リンゴ幹細胞エキスの効果でエイジングケア細胞レベルから活性化

「リンゴ幹細胞エキス」はどうしてアンチエイジングに効果があるのでしょうか?

肌老化のメカニズムの解明が進んで、バイオ技術の進歩はスキンケアにも革命的進歩を遂げています。そんな培養技術の発達からできたのが、リンゴ幹細胞エキスです。

リンゴ幹細胞エキスは細胞内に直接働いて、肌の細胞を活性化して肌の組織を再生します。

エイジングケアのコスメとして大変人気が出ています。

リンゴ幹細胞エキスは肌のバランスを崩す、基の細胞の活性化に着目して生まれました。従来のコラーゲンなどのように減少したものを補給するような対処法から、さらに進化した画期的な化粧品の成分です。

スポンサーリンク

「リンゴ幹細胞エキス」は肌細胞を活性化

肌組織の構造でも肌の基底膜というところに表皮幹細胞があります。この場所で表皮細胞を生み出しているところで、表皮のターンオーバーを担っているところでもあります。

加齢で肌の老化が加速するのは、ターンオーバーが乱れたり遅くなることで、それが肌老化の原因です。

細胞活性化とは

若い時は細胞は元気で絶えず活性していますので、ターンオーバーが正常な状態で肌が整っています。

古くなった角質は剥がれ落ち、新しい細胞が生まれて透明感のあるハリのある肌は保たれます。

しかし

皮膚の真皮層の部分にある、線維芽細胞が加齢や紫外線の影響で元気がなくなれば、コラーゲンやエラスチンが失われていきます。このことが原因で肌の弾力やハリが失われ、シワやたるみができてくるのです。

幹細胞コスメとは

皮膚生理学や細胞学の進化で、コスメ業界も大きく進化し続けています。

基底膜にある幹細胞の一種の表皮幹細胞が表皮細胞を作り出し、ターンオーバーの周期に影響します。ここでは真皮層にある線維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成し肌組織を作り出し、この線維芽細胞を生み出しているのは真皮幹細胞です。

肌組織は若々しい健康的な状態に戻ると、長くなっていたターンオーバー(肌の生まれ変わり)を短縮し、シワやしみ、たるみが目立たなくなってきます。

「幹細胞コスメ」である、リンゴ幹細胞エキスは、幹細胞に直接働きかけて肌組織を活性化する次世代のコスメと言えます。

※リンゴ幹細胞、アルガン幹細胞、フコイダン、ピクノジェノール、ソメイヨシノ葉エキス、カミレツ花エキスなど植物幹細胞エキスも種類が多くなりました。

➡ リンゴ幹細胞エキス トライアルおすすめ!!エイジングケアお得サンプル

➡ リンゴ幹細胞エキスの効果!ターンオーバーを正常化アンチエイジングコスメ

肌老化の原因

肌の老化を早める原因は大きく3つあります。

加齢により肌再生力の低下

紫外線による肌細胞の損傷

ストレスにより活性酸素が肌細胞を酸化(老化)させる

女性には、肌バランスのターニングポイントが2度あるそうです。成長期が終わる25才前後と、壮年期に入る45才前後です。この時期はもちろん個人差があります。

加齢を意識する45才前後になると、今までと違いシミ・シワ、たるみが一気に表れ、年を感じ始める時期です。これらは全て、肌バランスの変化によるもので、線維芽細胞の活性が鈍ってくることがその原因です。

外的要因として紫外線や、喫煙、乱れた食生活などによっても持たされます。特に大きく影響されるのが、紫外線と喫煙でとても大きいと言われています。

肌老化の原因は様々ありますが、いずれの場合にも細胞の活性が悪くなること肌バランスが崩れるのです。これが肌老化の根本原因です。

表皮幹細胞が表皮細胞(図を参照)を正常に次から次へと生み出して表皮のターンオーバーを司し、その隣にあるメラノサイト(色素細胞)がメラニンを発生して表皮細胞に受け渡されていきます。

真皮層の大半を占める網状層には線維芽細胞が散らばって存在して、コラーゲン(ハリ)、エラスチン(弾力)、ヒアルロン酸(潤い)などのタンパク質を生み出しています。

真皮の網状層を構成するタンパク質が十分豊富であるならば、ハリと弾力と潤いのある肌を保つことができます。

リンゴ幹細胞エキスは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を再生する働きがあります。

スポンサーリンク

肌老化のメカニズム

真皮層(画像を参照)にタンパク質が十分満たされている状態ですと、反発力や柔軟性でシワはでませんが、真皮層のタンパク質が減少し反発力と柔軟性が失われてくなると、表皮にシワが現れてきます。

これが加齢で加速されて、組織が崩壊し、筋肉の動きとは関係がないシワが刻まれていきます。

肌の反発力と吸収力

皮膚は反発力と吸収力を持っていますが、真皮層のコラーゲンやエラスチンが強く柔軟性があり、ヒアルロン酸が並々と存在していると反発力が強いのでシワがでませんが、それらのタンパク質が減少すれば組織が弱まるのでシワがでてきます。

最初にでる、目尻のシワは老化のサインです。早め早めのお手入れが早く肌を修正するポイントでもあります。

ハリと弾力があり、瑞々しい潤いのある肌を作り出すためには、線維芽細胞を活性化し、弱々しい線維から、太くて力のある繊維状タンパク質を作り出させることがとても重要になってきます。

この太くて力のある繊維状のたんぱく質を作り出せるのが幹細胞エキスです。

ターンオーバーと肌のくすみ

肌のくすみの原因は、ターンオーバーの周期ととても関係しています。

ターンオーバーの周期は年齢と共に長くなっていきます。でも、メラニンは紫外線などから肌を守ろうと変わる事なく生産され続けています。くすみの原因は、表皮細胞内のメラニン濃度が高くなり、肌の透明感が失われていくことです。ターンオーバーが滞り、メラニン濃度が高い状態でいると、基底層の膜内にまでメラニンが入り込み、シミや色素沈着の原因となるのです。

表皮幹細胞を活性化することは、ターンオーバーを正常に促し、キメの整った透明感のある肌を取り戻すことができます。

リンゴ幹細胞エキスはどうやってできるの?

保護認定されているぐらい希少品種の「ウトビラー・スパトラウパー」というリンゴがあります。このリンゴは、スイスで18世紀中頃に長期保存を目的として改良された西洋リンゴの一種です。酸味が強すぎて、食用には向いていないため、需要が少なく、現在では数本しか存在しない絶滅危惧種だそうです。

この需要のない絶滅危惧種リンゴが、収穫後4ケ月経っても腐らずに新鮮な状態を保つ強さがあることが分かりました。腐らない「奇跡のリンゴ」は美容や医療分野で大変注目されました。

リンゴ幹細胞エキスは、研究がすすみ、この腐らないリンゴから抽出されたのです。新しい組織の再生能力を助ける効果があることが研究により確認されました。

幹細胞とは、あらゆる細胞を生み出している細胞の基のことですが、培養を増殖させる技術により、幹細胞だけを取り出して、その成分を化粧品に配合することが可能となったのです。

リンゴ幹細胞エキスには、肌本来の再生能力を助け、肌の老化防止としてアンチエイジング効果が高いのです。化粧品業界ではとても注目度の高い成分です。

年齢を重ねることで幹細胞はどんどん減少していきます。それがシワやたるみなどの肌老化の根本の原因です。幹細胞を元気にする、リンゴ幹細胞エキスは肌が若返り、アンチエイジング効果がとても期待できるのです。

最後に

リンゴ幹細胞エキスは、表皮の幹細胞の栄養となって、弱った細胞を強くします。強く若々しい細胞に再生されると、肌を内側から元気にすることができます。つまりは肌が若返るのです。また幹細胞への紫外線ダメージを防ぐ作用もあるそうです。

エイジングケアとして乾燥、肌荒れ、シミ・シワ、たるみなどの肌の悩みを解決してくれる効果は非常に高いです。

スポンサーリンク
2020