体の酸化を防ぐ食べ物やサプリでアンチエイジング肌にも抗酸化力

老化の原因は体のさび(酸化)!食べ物やサプリで減らせる?

アンチエイジングにとって体のさびを食い止める抗酸化は意識したいところです。

同じ年でありながら、若々しい人もいれば、老けて見える人もいます。その差はどうして起きるのでしょうか?この違いは活性酸素が関係しています。

スポンサーリンク

体の酸化(サビ)が老化の原因

私たちは日々呼吸をして酸素を取り入れて生命を維持していますが、取り込んだ酸素の一部は活性酸素という物質に変わります。生きているだけで活性酸素は発生します。

活性酸素の役割は体内に侵入したウイルスや細菌を退治する大きな役割がありますが、必要以上に増えてしまうと、細胞まで酸化して、これが老化のきっかけを作ります。

いつまでも若々しくいたい!同世代から老けて見られたくない!

実は「活性酸素」の働きが老化のスピードと深く関係しています。

私たちは肌老化に敏感です。50代になると肌のくすみが気になり、ハリやツヤが失われてくること、疲れやすくなったりなど、年々年を意識するようになります。

でも老化のスピードにも個人差がありますが、活性酸素を発生させる原因は生きるための酸素の他に、紫外線、大気汚染、たばこ、ストレス、激しい運動、睡眠不足、化学物質、農薬、電磁波など環境や生活習慣も影響します。

スポンサーリンク

食事で抗酸化力を上げる

40歳ごろから体内の抗酸化力は減少してくるそうで、それを食い止めることはできるのでしょうか?

抗酸化力を高める食べ物やサプリは効果があります。

抗酸化力を高める成分と言えば、ビタミンC・Eが抗酸化ビタミンと言われ、βカロテンリコピンポリフェノールも抗酸化成分です。

抗酸化成分が高い食品を日ごろから積極的に取り入れている人はやはり見た目が若いのです。

同じ環境でいる場合、同じ年齢で若く見える人と老けて見える人がいるのは、食生活や生活習慣で差ができるのではないですか?

毎日の食事が大切なポイントですが、バランスの取れた栄養を摂ることです。野菜、果物、海藻、キノコ、豆類、ナッツ類など、バランスよく食べることです。

特に抗酸化力が高いビタミンCを積極的に摂ることがいいそうです。

関連記事:

➡  消化酵素を増やす食習慣と麹菌酵素で効率的に酵素を補う習慣

抗酸化力のある食べ物

毎日の食事に気をつけるだけで、体の酸化(さび)を遅らせることができるのなら、意識してその食べ物を摂りいれるべきです。

フルーツ・・

アボカドビタミンCが豊富、バナナはビタミンの宝庫で抗酸化作用が高いです。

緑黄色野菜・・

かぼちゃ、ニンジン、ブロッコリー、ケール、トマト、ナスなど緑黄色野菜はカロチンが含まれ抗酸化作用の高い野菜です。

野菜・・

キャベツの抗酸化作用は野菜の中でもずば抜けて高いそうです。

香味野菜・・

にんにく、しょうが、ねぎ、セロリなど、ニオイのきつい物

その他にも、そば、大豆、緑茶、イチゴやブルーベリーなど、ナッツ類

毎日、緑黄色野菜をどれか食べ、フルーツを食べ、日本茶を飲み、おやつはナッツ類をつまみ、などなど健康的な食生活が若さを保つのですね。

関連記事:

➡ 若返りに効くサプリ「核酸・酵素」で細胞レベルで活性化

➡ 若返りホルモンって?これ「DHEA」は食べ物で簡単に増やす方法ある!

最後に

50代になると年を意識します。抗酸化力を高めることは細胞から若返ることです。なにも難しいことをしなくてもいいのです。

バランスの良い食生活、規則正しい生活、ストレスを溜めないなど、ごく当たり前の生活をしていればいいのです。

スポンサーリンク
2020