50代のインナードライ肌さっぱりアルガンオイル保湿がアップ

50代、60代ではインナードライが原因で肌のトラブルがおきます。

ガサガサして乾燥しているのに、部分的にオイリー肌になったり、ニキビがでたり、それらの肌のトラブルは、肌内部の水分が不足しているインナードライが原因で起きています。

正しいスキンケアは保湿が必要で、間違いやすいオイリー肌のスキンケアはNGです。インナードライ肌のトラブルの原因を解消するには保湿を第一にスキンケアをすることです。

インナードライにアルガンオイルをおすすめするのは、人間の皮脂に近いオレイン酸が肌に馴染みさっぱりとして、オイリー感がなく皮膚に浸透していき、インナードライ肌を改善します。

美容オイル ランキング
美容オイルセレクト 主成分 テクスチャー 保水力・浸透力 価格 詳細
メルヴィータ

アルガンオイル

100%オーガニック

サラサラ

ベタつかない

高い

★★★★

50ml

3,600円(税別)

詳細
ヴァーチェ

無添加・無着色・無香料

マルラオイル

100%オーガニック

サラサラ

ベタつかない

高い

★★★★

18ml(2ヶ月分)

2,980円(税込)30日間返金保証

詳細

アンデコール

防腐剤・合成着色料フリー

33種類の原液ハーブエッセンス サラサラ

ベタつかない

高い

★★★★

15ml(1~1.5ヶ月分)

3,900円(税別)定期初回価格(30日間返金保証)

詳細

50代インナードライ肌の原因と改善方法

50代、60代はインナードライが原因で肌トラブルで悩んでいる方多いと思います。

どんなスキンケアをしたらいいのか?どうすれば インナードライ肌は改善されるのでしょう?

夏になると、皮脂や汗の分泌が活発になり、オイリー肌になると思われがちですが、これは肌内部の水分を逃さないために肌は皮脂を分泌して守っていることで起きています。夏はさっぱりと化粧水だけつけている方、それは間違いで逆効果です。

洗顔から化粧水、美容液とお手入れの時も保湿を意識したスキンケアがポイントです。

毎日のスキンケアで意識したいことは、保湿です。

日々の暮らしで気をつける点は、日差しです。外出時には紫外線対策をしっかりして外出します。

紫外線は皮膚を乾燥させインナードライ肌を加速させます。

アルガンオイルがエイジングケアにいいわけ

アルガンオイルの抗酸化力

アルガンオイルは、抗酸化力が強く、紫外線などからの活性酸素の除去力が強いオイルで知られています。

なぜなら

アルガンオイルは水も少ない砂漠の厳しい過酷な環境で生き続けている樹から実った実から取れる貴重なオイルなのです。

紫外線防止効果

アルガンオイルは、抗酸化力が強く紫外線防止効果(SPF5~9あるがあるので、インナードライ肌には夏でも1年中使えるオイルとして、乾燥から肌を守ります。

ホホバオイル、オリーブオイル、ツバキ油、スクワランオイルなど美容オイルは30種類ほど出回ていますが、ベタベタするオイルは避けるべきです。

浸透力と保湿力

アルガンオイルやマルラオイルはオイルであるけれど、さっぱりとして浸透力があり、保湿を助けます。特にエイジングケアにはおすすめです。

インナードライでニキビが出やすい方にもおすすめできます。

スポンサーリンク

アルガンオイル肌を整える効果

トコフェロール(ビタミンE)

他のオイルと比べ、活性酸素を除去する成分が多く含まれる

水分と油分のバランスを整える

保水力が高く肌にスーッと浸透して、水分や油分を整える作用を高めてくれます。オレイン酸やリノール酸が、角質から水分が蒸発するのを防ぎ、肌をふっくら和らげます。

シミ・そばかす予防

人間の皮脂に近いオレイン酸という不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、シミ・シワの原因となる紫外線を予防する働きもあります。日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎ、透明感のある肌に整えます

肌を整える!1本は持っていたいアルガンオイル

➡ 100%オーガニック アルガンオイルおすすめブランド

水分を保持するアルガンオイル

アルガンオイルは抗酸化作用が高く、オレイン酸やリノール酸、ステロール、トコフェロール(ビタミンE)などの美容成分が豊富で肌にハリやキメ、柔らかさを整え、乾燥やエイジング対策に高い効果があります。

この美容成分は人肌の脂質の成分とよく似ているため、角質層までスムーズに浸透し、皮膚を柔軟にして乾燥から肌を守ります。

洗顔後にブースターとして、また化粧水に1~2滴混ぜて使うだけで、皮膚のコンディションがぐっと良くなります!!

保湿には水分だけでなく、オイルが必要なのですが、さっぱりとして浸透力があるオイルとして、アルガンオイルはとてもさっぱりして、保水力が高いです。

アルガンオイルの使い方

化粧水にアルガンオイルを1~2滴混ぜて使ってみてください。

オイルなのにつけた後、サラッとして浸透していき、ベタつかない使用感は使うと納得するでしょう。化粧水のつけた後のしっとり感がぐっと良くなります。

化粧水だけでは物足りない方に、アルガンオイルをほんの少し混ぜただけで肌が整い、潤い肌がキープできます。洗顔後すぐにブースターとして使用もいいですが、個人的には化粧水に混ぜて使う方が化粧水を浸透させます。

美容にだけ使用するのであれば、50mlの小瓶で8-10ヵ月ぐらい使えます。まだある~という感じです。1回に1~2滴でいいので長持ちしますね。

肌を整える!1本は持っていたいアルガンオイル

➡ 100%オーガニック アルガンオイルおすすめブランド

水分と油分のバランスを整える

紫外線がもたらす活性酸素は、肌細胞を傷つけ酸化させることで皮膚内になるコラーゲンを破壊して肌の弾力を奪い、しみやくすみ、シワをつくります。

50代、60代と年齢を重ねていくと、今まで蓄積した紫外線からの活性酸素がインナードライを招いていきます。

最後に

アルガンオイルは小瓶なので高価のように感じますが、数か月使え長持ちします。

長く持つと酸化するのではと思ってしまいますが、アルガンオイルは酸化しずらいオイルです。

2020