50代肌年齢が若返る幹細胞エキスは細胞レベルから修復

50代、60代の女性にとって「幹細胞エキス」は自らの肌の修復と再生能力を高めること、その有効性が高く評価されアンチエイジング化粧品として知名度が高まっています。

肌年齢を肌の奥の細胞レベルから活性化するため、乾燥肌、シミ、しわ・たるみなどの年齢肌の加速を遅らせてくれます。

「幹細胞エキス」はあらゆる再生医療に用いられているips細胞から、美容業界でもアンチエイジング化粧品として開発されました。

幹細胞エキスは肌老化が気になる50代、60代に、毎日のスキンケアに幹細胞エキス配合の化粧品は一般の化粧品ではありえない、肌自体の修復再生能力で肌の若がえりを実感します。

スポンサーリンク

幹細胞エキスは細胞レベルから年齢肌を修復・再生

加齢を意識した女性から、最も支持を受けている化粧品成分が「幹細胞エキス」です。

すでに医療現場で皮膚再生医療に使用されている成分ですが、化粧品業界でも研究が進み、「幹細胞エキス」の肌本来の修復と再生機能を応用して作られアンチエイジングコスメとして人気です。

培養真皮に必要な皮膚細胞、細胞成長因子(たんぱく質)、生体材料(コラーゲン・ヒアルロン酸)の修復と再生機能を高めるのに有効です。

医療の現場で使われている成分「幹細胞エキス」は、アンチエイジング化粧品として真皮層まで届き年齢肌の修復と再生機能を整えます。

くすみや肌荒れ、シミやシワなどに影響する肌にとって大切なターンオーバーが正常になり、真皮層の中になるコラーゲン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞が活性化して肌の潤いが戻ってきます。またシミの原因メラノサイトも自然に剥がれていきシミができにくい肌になってきます。

加齢により線維芽細胞の働きが衰えヒアルロン酸やコラーゲンが減少すると肌細胞の再生がうまくいかず、サイクルが長く40~60日と遅れてしまい肌の衰えを加速させます。

ターンオーバーは健やかな肌をつくる約28日のサイクルで、古い肌細胞から新しい肌細胞へと生まれ変わります。

「幹細胞エキス」は真皮層まで届き肌老化で長くなっているターンオーバーを正常な周期に戻すことでいつも新しい肌が保てます。

スポンサーリンク

肌は自ら生まれ変わる

子供の肌は、きめ細やかでハリがありツヤツヤですが、大人になると肌は古い角質が溜まってくすみ、シミ、ニキビ跡などが消えず、そして小じわやたるみなど肌老化が加速していきます。

毎日のスキンケアをしっかりしていても、ターンオーバーが長くなれば古い角質がたまり、肌老化が加速していきます。

「幹細胞エキス」美容液などの化粧品は、真皮層に成分が届いて線維芽細胞の働きを活発にして肌の生まれ変わりをスムーズにしていきます。

幹細胞エキスでも種類があり、もっとも知名度があるのが「リンゴ幹細胞エキス」です。

➡ 植物幹細胞エキスの効果!古い肌細胞が蘇るアンチエイジング化粧品

毎日のスキンケアに「幹細胞エキス」の化粧品を塗ることで、若い頃の肌のように自らの力で肌再生ができてくるので、根本的な肌の悩みを解消できるようになっていきます。

「幹細胞エキス」は細胞レベルから肌本来の力を高め、自らの力で肌の生まれ変わりがスムーズにできる肌になっていきます。

根本的な細胞レベルから肌の再生を促してくれます。

最後に

50代、60代になると「幹細胞エキス」を塗ったからとすぐに結果は期待できません。肌のコンディションにもよりますが、個人的には2~3週間ぐらいすると潤いが1日中変わらないのに気づきました。

その頃には皮膚の奥の真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸などが自らの保湿力が高まっていると感じています。

乾燥シーズンですら、肌の乾燥が気にならない肌に変わってきます。

肌の本来の保湿が戻ってくると毎日のスキンケアはとてもシンプルです。

手作りの化粧水とリンゴ幹細胞エキス美容液だけで肌の保湿は保たれ、シミやシワはそれほど気にならなくなります。

でも

最初は幹細胞エキスのローションと美容液で肌の修復と再生を早めるのがいいかもしれません。

一般的な化粧品では、表皮部分だけしか潤うことはできませんし、数時間するとすぐに乾燥する経験をされている方も多いと思います。

が、「幹細胞エキス」は明らかに真皮層まで届き潤いが皮膚の内部から生まれ変わってくることを実感できると思います。

スポンサーリンク
2020