グルコマンナンこんにゃくダイエット!満腹感と腹持ち食物繊維たっぷり

こんにゃくやしらたきのダイエットが流行りました。

ご飯大好きな方なら、こんにゃく米を加えて食べていることでしょう。

こんにゃくの主成分は、グルコマンナンという食物繊維で低カロリーだからヘルシーでダイエット向きなので積極的に食べたいですね。

低カロリーで食物繊維も豊富であるため腸の調子を整えて、さらにコレステロールを下げ、糖尿病予防にもいいのです。

毎日こんにゃくや白滝の料理では飽きますが、主役ではなく隠れた存在として使うと味にクセがないのでいろいろな料理に活用できます。

こんにゃくがこんなにおいしく食べられるレシピも紹介しています。

スポンサーリンク

グルコマンナンこんにゃくダイエット

こんにゃくは、ほとんどが水分ですが、それを除けば主成分は「グルコマンナン」という水溶性食物繊維ですので、胃に入ると水分に溶けてゲル状態になるので満腹感があるわけです。

※スーパーで販売しているこんにゃくの中には、製造過程で凝固剤(水酸化カルシウム)を使用しているため、食物繊維は水溶性から不溶性に変わっているものがあります。

食物繊維が多いので、ダイエットサプリに「グルコマンナン」が配合されているものがあります。

特に痩せにくい体質の人にはグルコマンナンは効果があることがわかっています。ダイエットに成功しにくい人は便秘症が多いからです。

便秘症の人は腸内環境もよくないと思います。便秘は”百害あって一利なし”とむかしから言われています。

身体に不要なものが腸内に老廃物や毒素として溜まると、新陳代謝も低下して脂肪をため込みやすい体質になっている人が多いです。

便秘が原因でいろいろなダイエットを試しても効果が得られないのはそのためです。ダイエットを成功させるには便秘解消が一番の早道です。

関連記事50代女性お腹ぽっこり解消法!あっこれだ!【中年女性必見】あなたにもできる

グルコマンナンで便秘解消と健康効果

グルコマンナンは便秘解消にはとてもいいですし、便秘が解消するとダイエットもスムーズにできるようになります。

ダイエットすると便秘になる人は、グルコマンナンと水分をたっぷり摂ってみてください。

グルコマンナンは加齢でコレステロールが高めの人や、糖質カット、糖尿病予防のためにもいいと思います。

50代、60代の人であればこんにゃくや白滝は好きな方も多いのではないでしょうか?

加齢を意識する年齢の人はこんにゃくを週に1~2度定期的に料理に使うとか、グルコマンナンが配合されているサプリを飲むだけで便秘解消になりダイエット効果は大いに期待できます。

新陳代謝を高めることは、食べ物の消化と吸収をスムーズにします。それは太りにくい体質になっていきます。手軽な食材のこんにゃくは体質改善にも一役買っています。

ご飯大好きな方、こんにゃくを加えておいしく満腹感と腹持ちのよさ!

※白米1合+こんにゃく米60gで、ご飯「2合分」です。

お試し2週間分(60gx14袋)2,872円(税込/送料無料)

ご注文はこちらから➡ 無農薬乾燥こんにゃく米


グルコマンナンは満腹感と腹持ちがよい

グルコマンナンはこんにゃくの水溶性の食物繊維で、水に混ぜると膨張するので胃の中で膨らむため満腹感があり、腹持ちがいいのでダイエット効果があるのです。肥満大国のアメリカではグルコマンナンのサプリは人気があります。

グルコマンナンは食物繊維が豊富なので便秘にもよく、満腹感があるのでダイエット中にありがちなお腹がすいても我慢するということはないのでストレス感は緩和されます。

グルコマンナンのサプリで健康的にダイエット

グルコマンナンのサプリは肥満者が体重を落とすのにはそんなにストレスを感じずにダイエット効果を得られます。

食事の前にグルコマンナンを摂取すると胃の中で膨れるので今まで食べていた量が減ります。

2~3kgの減量でしたら無理なく自然な感じで体重が減り、お通じが快調になるので腸内環境がよくなり、免疫力もアップします。風邪を引きやすい方は免疫力が低下しているのが原因です。

ダイエットをすると必ず便秘になる人は特にグルコマンナンはオススメです。

通常のダイエットのように、食事制限で便秘になりやすい方は、グルコマンナンはしっかりとお通じがあり、腸内細菌で分解されるとオリゴ糖ができ(ビフィズス菌とオリゴ糖は相性がとてもいい)腸内環境を整えます。

ダイエットをしながら腸内環境を整えるメリットは大きいです。

酵母ペプチドや乳酸菌サプリにはグルコマンナンが配合されているものが多いです。

酵母は腸内環境をよくすることはご存知と思いますが、酵母は発酵食品を作る時の微生物の一種で、この酵母もダイエットに効果的です。

酵母菌は糖質を分解して酵素を生み出して腸内善玉菌を活性化させます。酵母にはビタミンやミネラルも豊富で健康や美容にもいいです。今注目されている「菌活」をアップさせます。

関連記事 ➡ 酵母ペプチド効果でレプチンが増えてダイエット

こんにゃくレシピ!飽きずにダイエット

関連記事基礎代謝を高める食材や薬味を上手に活用して血行をよくして代謝アップ

こんにゃくの食べ方で飽きないで続けられるレシピを紹介します。

おふくろの味の筑前煮やこんにゃくのきんぴらはよく作ると思います。こんにゃくは水から入れて沸騰させて5分ぐらい茹でると、こんにゃくがおいしくなり味がしみやすくなります。

こんにゃくは先に茹でてから調理をするとぐっとおいしくなります。

オススメのこんにゃくの食べ方として、こんにゃくを冷凍する方法もあります。冷凍したものを解凍すると食感が変わり炒め物料理と相性がよくお肉のような感じになります。

しらたきご飯

本格的にダイエットをしたい人や週に2~3回でも、しらたきをご飯やパスタに混ぜてみませんか?

・米 2カップ
・しらたき 300g(細かく切ってしっかり水切りする、できれば一度お湯に入れて沸騰させると水っぽさが解消)
・水 米だけの時と同じ分量でも、白滝の水が残っていれば1割程度減らす

あとは普通に炊きます。

そのまま食べても、おにぎり、チャーハン、炊き込みご飯、雑穀米などと混ぜて、お好みでレバートリ―が広がります。ほんの少しお塩を入れて炊いてもおいしいですね。

お米大好きな方にはとてもおすすめ!

こんにゃく米を利用すると手間もなく簡単です。

こんにゃくおいしい1品

こんにゃくのピリ辛おかか炒め ➡詳しいレシピはこちら

材料

こんにゃく、ごま油、醤油、砂糖、かつお節、ごま、七味唐辛子

こんにゃくはしっかり茹でてから食べやすい大きさに切ります。ごま油でこんにゃくを炒めて醤油、砂糖で味付けしてかつお節とごま、七味唐辛子をまぶします。おかずでもお酒のおつまみに

※糸こんにゃくや白滝でも応用できます。適当に包丁で切ってから、から鍋に入れてしっかり水分を飛ばした後に砂糖、しょうゆ、かつお節で味付けして、卵を絡めます。かつお節と卵が絡んで存在感を出します。お弁当のおかずにもおすすめの1品です。

こんにゃくのガーリックステーキ 詳しいレシピはこちら

材料

こんにゃく、にんにく、ごま油、ステーキソース

こんにゃくは茹でてから調理します。こんにゃくの表面は切れ目を入れる。フライパンにごま油かオリーブオイルでニンニクのスライスを炒めて香りがでたら出して、こんにゃくを両面じっくり焼きます。ステーキソースとニンニクを戻して弱火で味が染みるように焼く。

こんにゃくを冷凍して料理する(おいしい)

こんにゃくを冷凍する方法は一度冷凍して解凍すると食感が変わりお肉のようになります。

特に中華料理にとても相性がよくこんにゃくが別物になります。

チンジャオロースや酢豚などこんにゃくとは思えないほどのおいしさです。ちょっとはまりますよ!

最後に

こんにゃくの成分のグルコマンナンは食事の前に摂ると満腹感があるので食が今までよりも小さくなります。そのためカロリーが抑えられるのとお通じがすっきりとあります。

こんにゃくで腸内環境を整えながら健康的に減量やダイエットができます。日本人の知恵がこんにゃくを作っているのです。

スポンサーリンク
2020