冷え性には「乾燥生姜」身体の深部からポカポカ!作り方と保存方法

冷え性や手足の冷えの改善には「乾燥生姜」です。

生の生姜より身体の内側からポカポカしてきます。

内側から温かくなる「乾燥生姜」は生の生姜以上に、冷え性を改善します。

乾燥生姜の効果効能と作り方や保存法も紹介します。

是非作って常備品として保存してください。

スポンサーリンク

「乾燥生姜」が冷え性に抜群なわけ!

夏は室内のエアコンで冷え、冬は重ね着をしても寒いと女性の身体は深部から冷えています。

身体の中から温める「乾燥生姜」は生の生姜とそんなに違いがあるのでしょうか?

普通の生姜も指先を温める効果はあるのですが、身体の中から温めることに期待はできません。

でも

乾燥させた生姜は、普通の生の生姜と異なり指先の温度を上げ、身体の中も温める効果があるのです。

生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれますが、ジンゲロールは手足の末端の血管を広げ血流をよくする効果がありますので、末端を温めます

ですので身体が温まったように感じますが、手足先に熱を送っているだけで身体の内部は冷えてしまいます。

生の生姜は身体の深部を温めることはできないのです。

逆に

乾燥生姜のように乾燥させたり加熱することで、ジンゲロール成分がショウガオール成分に変化します。

ショウガオールの成分は胃腸の働きを活発にして、お腹の中で熱を作り出す働きがあります。

よって

乾燥生姜は生の生姜よりも身体の中から温める作用があります

胃腸が冷えていつも冷たい人も、乾燥生姜は胃腸を内側から温め血流を高めます。

・「乾燥生姜」は胃腸の内側から全身を温める

・「生の生姜」は手足の末端だけを温める

※乾燥した生姜は漢方薬としても冷え性の主成分です。

関連記事

➡ 内臓を温めると脂肪燃焼しやすい!冷え性は皮下脂肪がつきやすい

冷え性改善に「乾燥生姜」の効果

冷え性を改善するには生の生姜より「乾燥生姜」を食べることです。

乾燥生姜は体を温めますので冷え性には抜群の効果があります。

身体の深部から温めてくれる「乾燥生姜」は冷え性改善には断然効果的です。

今まで生の生姜をお茶や料理に使っていた人は、「乾燥生姜」にすることで身体の中から温たまります。

生の生姜と乾燥生姜では身体の温まり方が全然違います。

関連記事:

➡ 手足が冷える原因は毛細血管の衰え!今からでも毛細血管を鍛えよう

乾燥生姜の効能

冷え性改善は身体の中から温かくなることです。

血流もよくなり、低体温の人は体温が1度上がるだけでも免疫力がアップします。そうすることで身体が健康体になり元気になります。

風邪を引きやすい人も免疫力が低下しているからですね。体温が上がれば風邪も引きずらくなります。

乾燥生姜の効能

・身体の内側からポカポカ温まる

・冷え性改善

・低体温を改善

・お腹周りの血行促進

・代謝が上がり脂肪が燃焼しやすい

・免疫力アップ

・抗菌・抗酸化作用

乾燥生姜は簡単に作れますので、常備品としていつでも使えるように台所に瓶に入れて保存しているといいですね。

スポンサーリンク

乾燥生姜の作り方

乾燥生姜の作り方

・自然に乾燥する方法(室内や天日干し)

・蒸し器を使う方法(まだ試したことないです)

・オーブンを使う方法(温度は100度以下で1時間ほど)

・電子レンジを使う方法(ラップなしで600wで2分加熱、裏返して2分ほど乾燥するまで)

自然に乾燥する方法が簡単ですね。(真夏の日差しなら1日でカラカラに)

でも

ショウガオールの成分が一番多くなるのは電子レンジとか。

湿度が高かったり、雨期には電子レンジやオーブンで作ればいいわけですね。

乾燥生姜の作り方

生姜は洗い表面をふき取り、皮のままスライスします。

※ジンゲロールとショウガオールは皮付近に多い

生の生姜を薄く(厚み1~2㎜)スライスします(または千切り)

※スライサーを使うと一定の厚みで薄く切れるので便利です。(スライスが厚くなると乾燥に時間がかかります)

しょうがは重ならないように並べます。(どの方法も重ならないように)

カラカラに乾いて色が濃くなっています。

強い日差しの時なら1日干しておけばカラカラに乾燥しています。

乾燥したらガラス瓶やタッパーで保存してください。

関連記事:

➡ 足のむくみや冷え性改善に着圧・圧着ソックス選ぶポイントと履き方

冷え知らずに!乾燥生姜の使い方

乾燥生姜は生の生姜と使い方は同じです。

飲み物、スープや味噌汁、小さく切ってチャーハン(おいしいですよ~)

※生姜のすりおろしのように薬味には合いません

飲み物

生の生姜をすりおろして紅茶に入れていた人も乾燥生姜に変えると身体がポカポカ!

・紅茶に入れてジンジャーティ
・チャイ
・ホットミルク
・ホットコーヒー

スープ

身体がとっても温まります。

・中華スープ
・ポタージュスープ
・卵スープ
・味噌汁

など、いろいろなスープに入れてみてください。

チャーハン

乾燥生姜をみじん切りにして、いつものチャーハンに乾燥生姜を入れるだけでも風味が変わりおいしいです。

できるだけ頻繁に食べるようにしていると血行がいつも良い状態で、手足も身体の内側も温まっています。

でも

1日に食べる目安は、10~20gほどです!

食べ過ぎると胃に負担がかかる場合があります。

関連記事

➡ 重炭酸湯イオン入浴剤の効果効能!薬用ホットタブ疲労物質除去芯までポカポカ朝がスッキリ

スポンサーリンク
2020