ゼラチン由来のコラーゲンペプチド低分子は圧倒的な吸収力!

ゼラチンは人間の体内にも含まれているコラーゲンを加熱抽出した動物性たんぱく質です。

ゼラチンを低分化の高純度たんぱく質を分解して水に溶かすことができる「コラーゲンペプチド」は健康補助食品として粉末や錠剤として摂ることができます。コラーゲンやゼラチン製品はとても多く、美容業界では化粧品、医療業界、食品、工業分野など幅広く活用されています。

スポンサーリンク

その中でも、低分子の「コラーゲンペプチド」は、なぜ吸収力が高く効果が早いのでしょうか?

ゼラチンより低分子「コラーゲンペプチド」

ゼラチンの歴史

日本では膠(にかわ)という皮のコラーゲンを煮出したもの(ゼラチン)を煮皮が膠(にかわ)と使われて糊、接着剤として使っていました。

中国では有名な漢方の阿膠(アキョウ)はロバの膠を使っています。昔から薬効として中国人は認めていたのです。

ヨーロッパでは昔のゼラチンはただ煮ただけのもので相当な不純物が入っていたと思います。今はきれいなゼラチンで透明ですが、150年ぐらい前にはイギリスで食用として出て、それでババロアを作ったそうです。

それぞれ昔から皮を煮て使用していたのです。

コラーゲンペプチドは細胞レベルまで届く

コラーゲンが細胞接着基質、つまりは体の中でも糊の役割をするということです。このことが分かったのが1970年で、細胞の方からコラーゲンにくっついていくという構造の仕組みがわかったのが80年代後半であり、私たちはいい時代に生きていて、「コラーゲンペプチド」の粉末を摂っていると細胞レベルでコラーゲンが活躍でき、劣化している細胞を若返らせてくれるので美容や健康に体の中からサポートしてくれます。

コラーゲンペプチドの由来原材料は豚、牛、魚由来であり、コラーゲン由来のたんぱく質を高度に精製した商品がコラーゲンペプチドです。

コラーゲンは健康補助食品として、医療分野、コラーゲンのスキンケア効果などいろいろな分野で利用されています。

コラーゲンペプチドの効果的な摂り方ある?


コラーゲンは1日5g~10gを目安に摂るといいと言われています。個人的意見として初めてコラーゲンペプチドを摂る人は10g(小さじ2杯)を最初1~2ヵ月ぐらい摂るほうがいいように思っています。加齢で減少するコラーゲンを、若い時の量に近づけるために最初は多めに取ることをお勧めします。年齢や体調にもよりますが、50代ですが毎日10g摂っています。

肌がふっくらする感じ、爪が強くなり生えるのが早くなります。

摂るタイミングはいつでもいいと思いますが、わたしは朝のコーヒーに入れて飲んでいます。習慣的に忘れないので続けています。

一般的に知られていますが、寝る1時間から1時間半前に摂取して夜11時までに寝ると成長ホルモンがコラーゲンの合成を促進するのでいいそうです。またビタミンCやカルシウムと併用して摂るともっとも効果的ということです。

飲み始めて2~3ヵ月もすると確実に変化を感じられます。加齢で体の機能が劣化していきますがコラーゲンは体の様々なところで細胞レベルで活性化しますので、若さと健康を保つために、継続して摂り続けることが大切です。

※コラーゲンペプチドはコラーゲンよりも低分子で吸収力が違う!

2週間たっぷりお試し!999円(税込/送料無料)

➡ 低分子コラーゲンペプチド効果「ニッピコラーゲン」純度100%の吸収力

コラーゲンペプチドの効果は?

コラーゲンペプチドは体に機能する活性型ペプチドをバランスよく多く吸収できるように作られています。

活性型ペプチドの機能は、シワ、隠れシミ、変形性関節症、骨粗しょう症の改善にはとてもよく、肌の他にも関節、骨、筋肉、髪の毛などに効果が実証されています。

※さすがに生コラーゲン!ハリと弾力アップに

2週間お試し!1,080円(税込/クール便でどこでも送料無料)

➡ 50代ハリを与えるコラーゲン「ナノアルファ」生コラーゲンはこんなに違う!

加齢だからしょうがないとあきらめないで!肌のハリや関節痛や骨粗しょう症などの予防や改善のために「コラーゲンペプチド」は細胞レベルで活性化するので若返り効果が早いのではと、飲み続けていると実感します。朝起き抜けの顔が10年前よりスッキリしているのがうれしいです。そう、10歳実年齢より若返りませんか!

2020