若返りホルモンを増やす食べ物や3つの生活習慣

若返りホルモンがあるとしたら、そして食べ物で若返りホルモンを増やせるとしたら、加齢を意識した年齢ではぜひ知識として知っておきたいのが「DHEA」についてです。

若返りホルモンはそれを「DHEA」と呼ばれて成長ホルモンとも言われています。女性ホルモンとも関係しています。

普段の食生活で気をつけて食べたい若返りホルモンが増える食材はどんなものがあるでしょうか?

それと、生活習慣も関係しているのです。

スポンサーリンク

若返りホルモンDHEAと女性ホルモンの関係

副腎ではホルモンの生産工場のように、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチコイド等々のホルモンをつくり分泌しているとても重要な器官です。

DHEAは、副腎で作られるホルモンの原料であるため、ホルモンの母(マザー・ホルモン)とも呼ばれます。

男性ホルモンや女性ホルモンもDHEAから作られます。

女性ホルモンが分泌されるのは卵巣ですが、DHEAは、卵巣の機能が衰える更年期以降になると女性ホルモン(エストロゲン)の代わりとして担っていきます。

つまり

閉経後に副腎では卵巣の代わりにDHEAから女性ホルモンが作られるそうです。

その数は卵巣との比率では微量の10分の1ほどになりますが、それでも更年期症状で辛い日々を過ごしている人には、なんとか女性ホルモンを枯らしたくないという思いはあります。

食品でDHEAが少しでも増やすことができれば、料理にその食材を使いたいですね。

関連記事>>> 女性ホルモンエストロゲン減少で更年期の症状を和らげるには

若返りホルモン(DHEA)を食べ物で増やす

DHEAは体内年齢の指標になるホルモンで、「若返りホルモン」と言われています。

女性は閉経後に女性ホルモンが減少しますので、それに伴い更年期症状が出てきます。それだけでなく、新陳代謝の低下は肌に大きく影響して、見た目も老けてきます。

ところが

若返りホルモン(DHEA)を増やす食材を意識して食べること、若々しさが戻ってくるのです。

※一番DHEAが多い食べ物は?

関連記事>>> DHEAを食べ物で増やす!中高年必見「若返りホルモン」

スポンサーリンク

若返りホルモン(DHEA)は副腎で作られる

若返りホルモンが作られるのは副腎ですから、副腎の働きをよくする栄養素が摂れる食品がポイントになります。

年齢を聞いて驚くほど、イキイキとして魅力的な女性が沢山います。そういう方はみなさん、どのような努力をしていると思いますか?

年齢を感じさせない若々しい方は血液中のDHEAの濃度が高いそうです。

副腎を疲労から回復させて、毎日の食事でDHEAを補うことやってみましょう。元気ではつらつとした日々を送りたいものです。

関連記事>>> スーパーフードのスピルリナパウダーの効果効能!美容と健康に3大栄養素が豊富

副腎の働きをよくする食品がポイントになります。

副腎の働きは体が疲労した時に元に戻す働きや、体調不良の時にいい状態に戻す働きがあります。

では

副腎によい食べ物と悪い食べ物を知っておきましょう!

良い食べ物は副腎を強化しますが、悪い食べ物は弱化させることになります。

バランスの良い食生活が望ましく、抗酸化力の強い食品を摂りましょう

抗酸化力のある食べ物

抗酸化力が強いポリフェノールを含む食品(カテキン、大豆イソフラボン、カカオマス ポリフェノール、ショウガオール)

関連記事>>> ポリフェノールの栄養素と効果効能!生活習慣病やアンチエイジング

食生活は抗酸化物質の多い、ビタミンA、B群、C、Eやたんぱく質、マグネシウムなどをバランスよく食べることで副腎を強くします。

◎肉・魚・大豆製品

◎旬の生野菜やフルーツ

◎梅干し

◎ハーブや薬味・・ハーブティやしょうが・にんにく・ネギなど

控えたほうがよい食べ物は

◎白い食べ物・・白米・白砂糖・小麦食品

◎カフェインが多い物

◎チョコレート(甘味料が多い物、カカオはポリフェノールです)

◎アルコール

◎食品添加物や化学調味料

控えるべきものは、精製された砂糖や小麦粉、ジャンクフ―ドなどはよくありません。

副腎の働きをよくする食べ物は結局は栄養バランスが大切で、お菓子類は控える、オーガニックの添加物が入らない食生活が望ましいようです。

関連記事>>> 海藻ポリフェノールのサプリとは!天然のダイエット成分が脂肪の吸収をブロック

生活習慣で若返りホルモンを増やす

朝日を浴びるとセロトニンというホルモンの分泌で交感神経が刺激され活動モードに入ります。

空腹状態

体を動かすと脂肪が燃焼してお腹がすいてきます。この時の空腹状態が成長ホルモンを増やすそうです。

空腹状態を作ることで体内で成長ホルモンを作ろうと動きだすので、1日3食決まった時間、空腹を感じたら食べるようにメリハリをつくるのがよいです。

太ももの筋肉を使う

若返りホルモンは太ももの筋肉を使うことで分泌されるようです。スクワットを、ゆっくりと行うことが効果的です。

とにかく

ゆっくりの動作で行うこと

普段の何百倍も若返りホルモンが分泌されるそうです。

関連記事下半身の筋肉を鍛えるスクワットはDHEAを増やします。

50代女性こそスクワットで脂肪燃焼・基礎代謝アップ1日1分でお腹の脂肪がスッキリ

熟睡する

熟睡すること、ゴールデンタイムと言われる夜10時から深夜2時までの時間はぐっすり眠っていること

生活リズムはとても大切です。

食べてばかりいたり、運動は一切しない人、不規則な生活をしてることが若返りホルモンを減少させるのではないでしょうか?

最後に

副腎疲労は女性の場合は、年齢や女性ホルモンの影響が大きいと思います。そしてストレスはよくないですね。

一日の疲れはその日のうちに回復してぐっすり眠ることメリハリのある食生活空腹感を感じたら食事をする、バランスの良い食生活など、健康的な生活こそが若返りホルモンを作っていくようです。

2019