ヨーグルトですっきり効果的に便秘を解消するには〇〇も必要!

yogurt

日本食の発酵食品に含まれる乳酸菌は腸内環境をよくして便秘知らずの健康体を作りますが、近年はヨーグルトに代表される発酵食品がマーケットには数多く陳列されています。

どれもが便秘に効果があるとはいえません。自分にあったヨーグルト選びをして便秘解消してください。

スポンサーリンク

便秘の効果を実感できるヨーグルト選び

ヨーグルトは大好き!便秘にもいいから毎日食べているけれど、それほど効果は感じない!と疑問に思っていませんか?

私たち日本人が昔から食べている発酵食品で植物性乳酸菌の味噌・納豆・漬物・塩麹は腸まで直接届く乳酸菌と言われています。

ヨーグルト・チーズ・バターは乳製品から作られていて動物性乳酸菌の発酵食品です。

ヨーグルトにはいろいろな種類の菌があり、ほとんどが胃酸などで死滅して腸まで生きたまま届いていないことがほとんどです。でも善玉菌が生きたまま腸まで届かず、胃酸で消化・分解され死滅した乳酸菌でも、大腸内で善玉菌を助ける働きがあることが最近の研究で分かっています。

ヨーグルトの効果は便秘だけに限りません。

どうせ食べるのなら自分に合った毎日スッキリ便秘解消になるヨーグルトを食べましょう。

➡ 食物繊維で糖質カットふすまパンしっとりおいしく便秘が毎朝スッキリ

自分にあったヨーグルトを選ぶ

まず乳酸菌には種類がたくさんあります。

便秘症は腸内環境のバランスが悪いために便秘になることが多いので善玉菌が優勢になるような腸内環境を保つことが大切です。

ヨーグルトの選び方がわからない!という人もいるでしょうが、ヨーグルト選びは生きたまま腸まで届くことがポイントになります。

一つのヨーグルトを2週間ほど続けて食べてください。何も変化がなければ違うヨーグルトを試してみるというように、自分にあうヨーグルトが見つかるまで根気よく繰り返し試すことです。

腸のぜん動がよくなるとおならが臭くない、お腹が張らない、す~と便が自然にでてくるようになると自分にあった乳酸菌ということになります。

➡ 免疫力がつくヨーグルトや乳酸菌!ガン抑制効果もあるの?

ヨーグルトでお通じ改善

腸内において、腸内細菌叢(腸内フローラ)で善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)が優勢になる腸内環境を作ることが便秘改善につながります。

善玉菌が作り出す有機酸(乳酸や酢酸)によって腸内は弱酸性に保たれます。これにより腸のぜん動運動が活発になることで、スムーズな排便につながります。

あなたの腸が悪玉菌が優勢の環境になると腸内に食べかすがたまり腐敗して、アルカリ性寄りの腸内になります。そうなると大腸はぜん動運動が弱まり、便をぜん動運動で押し出す力が弱くなってしまい便秘になってしまいます。

➡ 白湯が効果なしと思う人は3-4ヶ月続けて!便秘なんて考えられなくなる

便秘改善に効果が期待できる善玉菌の種類

便秘解消にいい、代表的なビフィズス菌をはじめ、ブルガリア菌2038株、ラブレ菌、フェカリス菌、ロイテリ菌、サーモフィラス菌、ブレーベ・ヤクルト株、クレモリスFC株、ガセリ菌SP株、シロタ株などまだまだ多数あります。

ヨーグルトを購入する際は乳酸菌の種類を確認して購入するといいでしょう。

便秘症は食物繊維の不足

便秘解消にはヨーグルトにだけ頼ることよりも、食生活の中で食物繊維も摂るようにするとさらに効果的に便通をよくします。

コンビニ弁当やファーストフードが多い食生活の方は特に食物繊維を摂るようにしてください。

スポンサーリンク

ヨーグルトとオリゴ糖は相性が抜群

オリゴ糖は母乳にも含まれていますが、腸内でビフィズス菌を増やす働きがあります。

ビフィズス菌を増やして腸内環境を整えて、便秘解消にはヨーグルトと一緒にオリゴ糖を摂りましょう。便秘解消にはとてもいい組み合わせです。

大人気の北の達人コーポレーション「オリゴ糖」はオススメです。全額返金保証まで付いているなんて北の達人コーポレーションの商品はすべてにおいて人気ですね。

詳しくはこちらから➡ カイテキオリゴ


最後に

乳酸菌の効果は便秘解消だけではありません。

健康を維持するために、免疫力アップ、美肌効果、代謝アップなど大まかな効果だけでもこれだけあります。

免疫力がアップすると外からのウィルスも入りずらく、風邪予防や花粉症対策にも効果はあります。

美肌は腸内環境で左右されます。お肌に大切なビタミンB2が含まれており、皮膚や粘膜の強化で肌トラブルを防ぎます。便秘が解消されれば肌のトラブルは改善されます。

ダイエットにも効果的ですが、最近はヨーグルトメーカーで簡単に作れるため自宅で作っている方も増えています。自分にあった菌が見つかったら自宅でヨーグルトを作るのはいいですね。

2020