ベビー乳酸菌は加齢で減少そのためアレルギー体質に(知って納得)

「ベビー乳酸菌(クリスパタス菌)」はそれほど知られていないかもしれません。

「クリスパタス菌」は、乳幼児の腸内から発見された乳酸菌です。

乳幼児の腸内には、出産時に母親の産道を通る際に、一番最初にお母さんから譲り受けるヒト由来の乳酸菌で、今注目の乳酸菌です。

「ベビー乳酸菌」とも言われる「クリスパタス菌」は、女性の膣内に存在しています。

一般的に知られている植物性・動物性、ヨーグルトに含まれる乳酸菌よりも「クリスパタス菌」は圧倒的に体を守る免疫力が高く、アレルギーや感染症の発症リスクを軽減させる乳酸菌です。また熱にも強いため体内での活性効果が高いことで注目されています。

ところが

「ベビー乳酸菌(クリスパタス菌)」は、加齢とともに減少していきます。

50代、60代になるとアレルギー体質になる方も多いと思いますが、原因はベビー乳酸菌の減少が影響しています。

増やすことはできるのでしょうか?

人由来の乳酸菌「ベビー乳酸菌(クリスパタス菌)」

腸内に善玉菌を増やす乳酸菌は、正しく摂ることでいい腸内環境になりますが、毎日ヨーグルトを食べているだけでは効果はさほど実感できないと思います。毎日様々な乳酸菌を摂ることがポイントです。

由来の乳酸菌とは日本人の女性から発見された「クリスパタス菌」乳酸菌です。

女性の産道に多く存在して、赤ちゃんが産道を通る時に一番最初にお母さんから譲り受けた乳酸菌です。

産道に「クリスパタス菌」乳酸菌があることを発見したのはすごいと思いませんか?

「クリスパタス菌」免疫力活性

アンチエイジングを意識した年齢になると、疲れやすくなり、回復が遅いと思いませんか?

加齢でベビー乳酸菌が減少することも原因しています。

人由来の乳酸菌「クリスパタス菌」はとても貴重な乳酸菌として健康維持に深いかかわりがあるといわれ、体を守る免疫力が圧倒的に優れていることがわかりました。

※長い間培養が困難とされていたのが特許技術の開発によって「クリスパタス菌」の大量生産に成功したそうです。

「クリスパタス菌」熱に強い

人由来の乳酸菌「クリスパタス菌」が植物性や動物性、ヨーグルトから取れる乳酸菌と比べて、熱に強い特徴があり、180度で15分加熱しても活性効果が維持できることが確認されています。

乳酸菌はビフィズス菌と相性がとてもいいですね。そして、お腹(大腸)の善玉菌の99.9%はビフィズス菌です。

そのため

ヒト由来のビフィズス菌は、元々人のお腹に存在していたので、腸管への吸収が非常に良いと言われています。

善玉菌を増やすには

・乳酸菌は様々な種類を摂ること
・ビフィズス菌もいっしょに摂れること
・乳酸菌は毎日摂ること
・オリゴ糖や食物繊維など善玉菌のエサになるものを食べること

上記のことはとても大切で、それを叶えられるサプリがあります。

[wp-svg-icons icon=”thumbs-up” wrap=”i”]ベビー乳酸菌「クリスパタス菌」サプリ

ベビー乳酸菌には、善玉菌を増やす成分がしっかり配合されています。

・クリスパタス菌
・ビフィズス菌
・オリゴ糖
・食物繊維

※乳製品アレルギーで、一般の乳酸菌が摂れない人も安心して摂取できる乳酸菌です。

アレルギー物質不使用で培養(特許技術)

※国内生産はやはり安心・安全

※添加物一切不使用

個人的に、加齢で体質が変わり、アレルギーが出る方には是非摂取してほしいです。痒みがでなくなりました。

・便秘症に
・アレルギー(インフルエンザや花粉症)
・ヨーグルトが苦手(乳アレルギー)な人

飲みやすいです!

◎小さいカプセルのサプリで飲みやすい
◎匂いや味は全くなし
◎アレルギー物質不使用

1袋(62粒/1ヵ月分)

通常価格 4,190円 → 初回定期 20%OFF 3,350円(税込3,618円/送料無料)

➡➡➡ 『ベビー乳酸菌』はこちら

※サプリケースプレゼント

加齢で体質が変わるのは

人由来乳酸菌「クリスパタス菌」は、エイジングケアにもとてもいいと感じました。

健康の基本は腸内環境ということは理解していると思いますが、どの乳酸菌が自分に合うか迷っている方は人由来乳酸菌「クリスパタス菌」を試してみてください。

忙しくて自分の体を思いやる時間がなかった!50歳になって自分の健康維持を考えた時に、食生活では十分でないことが多いと思います。

加齢で免疫力も落ちてきます。

肌のハリ・ツヤもなくなり、季節の変わり目には不調が一気にでてきます。

この製造会社「Joyful Life]はスルスル酵素で大人気になった会社です。

「ベビーコラーゲン」と言われている「Ⅲ型コラーゲン」のサプリもいいですよ。それにもベビー乳酸菌が配合されています。

50代、60代になり弾力やハリが失われた肌にも、赤ちゃんのようなもっちもち肌が戻ってきます。こちらも参考にしてください

➡➡ 卵殻膜Ⅲ型コラーゲンの効果で50代の肌が若返る赤ちゃん肌の源を作る

最後に

加齢でアレルギー体質に変わったのは免疫力の低下では?

腸内の善玉菌を増やすには、コツコツ毎日乳酸菌を摂り続けることが重要です。

2020