紫外線を跳ねのける肌作り!紫外線予防とUVケアで肌老化をさせない対策

肌にとって紫外線は曇りの日も注意は必要です。

日焼けによるシミや肌老化は、加齢を意識しだす年齢では特に気をつけるべきはご承知の通りで、季節に関係なく紫外線予防を怠らずにメラニンを蓄積させない肌作りが大切です。

外出時だけでなく、室内でも紫外線は入ってきますので、メイクをしなくても紫外線対策の乳液を塗るなどして、シミの元になる過剰なメラニンの蓄積を低減させることは必要です。

紫外線に弱い肌から、紫外線に強い肌作りを目指しましょう。

スポンサーリンク

肌の紫外線対策は大丈夫?

紫外線が強くなるのは4~9月ですが、4月頃から紫外線量は急増して、真夏の7月、8月とほぼ同じの紫外線量ですので、1年を通じて紫外線対策はとても大切です。

できてしまったシミはともかく、加齢を意識した年齢になると、これからは絶対に紫外線でシミを作らないことを常に意識する必要があります。

ある朝、大きなシミが目の下に!

紫外線ケアで知っているべきことは、メラニンは徐々に皮膚内に蓄積されていきます。理由は加齢などで皮膚の新陳代謝が悪くなりターンオーバーが長くなっていること、正常なターンオーバーではメラニンも垢となり剥がれていくものが蓄積されて、ある時シミとして表面化します。

紫外線を跳ねのける肌作り

夜のケアで紫外線予防

肌の紫外線対策として、夜のケアは日中の紫外線によるダメージをフォローしてくれます。

紫外線は3月ごろから徐々に強くなっていきます。紫外線対策は夏だけではありません。

紫外線はシミだけでなく、肌を乾燥させ、肌のバリア機能が乱れて保湿機能も低下します。バリア機能が低下すると昼間の紫外線をもろに受けて色素沈着しやすい肌になります。

日中のUVケアなど紫外線対策はもちろん、夜のお肌のケアは、週に2~3回の美白パックや、美白用の美容液をつけて、日中の紫外線ダメージをその日のうちにケアすることは紫外線予防につながります。

紫外線ケアのサプリ

飲む日焼け止めサプリは、紫外線から肌を守りシミやソバカス、日焼けによる色素沈着を体の内側から緩和できます。

肌だけでなく、目や頭皮も紫外線から守ることができます。

紫外線ケアのサプリは、できてしまったメラニン色素を減らす役割と、予防としてもお勧めできます。

メラニンを抑える成分はいろいろでています。

サプリの有効性は

・メラニン色素の生成を抑制

・抗酸化作用

・皮膚の新陳代謝を促進

・末梢血行を促進してメラニンの排泄を促す

これらの作用でメラニン色素を減らすことが可能で、メラニンを溜め込みにくい肌作りを促進します。

メラニンを抑えるサプリは、体の内側から紫外線をブロックして、日焼けを防ぐのに有効です。美白化粧品やUV対策と併用して、サプリを飲むと相乗効果で確実に効果を実感できます。

肌老化の原因は紫外線

紫外線が大きく影響するシミ・シワ・たるみの原因の「光老化」すなわち紫外線が「肌老化」を早めます。

肌のダメージの原因は、紫外線の影響が80%を占めるほど、太陽の影響「光老化」は肌にとっては深刻です。

若い時の小麦色の肌は魅力的です。

しっかりスキンケアをしていたとしても、年齢を重ねると、肌は悲惨な状態になっていることがほとんどです。

肌を過度に焼かないこと、日焼けしてしまったらすぐにその夜にしっかり日焼けケアをします。

毎日の老化は毎日のスキンケアで左右されます。

スポンサーリンク
2020