アルガンオイルの使い方と成分がアンチエイジングや敏感肌にも効果的なのは?

アルガンオイルはオーガニックの天然オイルです。

敏感肌やアトピー肌、赤ちゃんの刺激に弱い肌に、アンチエイジングの美容オイルとしては肌へのなじみがよく、す~と肌に浸透してベタつき感がなく保湿性につぐれているのがアルガンオイルです。

アンチエイジングの大敵、乾燥から肌を守り、紫外線からのシミやしわの予防に、アルガンオイルは浸透力の高さでしっとり肌をキープできる、高純度の美容オイルです。

美容オイル ランキング
美容オイルセレクト 主成分 テクスチャー 保水力・浸透力 価格 詳細
メルヴィータ

アルガンオイル

100%オーガニック

サラサラ

ベタつかない

高い

★★★★

50ml

3,600円(税別)

詳細
ヴァーチェ

無添加・無着色・無香料

マルラオイル

100%オーガニック

サラサラ

ベタつかない

高い

★★★★

18ml(2ヶ月分)

2,980円(税込)30日間返金保証

詳細

アンデコール

防腐剤・合成着色料フリー

33種類の原液ハーブエッセンス サラサラ

ベタつかない

高い

★★★★

15ml(1~1.5ヶ月分)

3,900円(税別)定期初回価格(30日間返金保証)

詳細

アルガンオイルとは

アルガンオイルの主な主成分は人間の肌に近いオレイン酸、リノール酸、ビタミンEで、その成分の効果はアンチエイジングにとても効果的といえます。

アルガンオイルはモロッコのサハラ砂漠が原産でアルガンツリーの実から抽出される保湿性の高いオイルです。

とても希少な植物油でアルガンの木の実36kgからわずか1リットルしか採取できない貴重なオイルです。どこの国でも風土にあったオイルがあり、日本ではそれが椿油でおばあさんがよく使っていました。

アルガンオイルはモロッコでは「神秘のオイル」として取引されているそうです。美容や火傷の民間治療薬としてまた料理用としても使われている歴史あるオイルです。

アルガンオイルの効果的な使い方

アンチエイジングに最適なオイルとして純度の高い100%オーガニック「アルガンオイル」す~と肌に馴染んで潤いをしっかりキープします。ふっくら感や柔らかい肌に整え、乾燥肌に悩むエイジングケアとして、マルラオイルと並んでおすすめなのがアルガンオイルです。

使い方としては化粧水前のブースター化粧水に混ぜて使うのがベストです。その後の化粧水の浸透力がとても高くなり、ぐんぐん肌に浸透する感じは使ってみると実感できます。

アルガンオイルはとても軽くサラッとしてベタつきがないので、スキンケアはもちろん、アトピーの方はボディにも、またサラッとしているので髪にもいいです。

アルガンオイルの高い保湿性や浸透性はモロッコという土地柄で、一滴の雨も降らなくても枯れないといわれるアルガンツリーです。そんな実から採れるアルガンオイルですので、肌の水分や油分を整える作用を高めてくれるわけです。肌を柔らかく、皮膚の代謝を正常にする効果はアンチエイジング対策には必要です。

100%オーガニック メルヴィータのアルガンオイル

アルガンオイルの成分がアンチエイジングや敏感肌にも

アルガンオイルの成分注目しています。ビタミンE、オレイン酸、リノール酸は水分と脂分のバランスを整えて、角質から水分の蒸発を防ぎ、肌がふっくらします。

アルガンオイルにはオリーブオイルの2~3倍のビタミンE(トコフェロール)が含まれています。抗酸化作用があり、アンチエイジング効果がある成分です。乾燥やエイジング対策としてはとても効果が高いと思います。あれほどの乾燥地帯モロッコの過酷な環境、強い紫外線のなかでも女性たちは美しい肌を保っているといわれています。ほかのオイルと比べて、活性酸素を除去する成分が含まれているため美容オイルとしてとても注目されています。

オレイン酸は人間の肌の皮脂に近く不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。シミやシワの原因の紫外線から肌を守り、日焼けによるシミやソバカスを防ぎ透明感のある肌に整えます。またリノール酸も多く含まれ、肌を柔らかくする効果があり、ファンデののりもよくなりますね。

➡ 100%未精製アルガンオイル【CODINA】


抗酸化作用やバリア機能アップに

加齢で肌質も変化します。敏感肌やアトピー肌になることも多いです。

アトピーやアンチエイジングを意識する年齢に、ビタミンE、オレイン酸、リノール酸は肌にとって必要な成分です。

アルガンオイルの抗酸化作用は、紫外線による肌のダメージを修復活性酸素(肌のサビ)を防ぐことは肌の老化を遅らせてくれます。

それらの成分が本来のオイルのようなベタつきが一切なく、す~と肌に馴染んで肌を紫外線からも保護してくれます。オイルは酸化するというイメージはアルガンオイルでは一切考えられません。むしろ酸化を防止するのです。

50代にもなって紫外線が肌に吸収されればすぐシミになり、一度できたシミは加齢ではなかなか消えることは難しくなります。アルガンオイルの抗酸化作用でシミも改善されやすいです。

アトピー肌にもアルガンオイル

アトピー肌は保湿力が弱く、痒くなってつい掻いてしまって肌が傷付き炎症を起こします。そんなアトピー肌にアルガンオイルの保湿力や肌代謝を促進する効果は痒みやカサつき、炎症を防ぐ効果が期待出来ます。

「オレイン酸」は不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。人間の皮脂に含まれている脂肪酸の中にはこのオレイン酸も含まれています。乾燥肌やアトピー肌にはこのオレイン酸などの脂肪酸が少ないとのこと、オレイン酸配合のオーガニック100%のアルガンオイルでのケアは効果的です。

アルガンオイルには炎症を抑える効果があります。アトピー肌は寝ている間に肌を掻きすぎて炎症を起こすことです。アルガンオイルは炎症の予防もしますし、ビタミンEが豊富なアルガンオイルは抗酸化作用で肌のターンオーバーを促してくれるため色素沈着を改善するためにも有効です。

最後に

アルガンオイルがアトピーの人や赤ちゃんのベビーオイルとしても活用されています。

赤ちゃんの肌は大人と比べると肌の角層、表皮が薄く保湿力が弱いため刺激に弱い敏感肌なのですが、アルガンオイルはベビーオイルよりもよりサラッとして浸透力があり馴染みやすく赤ちゃんの肌を保護します。

2020