ルテインとブルーベリーの効果の違い?目の疲れや眼病予防に効果

目の疲れや眼病予防にはルテインと一緒にブルーベリーなどに含まれるアントシアニンを摂取できるサプリは効果的です。ドライアイ、疲れ目、視力低下など、また加齢黄斑変性、白内障、緑内障等、目にかかわる病気などの予防や改善に効果的です。

目の健康を考える時に、現代のスマホやパソコンなどの環境が目に負担をかけているのは事実です。20代も50代・60代もスマホを使う時代だからこそ目を大切にすること重要です。

字が読みずらい、目がしょぼしょぼ、ブルーライトがつらいなどの症状はルテインが不足しているかも!抗酸化成分のルテインを補給すると症状が楽になります。

スポンサーリンク

ルテインとブルーベリーの相乗効果

ルテインを口から摂取すると血管を通じて身体全体に運ばれます。ブルーベリー・ビルベリー・マキベリーなどに含まれるアントシアニンがルテインを運ぶ役割を持っています。

ルテインとアントシアニンを一緒に摂ることで、ルテインの血中濃度がアップ、目の疲れを取る効果が高くなります。

※アントシアニンはポリフェノールの一種で青紫色の天然色素でブルーベリーなどに含まれています。アントシアニンは体内には1日ほど留まって尿と一緒に排出されます。毎日摂り続けることが大切です。

スマホ、携帯、パソコンなどのバックライトが目に負担をかけ、目の疲れや痛み、スマホ老眼と言われている、近くを見る時にピントが合わない若い人が増えているそうです。また紫外線は角膜にも水晶体にも、もっと奥の網膜にもよくないのです。

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性は網膜の中央部分にある、物を見るための黄斑という部分に異常が現れる眼の病気です。欧米では失明原因の第1位で、日本でも失明原因の第4位となっているそうです。

加齢黄斑変性50歳以上の人に多いと言われ、原因の一つにルテインの低下があります。40歳を境にしてルテインは急激に減少していきます。

太陽光に含まれる青色光(ブルーライト)には目に障害を与える危険性があり、ルテインがブルーライトから目を保護しているそうです。ルテインが少なくなると、水晶体を通過し、目に直接ブルーライトがぶつかり黄斑部障害が起こります。

おすすめ ルテインサプリ

眼の疲労感を改善し、目の健康を守るサプリはルテインとブルーベリーなどアントシアニンが摂れるサプリが最も効果的です。

アメリカ、ヨーロッパで目のサプリと言えば「ルテイン」が圧倒的に有名です。アメリカでは4200人を対象に臨床実験が行われ、白内障の予防、黄斑変性症の予防・改善のデータが出ています。

そしてアメリカの眼科医の87%もの方が「ルテイン」を推奨しています。

ルテインの1日推奨量は6㎎以上です!

初めてルテインを摂った時は、辛いドライアイが3~4日で楽になり、こんなにすぐに効果があるのなら、もっと早くから摂っていればよかったと思ったものです。

朝のルテイン&プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタ」は医療従事者が選んだ目のサプリ第一位を受賞しています。

成分

◎ルテイン(40㎎含有)アフリカンマリーゴールド最高級ルテイン「フローラグロー」100%

◎ゼアキサンチン(2.4㎎含有)

◎プラセンタ(6000㎎含有)プラセンタだけのサプリとしても通用する含有量

※ルテインとゼアキサンチンは目の黄斑部に必ず一緒に存在しています。従ってルテインとゼアキサンチンは一緒に摂取する事が推奨されています。ちなみに米国眼科学会及び国立眼科研究所のゼアキサンチンの推奨摂取量は2mgです。

特徴は

水溶性ルテインで溶けやすく体内に入りやすい

マンゴー味でおいしい!冷蔵庫で冷やしてえ~と思うほど全然飽きない

プラセンタが入っているので美容効果もあり肌状態もよくなります!

ゼリータイプ(ルテインでは初めて)

30本入り(1ヵ月分)

定価9,800円 → 初回3,920円(税込/送料無料)

※この価格はこのサイトだけ

※3回の継続が必要

全額返金保証

ご購入はこちら➡ 朝のルテイン&プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタ

ブルーベリー&ルテイン

ブルーベリーの王様北欧産ビルベリー100%使用した、ビルベリー由来アントシアニンで日本初の機能性表示食品ですが、アントシアニンの含有量が非常に高いです。(実の中までしっかり濃い青紫色をしているのが特徴)

成分

ビルベリー由来アントシアニン(40㎎含有)目の疲労感を改善

ルテイン(6㎎含有)マリーゴールド抽出

コラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、各種ビタミン、ミネラル

1日1粒 <ソフトジェル 31粒>

通常価格1,706円

初回限定定期コース 41%OFF  1,000円(税込/送料無料)

◎2回目以降 1,535円(税込/送料無料)

ご購入はこちら➡ ブルーベリー&ルテイン

クッキリン マキベリー

マキベリーは、チリ南部のパタゴニアとアルゼンチンのわずかな地方だけに自生しているのみで、栽培が難しいことから極めて希少価値が高いフルーツで、ブルーベリー・アサイーを超えた奇跡のスーパーフルーツと呼ばれています。

マキベリーはブルーベリー・アサイーの5倍以上、ブルーベリーの14倍のアントシアニンが含まれていて含有量が果物でトップクラスです。

成分

マキベリーのアントシアニン(510㎎)8粒あたり

ルテイン・・マリーゴールド抽出 天然のサングラス

ビタミンC・・視界の機能維持

プロポリス・・天然の防衛物質

小粒の錠剤で甘酸っぱい味 水なしでも食べられる!

2袋セット(約1ヵ月分)

定期購入 4,600円 → 初回980円(税込1,058円/送料無料)

2回目30%OFF 2袋 3,220円

ご購入はこちら➡ マキベリーサプリ

健康・美容で注目されているポリフェノールがアサイーの5.4倍、ブルーベリーの14倍のが含まれ、抗酸化力は果物の中でも豊富で、フルーツの王様・スーパーフルーツなどと呼ばれています。

ルテインを多く含む緑黄色野菜

ルテインは黄色のカロテノイドの一種ですので、緑黄色野菜に多く含まれています。

ルテインは年齢とともに減少しますので、食品やサプリで補うことが重要です。

緑黄色野菜と言えば、カボチャ、ブロッコリー、グリーンピース、ほうれん草、ケール、インゲンなどがあげられます。特にほうれん草の中には、100gあたり10.2㎎のルティンが含まれていますが、茹でるとカサが減るので摂りやすいと思います。ルテインは熱に強いので調理して問題ありません。旬の緑黄色野菜を食べること、ほうれん草でいえば本来は冬の野菜ですので栄養がたっぷり摂れます。

2020