バリア機能を整える「ラメラ構造」保湿力の持続性がそこに!

年齢を重ねてくると感じるのが、肌のゴワゴワやくすみですが、肌が乾燥してバリア機能が低下していることが原因です。その機能を担っているのが「ラメラ構造」です。

肌の保湿やバリア機能を担う「ラメラ構造」に着目した化粧品も増えてきました。

50代、60代になると、肌がゴワゴワして化粧水が浸透しずらく、なじみが悪いと感じる方にその原因は「ラメラ構造」の乱れであり、その重要性を知っていると化粧品を選ふ時に失敗することも少ないと思います。

ラメラ構造化粧品は水分と油分のバランスを整えて高い保湿力の持続性があります。

スポンサーリンク

ラメラ構造とは

「ラメラ構造」とは角質層の細胞間皮脂のことですが、水分と油分の層が交互に規則正しく重なりあっています。

「ラメラ構造」を形成している細胞間皮脂は、肌の水分蒸発を防ぐ保湿機能や、雑菌の侵入を防ぎ、外的ストレスから肌を守るバリア機能の役割としてはとても大きいです。

バリア機能が正しく機能していれば、肌の水分と油分のバランスはいい状態で保たれ、保水性が高く、肌は長時間の潤いが持続する効果があります。

しかし

肌が乾燥して化粧水が入っていかない、浸透しないと感じている方は「ラメラ構造」が乱れているため水分が流出している状態で肌の保湿は失われます。

ラメラ構造に着目した化粧品も増えつつありますが、ラメラ構造を正しく機能させる美容液は注目されています。肌老化を感じる方、保湿が明らかに失われている肌には試してほしい美容液です。

スポンサーリンク

ラメラ構造と潤い肌

水分と油分が重なり合う「ラメラ構造」が正しく機能していれば、潤いある柔らかい肌です。

洗顔した後に、化粧水や美容液をつけると肌と一体化するように浸透して、水分保持の美容成分が角質層に浸透していきます。

ラメラ構造を整える化粧品

年齢により、乾燥肌、敏感肌、毛穴が目立つ凹凸肌なども肌のバリア機能のトラブルです。

水分と油分の配列が乱れてバリア機能が低下している肌は、日差しの強い季節にはさらに紫外線でもバリア機能はさらに壊れていきます。

この「ラメラ構造」が規則正しく並んでいると、肌は強力なバリア機能と水分保持機能を果たします。肌にとってとても重要なことが理解できます。

ラメラ構造に着目した美容液

ラメラ構造容液

これらの美容液やオールインワンゲルは、ラメラ構造を整えバリア機能を強力にして、美肌の土台をつくります。

小じわ、カサカサ、ゴワゴワ、くすんだ肌から、アトピー肌も乾燥が原因ですが、それらのトラブルを解消して肌の内側からハリのあるふっくらとした健康な肌を作ります。

肌本来が正常に潤っていれば、ナチュラルな素肌にファンデーションも馴染みます。

ラメラ構造に着目した美容液やオールインワンゲルは、エイジングケアとして満足度が高いのでやはり人気があります。

ラメラ構造に着目したオールインワン

ラメラ構造ールインワンゲル

2020