お腹ぽっこりを解消!この食事法で便秘もいっしょに改善

便秘でお腹がぽっこりなんてみっともないです。便秘になると外に出るはずの不要な便が腸内に溜まっていくのですからお腹がぽっこりになりますね。でも自分が便秘症でいつも困っているのなら毎回の食事を改善することで便秘は解消されていきます。

女性はもともとお腹周辺の筋肉量が少ないので腸の蠕動運動も弱いため便秘になりやすいことは確かです。でも大切なことは何よりも食生活を見直すことが便秘を解消する早道です。

スポンサーリンク

大好きなものが肉類やご飯であっても必ず食物繊維は摂ることは大切です。それと便秘になっても下剤に頼るというマインドも改めるべきです。

バランスの取れた腸内環境がとても大切ですので便秘は腸内環境を悪化させて悪玉菌優勢になっています。

食事が問題で便秘なら悪玉菌優位ぽっこりお腹の原因

便秘が続くと腸内フローラはいい状態とは言えません。腸内環境のいい状態とは善玉菌が悪玉菌よりも優位になることです。しかし便秘は悪玉菌が優勢な腸になります。善玉菌が優位な理想の腸内環境になるには毎日の食事が重要です。便秘はすぐにでも解消すべきです。

野菜を食べずに肉やお米中心でコンビニ弁当が多いなどの食生活を見直すいいチャンスです。便秘解消には食物繊維を多くとり善玉菌が優勢になる食生活が便秘を改善する近道です。

関連記事:50代女性お腹ぽっこり解消法!【中年女性必見】体幹トレーニング意外と簡単!

食事で便秘を改善してぽっこりお腹を改善

便秘を改善すれば吹き出物も消えて健康的な美しい肌にもなっていきます。便秘症がすぐに改善するのは難しいですが食生活を改善していけば必ず便秘がウソのようになくなり自然にお通じがあるようになりますが、朝トイレに行くという習慣も大切です。

腸内環境を整える食材を意識して食べる習慣が便秘解消に役立ちます。とは言え、食物繊維がどれも自分の体に合うとも限りません。便秘にいいからとプルーンをたくさん食べてさらにひどい便秘になってしまう人もいます。自分の体に合った食物繊維を知ることも大切です。

また便秘がひどい方は水溶性食物繊維(海藻類、アボカドや納豆、なめこ、こんにゃくなど)を摂ることです。不溶性食物繊維(大豆、きのこ類、さつまいも、玄米など)は便の量を増やす役割をしますがすでに便秘が数日進んでいる場合は逆効果で便秘をさらに悪化させます。

毎日意識して食べてほしい食品

海藻類・・わかめ、昆布、メカブ、モズクなどの海藻類

根菜類・・ゴボウ、玉ねぎ、ダイコンなどの根菜類

果物・・オレンジ、りんご、バナナなど朝にヨーグルトと一緒に食べること

きのこ類・・シイタケは乾燥シイタケもあり、いろいろな料理に使えますのでいつも常備すること

水分を多めに摂ることも大切です。お茶やソフトドリンクではなくお水を飲むことが大切です。

便秘症は”百害あって一利なし”ですので便秘になったら下剤を使えばいいや的なマインドをまず取り除くことです。便秘は日々の食生活で改善するという気持ちで食事をしてください。個人的には2日便秘になれば、サラダをたっぷり食べるとか、きんぴらをたっぷり食べたりと食物繊維でも自分にとって便秘にいい食べ物があります。それがフルーツであったりもします。

スポンサーリンク

腸を活性化させて便秘もポッコリお腹も解消

食べることはこの体を維持するために必要ですが、食べた栄養が吸収され残りの不要なものは排出することで私たちは健康的に生きています。今日は何を食べようかとはいつも思いますが、食べたものから不要なものを出すという気持ちで食べ物を選んでいない人が多いと思います。

腸内環境を悪化させているものは毎日食べている食事です。腸内で免疫力の70%が作られることを考えれば便秘はよくない!腸内環境をよくしなければ体調もいいことはありません。

関連記事:グルコマンナンがこんにゃくダイエットに効果!

◎水分を取る・・便は80%ぐらいが水分で構成されています。ですので便秘の時は便が硬くて出てこれないのです。水分が不足すると便秘になりますね。お水は最低グラスに4杯ぐらいをこまめに飲む習慣にする。

◎冷え性を改善する・・便秘症と冷え性はとても関係しています。

便秘と冷え性の関係性はあるの?これならどちらも解消できるの記事で詳しく書いていますので参考にしてください。

小麦ふすま・・下剤を使わず即効性で便秘を解消するのに小麦ふすまをたっぷりのお水で食べると数時間でお通じがあります。ふすまはパンを作る時に混ぜて使っているようですがふすまはお水に混ぜて飲むと胃の中で膨れてそのまま腸にいき便を押し出します。便秘症の人は食生活の改善と同時に小麦ふすまを水に混ぜて摂る習慣にするといいかもしれません。

ふすまとは・・小麦粉を製粉するときにできた小麦の粒の外皮で無味無臭、野菜がどうしても嫌いという人は食後にふすまをお水と一緒に摂ると便秘解消にいいでしょう。栄養はありません。アメリカではダイエタリーファイバー(食物繊維)としてそのまま薬局などで販売されています。

小麦ふすまについて詳しく書いていますのでそちらも参考にしてください。

ヨーグルトで便秘を解消してぽっこりお腹をすっきり

マーケットに行くとヨーグルトの種類はすごい数が並んでいます。腸内環境を整えるヨーグルトとして皆さん食べていると思います。ヨーグルトはどれでもいいというわけではありません。自分の体に必要な菌(不足している菌)を摂ると便秘解消にもとても良い効果で腸内環境も整えてくれます。

乳酸菌は胃酸に弱いため腸まですべてのヨーグルトが活きたまま腸に届くわけではありません。また自分に必要な乳酸菌かどれがいいのかわかるのも2週間ぐらい同じものを食べていないとわかりません。ヨーグルトの味だけでは自分にあった乳酸菌とも言えません。

別の記事でも便秘に効果的なあなたに合ったヨーグルトの選び方で書いていますので参考にしてください。

最後に

若い時は便秘がひどくって、1週間もでていない!なんてよくあり、周りもそんな友達がたくさんいて挙句の果てには下剤で出すということを繰り返していました。今思うととんでもないことを繰り返していました。

便秘を解消したのもやはり食生活が大きいです。食事にはなるべく繊維質のものを取るようにしましたし、朝は起きたら白湯を飲むようにしてから大好きなコーヒーを飲んでゆっくり時間を取るようにしていると自然とお通じがあります。

エイジングケアを意識する年齢になっている方で便秘症の人はまずは便秘を解消することを第一に考えるべきと思っています。今までの食生活のしわ寄せで健康状態にも影響してきます。便秘は「百害あって一利なし」をいつも頭の片隅に置いて食生活を楽しんでください。

関連記事:代謝も上がる痩せやすい菌とは?痩せ菌の増やし方腸内環境と関係!

2020