骨盤が歪むとお腹ぽっこりにインナーマッスルを鍛える簡単エクササイズ

50代になるとお腹がぽっこりになってきます。

年だから?だけではないようです。

お腹がぽっこり、お尻のたるみ、太ももが太い、足首が太くなったなど、下半身に脂肪がついてくるのも、姿勢の悪さであり、インナーマッスル体幹の筋肉バランスの崩れも原因です。

これらは悪い習慣や姿勢が長年続いて骨盤の歪みが生じて、下半身が太くなっていきます。

でも、悪い姿勢を直したり、簡単なエクササイズで骨盤のゆがみは修正できます。

スポンサーリンク

骨盤の歪みと生活習慣

日々の生活習慣で骨盤がゆがみ、下半身に余分な脂肪が徐々についていきます。

特に

姿勢と骨盤のゆがみは関連しています

さらに

体幹は重要で筋肉のバランスを崩すと骨盤が歪んで、正しい姿勢が維持できなくなります。

運動不足や、加齢で筋肉が低下していることも影響しています。

インナーマッスルは、年齢に関係なく筋肉は鍛えられます。

骨盤のポジションを悪くする生活習慣

■生活習慣でくせになっていませんか?

・足を組む・・いつも同じ足を組んでいませんか?

・ショルダーバックはいつも同じ側の方にかけていませんか?

・首が左右どちらかに傾いていませんか?

・肩の高さが左右違っていませんか?

・左右の目の大きさが違っていませんか?

・猫背やO脚ではありませんか?

・立っている時に、いつも重心が片方側にかけていませんか?

・靴の底が片方だけや外側だけ減っていませんか?

・あごがいつも上がっていたり、または下がっていたりしていませんか?

これらのことが習慣的になっていると、骨盤のゆがみが生じてきます。

生活習慣でくせになっていることは左右のバランスが崩れて歪んでいきます。ひどくなると脚の長さも左右で違ってきます。

■くせを直すだけでも骨盤のゆがみが改善される

足を組むことを、意識してやらないようになった

姿勢を正すことを、意識するとお腹に力が入ります

寝返りで横になる時は、脚の間にクッションを挟む

特に、上記の3つのことを徹底しました。これらを意識して直すだけでも、骨盤のゆがみを改善できたと思っています。

腰痛はなくなりましたし、肩こりも軽減されました。

スポンサーリンク

骨盤のゆがみとインナーマッスル

簡単なエクササイズで骨盤矯正の効果があります。

例えば、

・ピラティス

・ヨガ

体幹トレーニングをすることで骨盤のゆがみ矯正にもとても役立ちます。

どれか一つ、簡単なポーズから始めましょう。

軽いストレッチでも、筋肉を鍛えることができます。

筋肉は年齢に関係なくいくつになっても、鍛えることができます。

女性には、しなやかな柔軟性のある筋肉は、ボディラインをきれいに保ちます。

筋肉は加齢とともに弱くなってきますが、筋肉維持は骨盤をしっかり支えますので、簡単なポーズから始めてください。

インナーマッスルを鍛えて骨盤矯正

ヨガ、ピラティス、体幹トレーニングは体の内側の筋肉(インナーマッスル)を鍛えることができます。

無理のない自分が続けられるポーズから始めてください。無理は禁物です。長く続けることが大切です。

続けていると、からだのゆがみを矯正して、しなやかで女性らしく、姿勢がきれいになってきます。同時に血行がよくなり、リンパの流れがよくなるので、むくみ解消にもつながります。

2020