プロテオグリカンの保湿力が肌再生美容液と言われる訳は?

美容業界では次々と新しい美容成分でわたしたちを刺激しますね。プロテオグリカンも最近注目されそして人気成分なのです。

プロテオグリカンは化粧水や美容液に配合されていますが、肌に浸み込みやすくて浸透性に優れ、保湿効果を期待する女性に大変注目されています。

スポンサーリンク

どれぐらい保湿成分があるかというとヒアルロン酸の130%でヒアルロン酸やコラーゲンの生成や働きを促しながら、プロテオグリカン自体も高い保湿力を持っていることで注目されています。

アンチエイジング対策にプロテオグリカン配合は肌再生美容液

さっぱりとした使用感で保湿力がヒアルロン酸やコラーゲンよりも優れているのですから人気があるのがわかります。年齢とともに減少するコラーゲンやヒアルロン酸の生産もサポートしながら、プロテオグリカンはごく少量でも大きな働きをします。

プロテオグリカンは保湿力、抗炎症作用もあることから細胞の炎症を抑制して肌の改善を促す作用もあるそうです。

とにかく加齢で乾燥がひどく、肌のハリ、シワ、たるみ、しみ、毛穴の広がりなどから年齢がわかるほうれい線は少しでも目立たなくしたいですね。

高純度のプロテオグリカン原液の美容液は年齢肌による乾燥から保湿をしっかりしてくれます。肌を細胞レベルから生まれ変えてくれるのです。

べとべと感がないサラサラ感でありながら保湿されるので、乾燥シーズンでも潤ってふっくらした肌でいられるのもうれしいですね。

ところでプロテオグリカンて何?

プロテオグリカンはもともと体内に存在するもので、コラーゲンやヒアルロン酸とともに肌や軟骨に存在して細胞外マトリックスを形成する成分です。細胞外マトリックスは水分を保持しながら弾力性を持ちます。

※細胞外マトリックス(ECM)とはコラーゲン、非コラーゲンたんぱく質、プロテオグリカンから構成されています。細胞から分泌され、細胞や組織を包むECM網目構造でコラーゲンやヒアルロン酸の生成もサポートします。

プロテオグリカン肌再生美容液と言われる訳

コラーゲンやヒアルロン酸以上に期待させている美容成分がプロテオグリカンと言えます。

ヒアルロン酸の1.3倍の保湿力でEGF(新陳代謝を促す)とFGF(肌を若々しく保つ)の代わりとなり働く作用をもつのがプロテオグリカンです。そして潤いがずっと続くことも特徴です。

※成分表示はEGFは「ヒトオリゴペプチド-1」、FGF-1は「ヒトオリゴペプチド-13」

プロテオグリカンは無添加の美容原液で北海道の鮭の鼻軟骨を原料にして国内で製品化しています。

ご存知の通り加齢とともに肌の水分が減っていきます。プロテオグリカン原液を補うことで保水力を取り戻します。保湿力がアップすることでシワ、しみ、たるみなどの改善がありアンチエイジング効果があるわけです。

スポンサーリンク

プロテオグリカン原液美容液で肌が生まれ変わる

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けながらプロテオグリカン自身も保湿効果が抜群で、浸透力が高いので少しの量を塗るだけでハリや弾力のある肌に再生します。

化粧水の後にプロテオグリカン美容液をつけるだけでぷるんとした肌の感触に変わります。

ヒアルロン酸のようなベタつき感はなくサラッとして伸びやすいのも特徴です。

口元のシワやほうれい線に変化の兆し!

もっと詳しい情報はこちらから➡プロテオグリカン原液美容液

最後に

化粧品成分は次から次と出てきます。定番となるヒフミドやコラーゲン、プラセンタなどの次なる保湿成分としてプロテオグリカンは非常に期待していいと思います。

2020