明日葉の「カルコン」という成分がむくみをスッキリ老廃物を洗い流す

明日葉には「カルコン」という成分が老廃物を洗い流し、むくみを解消することで注目されています。

青汁の主成分として明日葉は飲みやすく工夫もされて、栄養補給のためにも飲んでいる人が多いと思います。

明日葉の成分「カルコン」の効果効能を調べました。

スポンサーリンク

あしたば「明日葉」の成分「カルコン」とは

若い女性にも人気がでている青汁の原料の明日葉むくみを解消する作用があります。

もともと明日葉には利尿作用の「カリウム」が含まれていますが、利尿作用で体の毒素も体外に排出する効果や、下半身のむくみは水分が滞りことが原因ですが、明日葉はむくみを取る効果もあります。

「カルコン」はネバネバした黄色い汁の成分で、ポリフェノールの一種でもあります。

ダイエット目的でも青汁を飲んでいる人も、明日葉の「カルコン」が老廃物を排出する効果を知っているからと思います。

実は、飲みやすい青汁で脂肪燃焼効果!

➡ あしたば(明日葉)や乳酸菌配合青汁は脂肪燃焼効果があるその成分とは?

明日葉「カルコン」効果

最近の青汁は飲みやすくなって、若い人たちの中でも飲み続けている人が多いそうです。飲みやすいから続けられる、デトックス作用でむくみや余分な脂肪も流してくれるからでしょう。

ポリフェノールの一種の「カルコン」は血液をサラサラにして、血栓ができるのを抑える作用などがありますが、体に不要な老廃物を溜め込まないようにすることでむくみを解消したり、セルライトもできづらくするのではないでしょうか。

明日葉のむくみ解消効果

「カルコン」脂肪細胞に作用することがわかっていますが、「アディポネクチン」という血管を拡張するホルモンの働きを助ける作用があります。

夕方にはふくらはぎがパンパンにむくむ、立ち仕事や座りっぱなしの人のむくみ解消に効果があります。

「アディポネクチン」抗メタボリックシンドロームホルモンと言われています。メタボリックシンドロームが気になる方は明日葉の青汁はおすすめできます。

青汁の栄養価を知ると長く飲み続けたい!

➡ ミネラル・ビタミン不足解消に青汁!抗酸化作用もあり50代アンチエイジング

明日葉は血糖値を下げる働き

「アディポネクチン」の効果効能を知ると是非、明日葉を摂ってみたいと思うでしょう!

◎血糖値を下げる働き

◎胃酸の分泌を抑える

◎強い抗酸化作用

◎免疫力を高める

◎メタボや糖尿病にも効果

◎骨格筋や脂肪への糖の取り組みを促進

◎血圧を下げる働き

◎動脈硬化の進行を予防する

などで注目されています。

こちらのサイトでは「明日葉」配合の飲みやすい青汁を紹介していますので参考にしてください。

スポンサーリンク

栄養価もすごい!明日葉のレシピ

明日葉には、ビタミンA、B、C、鉄分、カリウム、ナトリウム、リンなどのミネラル、食物繊維も豊富に含んでいて、抗酸化作用もあり、美容にもとてもいいですよね。

スーパーで見かけたら、葉の緑が鮮やかで艶があるもの、乾燥に弱いので葉が黄みがかったのは買わないように。

明日葉は炒めたり、スープに入れて食べるとたくさん食べられるのでいいと思います。

明日葉配合の青汁と共に、料理でも明日葉を使うといいと思います。とにかくむくみを解消したい人には明日葉を野菜として食べることもおすすめです。

スープ炒め物にも「しょうが」を一緒に入れると体の中から温まり、明日葉との相乗効果も高められます。また朝のスムージーに入れてもいいですね。

乾燥生姜こそが身体を深部から温める

➡ 冷え性には「乾燥生姜」身体の深部からポカポカ!作り方と保存方法

美味しく食べる「明日葉」料理

苦味が気になる人も、料理次第ではとても美味しく食べられますので、挑戦してください。

1.天ぷら(苦味のある野菜は天ぷらが合います)

2.おしたしや和え物(からしマヨネーズ和えおすすめ、ツナやかつお節で合えても)

3.スープ(中華風卵スープや鶏スープやお味噌汁にも)

4.炒め物(ニンニク、たまねぎ、しいたけなどと炒めるとおいしい)

スポンサーリンク
2020