デトックスで毒素を出すことはエイジングケアに【50代】

50年、60年と人生を過ごしてきたら体に老廃物など毒素が溜まっているはずです。

アンチエイジングとしてデトックス法(解毒)はおすすめで、これからも健康でキレイな肉体をキープするためにも、デトックスして体をリセットして内側からすっきりしたいです。

デトックスの目的は、病気になりにくい免疫力をつけること、自然治癒力を高めることであり、目的は体の中をきれいにすることで、その流れの中でダイエット効果もあります。

デトックスはアンチエイジングとして最強の健康法です。

難しいことではなく腸内環境をよくすることがポイントで、デトックスは日々の食習慣で実践できます。

スポンサーリンク

デトックス方法

デトックスはエイジングケアの基本として体の中をきれいにすることです。

デトックスまたは解毒は、体を健康に保つための健康法です。

体に蓄積して害を及ぼす化学物質や水銀など重金属だけでなく、日々の生活の中で溜まってくる老廃物、活性酸素などをすっきりと体から取り除く健康法です。体に溜まった不要のものを体外に出すことで健康維持が保てます。

ではどのようにデトックスをすればいいのでしょうか?

食物繊維

デトックスはバランスの取れた食生活をしていると、体が本来持っている機能であり、便で75%、尿で20%、爪・頭髪1%、その他で3%、体外へ排出されます。

でも、年齢を重ねてくると本来持っているデトックス機能が低下していきます。

食物繊維をしっかりとっていると、腸こそが最大の解毒器官になります。

食物繊維によるデトックス効果は体の毒素の7~8割は腸から排出されますので解毒機関として腸の機能を調整して便通を良くして毒素の排出能力を高めることです。

デトックスは毎日の食生活の中で出来る方法としては、食物繊維をしっかりとって、毒素や老廃物を便といっしょに排出すること、すなわち腸内環境をよくすることです。

食物繊維で腸をきれいにする「ファイバーデトックス」はとてもいい健康法と思います。

ご存知の通り食物繊維が大腸のおそうじをして、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすことは悪玉菌が作る毒素を減らす働きがあることも解明され始めました。

食物繊維は体内から毒素を吸着して便として排出することで、デトックス効果、腸内環境の改善、便通改善、肌荒れやダイエットなどにも役立ちます。

腸内をきれいにすることを意識して、毎日の食生活で食物繊維をたっぷりとってバランスの良い食生活をしていれば、デトックスは本来持っている体の機能ですので、それを正常に働くようにすることです。

デトックスはなにも難しいことではなく、毎日の食生活で気をつければいいですね。

プチ断食

不規則な生活や乱れた食生活をしている人は週末だけのデトックス法として「プチ断食」は手軽で試すことができます。

週末だけ食事を抜くだけでも心身の爽快感が体験できます。週末の休みを利用して「ゆるい断食」をするだけで胃腸の疲れを取り、老廃物を出すことで腸をリセットしてください。

過食や好きなものを好きなだけ食べる人は、体にとっては負担で毒になります。腹8分目が望ましいのです。

肉食が多い方や食べ物がスムーズに排便されず腸壁に宿便として残っていると便やおならが臭いと思います。

ニオイが気になる方は週末だけでも腸を休めること、心身が持つ本来の機能を取り戻す上でも、腸をすっきりさせるため習慣的にすることもいいと思います。

24時間ほど空腹を味わうとオートファジー(自食作用)が活性化するそうです。オートファジーが働くことで、全身の細胞や組織の再生力が高まり体が活性化します。

ゆる断食方法

朝をにんじんジュースや青汁、グリーンスムージー、または酵素ドリンクに置き換えたりするだけでもいいと思います。

できれば朝11時ぐらいまでは白湯だけで我慢出来たらそのほうがいいと思います。水はデトックス機能を高めます。

空腹を感じることが大切で胃腸はモチリンというお掃除のホルモンが分泌され、老廃物をきれいにしてくれます。おなかがグ~となることはいいサインで胃腸をお掃除中ということです。

前日に食べ過ぎた時も、朝だけゆる断食をするのもいいでしょう。

スポンサーリンク

エイジングを遅らせるデトックス効果

健康維持のための中枢的な役割をしている器官が腸です。

体にもともとデトックス機能は備わっているのですが、年齢を重ねていくとその機能は低下していきます。体調がイマイチの方は特にデトックスは効果的と思います。いろいろな体の不調は老化を加速する原因でもあります。

人由来の乳酸菌とは?「クリスパタス菌」ベビー乳酸菌サプリの効果

腸内環境とアンチエイジング

腸内環境を整えることは、アンチエイジング対策にもなります。

・太りにくい体質にする

・アレルギーを改善する

・糖尿病や心疾患のリスクを減らす

・大腸がんや肝臓がんのリスクを減らす

・病原菌などに感染しにくい

・ストレスに強くなる

・エイジングを遅らせる

など

腸内環境を整える食物繊維は便通をよくすることだけにとどまりません。

・エネルギーの代謝がよくなり、体重が安定すること

・免疫力を高める

・血糖のコントロールに関わり成人病リスクを減らすこと

健康は腸からです。

アンチエイジングに、老化を遅らせるためにも腸内環境をいい状態に保つようにしてください。

2020