お腹や腰が冷える原因と対策

お腹の冷えと腰の冷えはひとくくりに同じ対策ではだめと思います。

寒い季節や夏のエアコンが効いている部屋では、テキメンに女性はお腹や腰が冷える方が多いと思います。

もちろん腰やお腹を冷やさないように腰巻や長めのシャツなどを着て冷え対策はしていると思います。

冷え対策はしますが、それで根本的な解決にはなりません。

お腹の冷えと腰の冷えの原因と対策、そして根本的な解決策も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お腹や腰の冷え

お腹や腰の冷えは腰回りを腹巻で保温をすれば温かく、冬や夏のエアコン対策にも役に立ちます。確かに冷えをカバーするそんな腰を温めてサポートするものはたくさん出ています。

でも

根本的な内側からの冷えを改善することも大事と思いませんか?

女性も男性も腰痛の方は多いですが、わたしも無理するとすぐに腰痛になりますが深刻ではないです。それに加えてお腹の中が冷えている感覚もあります。

腰痛の原因は冷え!?

腰がすごく冷えてる、疲れた感じ、痛いという症状もお風呂に浸かってゆっくりとリラックスしているうちに体が温ままり腰の痛みが楽になったという経験はあると思います。

これは

まぎれもなく冷えからきている腰痛と思いませんか?

冬の寒い季節や夏でのエアコンがガンガンかかっている部屋に長くいると腰が痛くなるのは冷えが原因です。

冷えからくる腰痛なら解決策は見えてきますね。

腰の冷え対策

冷えが原因ですから、腰を暖かくして冷えないようにすることですね。

また体を冷やす食べ物は控えましょう。

服装で冷え対策

腰を暖かく保つ腹巻をつけたり首元も温かい服装に徹するだけです。

腰冷えは足元からも影響しますので、タイツを履いたり、冬ならブーツを履くことで冷えない対策ができます。

便利な使い捨てカイロや温熱パットも活用できます。

関連記事:

➡ 足のむくみや冷え性改善に着圧・圧着ソックス選ぶポイントと履き方

食事で体の中を温める

身体を温める食べ物と言えば、冬は鍋物やスープ、生姜やにんにくの薬味、根菜類ではかぼちゃなどは体を温める食材です。

寒い冬に冷たいアイスクリームが食べたい人は内臓冷えの人に多い特徴です。

食べ物で内臓が温まり血行がよくなり代謝がアップ、そして新陳代謝も高まります。

血流を末端まで届けましょう!

関連記事:

➡ 発酵茶は体の芯から温める飲み物!温活や風邪予防・免疫力アップに

スポンサーリンク

入浴で体を温める

1日の疲れを取り、身体をリラックスして身体の芯から温めるとしたらお風呂は欠かせません。シャワーだけで済ます習慣の方は湯船に浸かることが身体の冷え改善には簡単で効果的です。

シャワーだけで済ます習慣の人は週に2回ぐらいはお風呂にゆっくり浸かることをしてください。

熱いお湯に入るのではなく、ぬるめのお湯にじっくりと時間をかけて浸かることで身体の芯から温まり、筋肉をリラックスさせて、血行を良くします。

関連記事:

➡ 重炭酸湯イオン入浴剤の効果効能!薬用ホットタブ疲労物質除去芯までポカポカ朝がスッキリ

お腹の冷えの特徴と対策

お腹が冷える感覚は昔からありました。

お腹の上に手を当てると確かに冷たいのがわかります。

お腹が冷える人には特徴があります。

お腹冷え(内臓冷え)の特徴

・下腹部に手を当てると冷たい
・ 疲れやすく、風邪を引きやすい
・ 冷えの自覚症状はないのに、低体温で35°台
・ 皮膚がかゆくなる
・ 冷たい飲み物が好き
・ 薄着が多い
・ 下痢と便秘を繰り返すほう
・ 膀胱炎にかかりやすい
・ 過去に過剰なダイエットをしたことがある

若い時の方が内臓が冷えていたような気がします。

なぜなら上記のお腹冷えのする特徴がほぼ当てはまるからです。

若くはない今は、食べ物にはとても気をつけています。

冷たいものは控えますし、冷えで内臓の血流が悪くなっていることがわかるからです。

消化不良気味になったり、胃がしくしくしたりなど胃腸のトラブルが多くなるからです。

・お腹は冷えないように服装を気をつけて

・食生活を気をつけて

・腹筋を鍛えることも大切です(これは意外ですが重要!)

関連記事:

➡ 手足が冷える原因は毛細血管の衰え!今からでも毛細血管を鍛えよう

スポンサーリンク
2020