「アルガンオイル」がアトピー・アレルギーを改善なぜ?

「アルガンオイル」のさっぱり感と肌にす~と浸透していく感じは、通常のべたべたしたオイルのイメージではありません。それが「アルガンオイル」の特徴です。

乾燥した肌にこそ「アルガンオイル」を使うと、水分と油分のバランスがよくなり、浸透力が増し水分の通りをスムーズにします。

「アルガンオイル」の特徴は、べとつきがなくさっぱりした使用感、水と馴染む、浸透力が高まる、保湿性に優れています。

その結果、「アルガンオイル」は皮膚の新陳代謝を高めてバリア機能がアップしますので、乾燥肌、敏感肌、アトピー、アレルギーなどの症状を改善する効果は確かです。

スポンサーリンク

「アルガンオイル」はオーガニック100%

「アルガンオイル」がアトピーやアレルギーにもおすすめなのは、化学物質は一切含まれていないオーガニック100%のものは、肌にやさしく刺激も少ないからです。

オイルのイメージのべたつきは「アルガンオイル」にはありません。

混じりっ気のないオーガニック100%のアルガンオイルは、さらっとしてべとつきがなく、す~と肌に馴染んで浸透していきます。

それぞれの国では古くから使われているオイルがありますが、日本では昔から髪にツバキ油があります。

「アルガンオイル」はモロッコが原産で、あの砂漠地帯で生息しているアルガンの木の実から抽出されるオイルです。

アトピーやアレルギーは、肌の保湿力が弱く、外からの刺激に敏感に反応します。それはすでにバリア機能も低下しているからです。

実は

乾燥した肌にこそ「アルガンオイル」を使うことで、肌に浸透して水分の通り道を作ってくれます。アルガンオイルはブースターとして化粧水の前や、化粧水に混ぜて使うと肌への浸透力が高くなるのはそのためです。

肌に水分を蓄えておくためには皮脂は必要で、肌の水分の蒸発を防ぎ、潤いを保つ効果があり、さらには肌を弱酸性に保ち雑菌から肌を守ってくれます。

乾燥した大地に住んでいるモロッコの女性の、肌や髪がきれいなのはアルガンオイルでケアしているからと言われています。美容ややけどの治療薬としても用いられています。

砂漠地帯でとても貴重な理由は、アルガンの実から取れるオイルは大量の実からわずかの量が取れる程度の貴重なものなのです。

➡ アルガンオイルの使い方と成分がアンチエイジングや敏感肌にも効果的なのは?

「アルガンオイル」はアトピー肌に効果

一般的な乾燥肌、アトピー、加齢でアレルギー肌も、原因はバリア機能が低下していることです。

特にアトピー性皮膚炎は、辛いかゆみに伴う炎症を抑えて、皮膚のバリア機能を回復させることが最優先です。

毎日のスキンケアとして、刺激の少ない洗顔石鹸や化粧品を使っていると思います。それだけで炎症が改善されません。

アルガンオイル」は化粧水の浸透力や美容液などをぐ~んと浸透させるブースターとして使うだけで、今まで使っていた化粧品とは思えないほどの満足感があります。

アトピー・アレルギーのかゆみや炎症を抑える

アトピーやアレルギー肌の辛さは、寝ている時にかゆみで皮膚を掻きむしることで炎症がおきます。

アルガンオイル」は湿疹やかゆみなどの炎症を抑える効果もあります。

乾燥した肌カサカサ状態ではかゆくなり赤みがでてきますが、「アルガンオイル」は炎症を抑えることと同時に、保湿力が優れているために炎症を抑え、肌を整えていきます。

アルガンオイルの生産地である乾燥地帯のモロッコでは、昔から傷・やけど、湿疹などに塗っていたそうです。

スポンサーリンク

加齢でアトピー・アレルギー

女性ホルモンのエストロゲンの減少と皮脂量の低下は関係して、乾燥肌を激化します。

皮脂量が50代頃になると、20代の頃の半分になります。

アルガンオイル」は皮脂の減少を補充して水分と油分のバランスを保てるようにします。加齢によるインナードライ肌の改善にも、アルガンオイルは乾燥からのトラブルを軽減して毛穴の広がりやシワの原因を防いでくれます。

➡ 50代のインナードライ肌にさっぱりしたアルガンオイルが保湿を高める

100%オーガニックの「アルガンオイル」は肌にとても優しいのが特徴ですが、それは肌と同じ成分のオレイン酸を多く含んでいるので肌にす~と馴染んでいきます

何よりも

アルガンオイル」は抗酸化作用のビタミンEが豊富で、肌の新陳代謝を高めます

加齢で増えるシミ、シワの原因は新陳代謝の低下であり、そのためバリア機能が低下しています。

新陳代謝が低下すると肌のターンオーバーが長くなり、メラニン色素が溜まりシミとなり表面に出てきます。

「アルガンオイル」はエイジングケアに1本は持っていたいですね。

「アルガンオイル」バリア機能を高める

アトピー肌はバリア機能が低下しているので、肌の内部の水分が保持できない状態になり、外部からの刺激でかゆみもでます。

バリア機能を高めるために

「アルガンオイル」を洗顔後に少量皮膚につけて軽くマッサージすると肌が柔らかくなり、その後の化粧水の浸透力がぐっとよくなります。

またブースターとして化粧水と混ぜてつけると化粧水の浸透力がぐ~んと高まります

※アルガンオイルはスキンケア用を使うことです。食料用もありますが、スキンケア用は不純物を取り除いた100%オーガニックのものを使うことです。アトピー肌だけでなく乾燥が気になるエイジングケアとして、1本持っているととても助かります。

関連記事:アトピー改善に酵素風呂効果を自宅でも酵素入浴剤

最後に

アトピー肌で悩んでいる友達も少なくありません。50代になって体質が変わりアトピー肌になる人もいます。

アトピーは体質改善、体の中から変えていくこともとても大切です。

乳酸菌や乳酸菌サプリを摂ることで体質改善できます。

辛いかゆみを抑えたい、寝ている間にかゆくて皮膚を掻きむしっている、そのような悩みを和らげるためには、肌の乾燥を防ぎ皮膚を柔らかく保湿することが大事です。

敏感肌やアトピー肌の方に「オーガニック100%のアルガンオイル」を試してほしいと思います。

2020