乾燥肌によるかゆみの原因と対処法

乾燥からのかゆみ

なぜ乾燥で顔がかゆいの?原因は

・顔が乾燥してかゆくて、ついかいてしまっている

・乾燥で肌が突っ張ている感じ

・部分的に顔の一部がカサカサしている

・肌の表面がカサカサして粉がふいている

など乾燥肌での悩みは当然、化粧のノリも悪くなってしまいます。

顔のかゆみで悩んでいると乾燥が原因とはわかっているのですがその乾燥がどうして起きるのか、原因がわからないままでは、いろいろやっても効果は望めず時間ばかり過ぎていくと思います。

特に加齢を意識しだす年齢になると

ホルモンバランスの乱れ紫外線によるコラーゲンの減少などとストレス、生活習慣、食生活の乱れ、ダイエットでの栄養不足など原因が重なって起きることも十分にあります。

スポンサーリンク

肌診断 乾燥してかゆみがでる原因

乾燥肌 かゆみ

多くの原因は洗顔方法が間違っていたり、スキンケア方法があっていないなどが原因します。加齢で乾燥肌になり顔のかゆみをなくすのもやはり年齢にあったスキンケア体の中から肌が潤う食生活やサプリメントを摂ることもとても有効です。

アンチエイジングを意識しだす年齢でのかゆみの原因は

・ホルモンバランスの乱れ
・紫外線によるコラーゲンの減少
・老化によるヒアルロン酸やコラーゲンの減少

など、かゆみは若い時と異なる原因も加味されます。

ホルモンバランスやコラーゲンやヒアルロン酸の減少も原因

乾燥肌

若い時のように潤いのある肌は表皮だけではなく真皮にたっぷりと水分が保たれています。

肌に水分が保たれるのは、特に真皮中のコラーゲンやコンドロイチン等のムコ多糖に水をたっぷりと抱え込む性質があることで保っています。若い頃は新陳代謝が旺盛ですので、真皮中には十分なコラーゲンやムコ多糖が供給されています。そのため十代のお肌のようにしっとりとみずみずしい肌を維持できます。しかし、年齢を重ねるにつれ、新陳代謝がゆっくりになり、体内で合成する力が低下します。

そのため、アンチエイジング対策としても、これらをしっかりと補給していくことが大切です。

加齢で体質が変わって食べ物でかゆみやアトピーになることも

若い時には反応しなかった食べ物に反応して、かゆくなったり、かぶれたり、アトピー肌になることもあります。

これらは体の中からのサインかもしれません。体をきれいにリセットすることも求めらているかもしれません。

反応している食べ物がわかればそれを控えればいいですし、これを機に体の浄化をすることもいいかもしれません。

スポンサーリンク

顔の乾燥肌・かゆみ対策のスキンケア

洗顔料:マイルドなソープで刺激を与えないもので洗っていますか?

化粧水:乾燥肌の場合はたっぷりの水分を浸透させる化粧水を使いましょう。
水溶性の保湿成分でセラミド、ナノラーゲン、ヒアルロン酸をたっぷり補給します。乾燥肌になると敏感肌にもなっていることが多いのでシンプルな化粧品を選ぶといいでしょう。一度にどぱっとつけないで、適量を2度つけると潤い方が全然ちがいます。

美容液:さっぱりとしたジェルタイプのものでセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸がオススメでベタベタしないものでつけるとす~と浸透するものが望ましいです。

日常生活で気をつけたいポイント

これから冬にかけての空気の乾燥や体も新陳代謝が低下するので、季節の変わり目には特に肌の変化を感じるものです。

乾燥肌やそれに伴うかゆみなどのトラブルは生活習慣が大きく関係していますので、日常生活を少し気をつけることで乾燥肌やかゆみも改善でき、予防にもなります。

入浴では天然成分の入浴剤を入れてゆっくりと適温の38~40℃で、20分ぐらい浸かるといいと思います。顔も体全体がしっとりと潤ってきます。

加湿器の使用・・乾燥している部屋では皮膚からの水分の蒸発を防ぐためには加湿を心がけることも大切です。

食生活・・肌に水分が保たれるのは、特に真皮中のコラーゲンやコンドロイチン等のムコ多糖に水分をたっぷりと供給できる食品を意識して食べることです。鶏、ヒラメ、海老やカニの殻、山芋や海藻類などコラーゲン、エラスチン、グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチンが多い食品やビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなど、バランスよい食生活をとることも肌にとってはとても大切です。

かゆみが出やすい食品はさける・・タケノコ、なす、いちご、パイナップル、いか、たこ、チョコレート などはかゆみを誘発しやすい食品といえます。自分でこの食べ物はかゆくなるというものがあれば食べないようにすることです。

2020