ストレッチで健康維持!バカにできない1日1分の効果┃呼吸を止めずに伸ばしていく

ストレッチやヨガで普段使わない筋肉を伸ばします。

体を動かすのが苦手だし、ストレッチはたいして効果を感じない!

そう思っている方、呼吸を止めずに動作をしていますか?

何の道具もいらない、手軽にできるストレッチを1日1分でいいので継続してください。転んでも骨折やケガをするリスクを減らすことができます。

”あ~体が気持ちいい”と感じること

ストレッチ効果は継続することで効果大です。

年齢に関係ないです。健康維持のため50歳、60歳だからこそストレッチは大切です。

スポンサーリンク

ストレッチの効果

普段の生活では使わない筋肉を伸ばすのは、これが気持ちいいのです。

硬くなった部分を伸ばして”気持ちいい”

1日1分でも続けること、習慣にすることで健康効果があります。

ストレッチする時は、呼吸を止めずにゆっくり呼吸に合わせてストレッチすることがポイントになります。

動作をしながら呼吸に意識するといいですよ。

二の腕の引き締め背中の贅肉をすっきりさせるのもストレッチです。

体が気持ちがいい、気持ちもスッキリしますので、習慣にすることが大事です。

姿勢がよくなったり猫背も改善します。

2~3か所のパーツごとのストレッチから始めるといいでしょう。

シンプルで難しくないストレッチは継続することで健康維持を保ちましょう。

タオルを使って背中の贅肉をすっきり!

関連記事:女性の背中痩せにタオルで肩甲骨体操!はみ出し肉がすっきり

ストレッチをする時の注意点

ストレッチは反動をつけたり、呼吸を止めることは逆効果です。

つい呼吸を止めている自分に気が付きますが、呼吸は止めずに自然呼吸で行うことが効果を早く実感できます。

呼吸に合わせて伸ばしていくと体が楽にストレッチできます。

呼吸は止めない

太ももストレッチ

ストレッチをするとその動作の時に息を止めがちになります。

動作をしている時も、呼吸は止めずに自然に行うことです。

動作が終わった時は大きく深呼吸することもいいですね。

反動をつけない

呼吸をしながらゆっくり伸ばしていくと筋は少しずつ伸びていきます

反動をつけることは逆に柔軟性が低下することになります。

ゆっくり呼吸をしながら動作を行うと、1回目より2回目は柔軟性が高まっているはずです。

無理をしないこと

自分のペースで行うことが大切です。

自分の体ですから自分のペースで体が気持ちいいと感じる範囲内で行うことです。

続けていると柔軟性は高まってきますので、始めに張り切って無理をすると嫌になり続かない原因にもなります。

継続することで、習慣になり、ストレッチをしないとすっきりしない、そうなるとしめたものです。5年後も10年後も続けていることでしょう。

”ストレッチしてすっきりした” その気持ちが大切です。

2年後、5年後、10年後の体は、老けるどころか若返っていることでしょう。

思ったらやる習慣を

椅子に座っていても、寝ていてもストレッチのポーズはたくさんあります。

自宅だけでなく、職場や待ち時間など道具は必要ないので思い立ったらストレッチをするといいです。

スポンサーリンク

パーツごとにストレッチ

膝の後ろ、背中、腕、お尻、股関節など、その部分に意識をして呼吸を止めずに伸ばしていくとゆっくりと緩んでいくのがわかります。

始めは気になる部分からのストレッチから始めるといいと思います。ゆっくりと筋が伸びていくことを意識しながら伸ばしてください。

体が気持ちいいといろいろなパーツもストレッチしたくなります。

その継続が健康維持や美容面にも効果がでてきます。

ラジオ体操も柔軟体操音楽に合わせてのストレッチですね。

ゆっくりと筋肉が伸びているのを感じてください。

最初は1つのストレッチでもいいです。

体が気持ちいいと感じたら、続けられます。

むしろやらないと体がすっきりしない気持ちさえわいてきます。

続けることが大切

続けることが大切です。

・体の柔軟性が高まる

・体のリラックス効果

・疲れずらくなる

・体調が整ってくる

簡単なマッサージを習慣にする

関連記事:冷え性は血行不良!1分の効果的な血行マッサージで冷え性改善

柔軟性を高める

関節ストレッチ

関節周りは硬くなっているので関節を動かすことで関節周りを柔軟にするストレッチは実に気持ちがいいです。

シンプルなゆるい関節ストレッチでも効果はてきめん!

筋肉が柔らかくなると関節や骨が引っ張られるような違和感がなくスムーズな動作ができるようになります。

柔軟性のある筋肉は転んだ時もケガをしにくくしますし、骨折予防、全身の血行を良くなる、代謝アップにもつながります。

関節の可動域を高めることはとても重要です。

年齢を重ねてくると体は硬くなってきます。

肩こり、腰痛、股関節痛、ひざ痛、冷え性、代謝の低下などすべて関連していきます

骨折予防

筋肉は正直です。

毎日1分でもストレッチしていると筋肉が柔軟になり骨をサポートすることにもとても役に立ちます。

筋肉は年齢に関係なくいくつになっても正直に反応してくれます。

”年だから”そんな言い訳は嘘と体は知っています。

骨盤の歪みを解消

骨盤のゆがみは太りやすい原因とも言われています。

骨盤は体の中心にあって、体全体を支える土台のような役割をしています。

股関節から下半身、肩甲骨、背骨から首へとつながっています。

それぞれの繋がりへと影響を及ぼしています。

新陳代謝をアップ

新陳代謝の低下が冷え性を招きます。

骨盤がゆがんでいると、体幹部の筋力が低下していきます。

体幹部の腹筋や背筋などの筋肉が弱くなると新陳代謝が低下します。

逆に体幹部の筋力が維持されていると代謝が上がり、冷えなどの症状も改善します。

体感が鍛えられてくるとバランスがとてもよくなります!転びやすい人必見

関連記事:50代女性お腹ぽっこり解消法!プランク体幹トレーニング1分の効果!

肩こりや腰痛がなくなる

背中の贅肉を取る

姿勢が悪いのと体が硬いのは比例します。

筋力が低下し血流が悪くなることで、肩こりや腰痛がでてきます。

便秘に

全く体を動かさない人が少しストレッチするだけでも大腸の蠕動運動が高まり便秘症がすんなり出やすくなることがあります。

食生活だけでなく、運動不足が便秘を起こしていたのです。

運動不足による筋力低下が原因です。

野菜だけのスープで体をきれいにデトックス!

関連記事:中年女性のお腹周りの脂肪が魔法のスープでスッキリダイエット!

血液やリンパの流れの改善

ストレッチをする習慣で血液やリンパの流れも改善してきます。

体全体の循環がよくなるので肌のコンディションもよくなります。

最後に

ストレッチは毎日続けることが大切です。

たとえ1日1分でも続けることで身体は変化してきます。

柔軟性のある質のよい筋肉を作ることは、無理をしないで、できる範囲で毎日ストレッチを行うことが大事です。

そして

伸ばしている部分に意識を向けて、呼吸は止めないで、自然呼吸をすることで効果を感じます。

スポンサーリンク
2019