことで眠りの熟度が高くなりました。

使って納得!

・素材が特殊な低反発マイクロウェーブ

・通気性がよくてフィット感がある

・枕がひんやりと気持ちがいい(熱がこもらない)

この3つが寝心地をよくしています。

安眠枕を探している方へ➡ 六角脳枕

全額返金キャンペーン中です!

隠れ不眠では

更年期で自律神経の影響で眠れないと思っていたら、枕を変えたらぐっすり眠れるようになったということがあります。

寝具はとても大切です。特に合わない枕を使用していてはぐっすり眠ることはできません。

特に50代、60代になると今まで使っていた枕では合わなくなっていることもあると思います。

更年期になると、のぼせや頭痛・肩こり、50肩などで眠れない人は頭を涼しくすると眠りやすいので試してみてほしいです。

枕にひんやり感

寝つきが悪い人に

「六角脳枕」は頭がひんやりする程度の温度が眠りを誘いますね

「六角脳枕」には保冷剤が入っていますが、素材は冷たすぎず常温の体温より少しひんやりが感じられる程度の素材を使っています。

程よいひんやり感は眠りを誘い朝の目覚めもいいです。(冬場でも冷たすぎません)

枕カバーがついています。

2ヵ所にひんやりする場所があります。ひんやり感はタオルで調整してもいいですね。

肩こりや首の負担

枕の高さは重要で、横向きになった時に枕の高さも調整が必要になります。

枕自体が調整してくれて寝返りをスムーズにしてくれることがポイントです。

横になった時に肩や首に違和感がない負担にならないような枕が必要です。

「六角脳枕」は寝返りをする時に体にとって最適な高さに調整してくれるので首や肩に緊張を与えないので眠りが快適になるのです。

「六角脳枕」の形

六角形の枕には特徴があって、凹凸構造によって寝返りをしても眠りを妨げない構造になっています。

凹凸があることで寝返りをする時に首や肩をささえるので、自然な寝返りができるようになり睡眠の妨げにならないような工夫がされています。

凹んでいるところが低すぎるのではないかと思っていましたが、寝返りがしやすいです。それと同時に呼吸がしやすいこともあげられます。いびきの原因の一つが枕にあることは知られていますが枕によって改善できる可能性は大きいです。

肩こりや首こりがある方は枕が合っていない場合がありますよ。

安眠枕を探している方へ➡ 六角脳枕

全額返金キャンペーン中です!

快適な眠りには温度が大切

頭寒足熱」ということばがありますが、下半身を温めて頭部を冷やす健康法です。

通常は足よりも頭の温度が高いと言われていて、頭の温度が高いと頭へ流れ込む血流の量が増え、頭が熱を持ち寝つきにくくなるといわれています。

頭の温度を下げることにより、頭へ流れ込む血液の量が安定するため足先までの血流がよくなり寝つきやすくなるといわれています。

そんな化学的な根拠があり、六角脳枕は枕にひんやり構造を造ったそうです。頭が熱を持たないと本当に寝つきがよくなります。

アスリートたちも「六角脳枕」を愛用している方が多いです。

今まで寝つきのいい人が羨ましかったですが、「六角脳枕」で寝ると自然に眠れていて朝起きた時のスッキリ感は1日気分よく過ごせます。

2020