老け顔女性の改善に若く見える髪型と老けて見られる髪型

髪型は顔の一部分として最初の印象でも大事です。

老け顔にみられるのがいやで、髪型を変えたら10歳若く見えることもあります。

年齢を感じさせる顔のシワ・シミやたるみなども、髪型でカバーすることができます。

なによりも手間のかからないヘアスタイルを紹介します。

スポンサーリンク

老け顔に見える髪型

髪は顔の一部分ですので、老け顔に見える要因です。

そして

髪型はシミやシワなど年齢をカバーできるほど、見た目年齢を左右します。

服装、体型や姿勢なども老けて見える原因ですが、老け顔に大きく影響するのが髪型と思います。

気をつけたい、老け顔に見える髪型

・トップがペタンとしてボリュームがない

・分け目をはっきりしすぎ

・黒髪で長いストレートヘア

・髪がパサついている

・きっちりし過ぎてまとめている

・ソバージュ系パーマ

・巻きすぎる髪型

などは若い人からも老けて見られます。

逆に

自然にふわ~とした髪型は若々しく見えます。

40代50代になるとナチュラルな雰囲気が上品で魅力的に見えます。

若く見える髪型

髪型も大切ですが、

髪のツヤ、ボリューム感がなくなってくる年齢では、乾燥してパサついた髪は年齢を感じさせます。

若く見える髪型

・ツヤとしっとり感がある

・ボリューム感がある

・清潔感がある

ショートボブ

輪郭をきれいに見せるショートボブは若々しい印象に見えます。

40代50代は、ふんわりとしたボブが若々しく見えます。

丸顔の人には特にぴったりの髪型で、サイドの髪を耳にかけるとさらに若返って見えます。

ミディアムヘア

どのヘアスタイルにも共通で言えることは、ふんわりした感じにすることです。

40代50代は自然なナチュラルな髪型は好感度も上がります。

前髪を流すようにすれば、大人のフェミニンなイメージができます。

ひし形にすると、分け目も目立たない、毛先をはねる感じはスタイリングも簡単です。

ロングヘア

40代、50代前半まで魅力的に感じるのがロングヘアです。

レイヤーでボリューム感を出して、内巻きのゆるめのウェーブは風になびくと、フェミニンさが漂います。

ほどよいボリューム感をだすこと、ツヤのある髪は若々しさをかもし出します。

2020