夜の痒いアレルギー原因とこれを試して緩和する対処法!

季節や年齢を重ねてくると体質が変わって、敏感肌や乾燥肌またはアレルギー体質になる方多いのではないでしょうか?

夜、体が痒くてなかなか眠れないことありませんか?

夜になると体が痒くなる原因と対処法を調べてみました。

スポンサーリンク

夜になると痒くなる原因は?

50代を過ぎていろいろな体質の変化がでてきていますが、その一つに痒みがあります。

特に夜寝ている時に、肌の柔らかい部分の肘の内側、膝の内側、首などを掻いていることあります。掻きすぎると痕になり治るのに時間がかかりました。

ダニやノミが原因ではなく、肌がアトピーになったり、敏感肌乾燥肌になっているのではないでしょうか?

アトピーの症状は日中よりも寝ている時に痒みがひどくなる場合があります。なぜかというと、睡眠は副交感神経が優勢になることで、体がリラックスします。そのため、神経が感じやすくなっているため、かゆみを感じます。

乾燥肌は更年期になるとほとんどの方は乾燥肌に悩みます。特に空気が乾燥する季節では痒みがでることが多いです。入浴でしっかり保湿をしてクリームを塗り肌の乾燥を防ぐようにすることも大切です。

その他にも、ストレスや自律神経も関係しているかもしれません。

どちらにしても睡眠の妨げになり、日中の活動にも影響します。早めに対処して改善することです。

関連記事

➡ アトピーでかゆくて眠れない時!乳酸菌と睡眠と新陳代謝の関係

アトピーによるかゆみ

アトピーによるかゆみは体質改善が必要ですが、それぞれのアトピーの度合いにもよりますが・・・

今回は加齢で体質が変わり、アレルギー症状がでてアトピー肌になりかけた体験からお話ししますと、内側からでは腸内環境の改善が一番で、外側からでは入浴などで保湿をしっかりキープすることでかなり改善されます。

スポンサーリンク

植物性ラクトバチルス乳酸菌

敏感肌、乾燥肌、デリケートな人たちにオススメしたいのが植物性ラクトバチルス乳酸菌配合のサプリメントです。

植物性ラクトバチルス乳酸菌は、人の腸内にある善玉菌の一種です。免疫力に大きく関係する善玉菌で、酒かすや漬物など発酵食品の中に含まれています。数多くある乳酸菌の中でも免疫など健康に大きくかかわっていて、植物性のものは動物性よりも酸に強く、生きたまま腸まで届きやすいのが大きな特徴です。アトピー、アレルギー、免疫力アップに植物性のラクトバチルス乳酸菌はとても注目されています。

夜中に体がムズムズしたり、かゆみが止まらず眠りすら妨害する痒みは、心身にとてもストレスをもたらしますし、植物性ラクトバチルス乳酸菌のサプリ「アレルナイトプラス」は痒みを改善して、ぐっすり眠れるのでおすすめします。オススメする、もう1点の理由はビオチンやビタミンB群など配合されているので敏感肌やデリケートな肌の改善もできるので評判はとてもいいサプリです。

「アレルナイト」は即効性があり辛い症状が改善した人が多いそうです。

➡ 乳酸菌サプリ【アレルナイトプラス】はアトピー性皮膚炎を改善!ぐっすり眠れてかゆみから解放

乾燥によるかゆみ

夜寝ている間に掻いているところはどの部位でしょうか?

背中や首をかいているのでしたら、それは肌の乾燥の可能性は高いと思います。

乾燥の季節や、加齢で肌の乾燥がひどくなると、かゆみがでてきますね。角質層が乾燥して肌が敏感になってかゆみを感じやすくなります。気をつけたいのは乾燥肌は敏感肌になりやすい点です。

関連記事

➡ 美容オイルは乾燥肌・年齢肌の保湿を改善するアンチエイジングに1本は持っていたい

潤いのある肌になれば自然と痒みは治まります。

顔の保湿と同じく、体の保湿も大切です。保湿性の高い入浴剤や敏感肌やアトピーにも刺激がない入浴剤で肌の保湿をすること、上がった後はしっかりと保湿クリームで肌が乾燥しないように塗っておきましょう。また、乾燥する季節では部屋の湿度は50%ぐらいがいいと思います。お値段も手軽な加湿器でも、部屋の湿度調整にとても重宝します。

関連記事

➡ アトピーや敏感肌に無添加入浴剤カモミールの抗アレルギー作用かゆみ解消

最後に

アトピー肌で長く悩んでいらっしゃる方も多いと思います。もちろん何とか治したいといろいろ試されている方も多いでしょう。そんな方も腸内環境が関係していると思います。

今回は、50代頃から体質の変化で悩み始めている方に、なるべく症状が出始めた初期の段階で治していくことが大事と実感しています。

スポンサーリンク
2020