皮膚のバリア機能低下の原因乾燥で肌の老化がすすむ保湿の大切さ

皮膚のバリア機能の低下は乾燥が原因です。エイジングケアで知っておくことは肌の乾燥は老化を早めることです。

皮膚の表皮のすぐ近くの角質層では水分が減少すると肌の乾燥が進みバリア機能が低下します。

アトピー性皮膚炎もバリア機能が低下しているため、異物が皮膚から侵入して炎症を起こし、それが慢性的になると、かゆみと湿疹で寝ている間に掻きむしるため炎症が悪化していきます。

スポンサーリンク

皮膚のバリア機能の低下の原因と改善策

乾燥肌がさらにひどくなるとアレルギー皮膚炎にもなっていきます。

お風呂で保湿効果のある入浴剤や食生活で植物性乳酸菌を摂り内側から肌を改善すること、体質を変えて免疫力をつけることはとても重要です。

が、乾燥させない肌を作るために、毎日のスキンケアも基本として大切です。

スキンケアは刺激の少ない洗顔できれいに洗うことで汗や黄色ブドウ球菌などを洗い流し清潔にすることが基本で、その後は乾燥を防ぐ化粧水やクリームなどをつけていると思います。

関連記事

➡ 美容成分配合のファンデーションは潤いキープで5歳若く見える

皮膚のバリア機能とは

正常な皮膚ではバリア機能が正常に保たれていれば、皮膚内で水分が確保され保湿もされているため、水分が蒸発して皮膚が乾燥することはありません。

が、

バリア機能が低下していると、水分が蒸発して肌の乾燥が目立ち、外部からの刺激やアレルゲンのほこり、ダニ、カビなどが皮膚に侵入しやすくなり、ひどくなるとアトピー肌になり炎症を起こします。

※乾燥を防ぐため下地やファンデの選び方も重要です。

関連記事乾燥肌向けファンデーションと下地の選び方で自然な透明肌に

バリア機能の低下で肌内の水分が蒸発

皮膚にはバリア機能があり、正常に働いていることで外部からの異物の侵入を防ぎ、皮膚内から水分が蒸発しないようにバリアの役割があります。

皮膚の構造を見ると表皮の一番外側に角質層がありますが、その角層細胞内には天然保湿因子(NMF)が水分を保持して、細胞間脂質により隙間のない構造と角質層表面に皮脂膜がバリアの役割をしています。

ところが乾燥によって皮膚内の水分が出てしまうのはバリア機能が働いていないからです。乾燥した季節にはさらに痒みで肌を掻くとさらにバリア機能はマヒ状態になります。

※乾燥した外気から肌の保湿をする役割が大きい加湿器はとても重宝しています。

関連記事加湿器の美肌効果は高価な美容液のよう

スポンサーリンク

肌のバリア機能を維持するスキンケア方法と注意点

NG洗い過ぎは禁物・・肌を清潔に保つことを意識過ぎて、刺激的にゴシゴシ洗うと刺激に弱くなっている肌はますますバリア機能が失われていきます。

洗顔は夜はしっかり洗い、朝は肌の状態にもよりますが蒸しタオルを当てたりするだけでもいいと思います。石鹸で洗いすぎるのはかえって逆効果になる場合があります。

保湿をする・・洗顔後には化粧水をつけてその後に美容液やクリームをつけます。化粧水がす~と浸透しない場合はブースターの役割のアルガンオイルをつけると驚くほど化粧水の浸透力がよくなり保湿効果が高まります。

紫外線に注意・・エイジングケアでは特に紫外線は極力避けるようにした方がいいです。外出時にはUVをつけるのはもちろんですが皮膚を紫外線から守るように帽子や傘などを活用したほうがいいと思います。

紫外線は皮膚を乾燥させ、皮膚のバリア機能の低下を助長させます。

関連記事

➡ 乾燥肌に保湿をキープする美容液やクリームの正しい塗り方のポイントあるの?

加齢とバリア機能の低下

加齢で気をつけることは乾燥で、バリア機能を低下させる原因です。

アンチエイジングでは肌の乾燥、新陳代謝の低下などの要因でバリア機能が低下していきます。

肌内部の乾燥は外側から化粧品でブロックして、内側から潤うサプリを摂ることはとても効果的が早いと思います。「サプリを飲んでから肌が潤う」ことを実感できると思います。

関連記事

更年期の肌荒れ改善に効くサプリの口コミでわかった内側からのケアの大切さ

最後に

50代になるとほとんどの方が肌の乾燥で悩まされます。そのままケアをしなければ肌の老化は確実に進んでいきます。

※細胞レベルから若返る核酸のサプリは今最も注目されているサプリではないでしょうか?

➡ 細胞が若返るサプリメント核酸は遺伝子レベルで体が若返る

2020