肥満ホルモンと言われるインスリンを分泌させない食事方法

肥満ホルモンとも言われるインスリンは糖質(炭水化物)を摂ると速やかに分泌されますが、糖質をエネルギーに変換する重要なホルモンでもあります。しかし、糖質の摂り過ぎはインスリンによって中性脂肪を溜め込むことも事実です。

大好きなご飯(糖質)を制限する食事は、カロリーを計算しながら食べるより、簡単でダイエットが成功しやすいこと知っていますか?たんぱく質や脂質はいくら食べてもいいのです。

スポンサーリンク

食生活でインスリン分泌を抑えるには

糖質は最も効率よくエネルギーを変換する栄養ですが、体で必要なエネルギーよりも多く摂取すれば、余ったぶどう糖は肝臓でグリコーゲンに変換され、肝臓や筋肉に蓄えられます。それでもまだぶどう糖が余っていると、インスリンによって中性脂肪に変換され脂肪細胞に溜まっていくので、それが太る原因です。

糖質オフにすると血中のブドウ糖が減り、血糖値が上昇しなくなる、血糖値が上がらなければインスリンは分泌されません。

ダイエットするには糖質カットが望ましいのはそのためです。糖質を取らなければ、エネルギー不足になり、蓄えられている中性脂肪やグリコーゲンがエネルギーとして使われていきます。そうすると蓄えられていた中性脂肪が減っていき痩せる(ダイエット)ことができるのです。

ご飯大好きの人、うどんやパンが好きな人が、これらの糖質を、急に摂らない生活は難しいですが、挑戦する価値は十分にあります!

関連記事:干し芋の糖質が心配?でも意外ダイエット中オススメのスイーツ!

ダイエットを成功させるには肥満ホルモンをださない

さあ、どのような食生活ならできますか?

ダイエットは脂肪をため込まないことです。今溜め込んでいる脂肪をエネルギーとして使うことです。

まず

ストレスにならないように好きなだけ食べること糖質以外の食べ物を。

インスリンの分泌を促すのは糖質だけです。たんぱく質や脂質は食べたいだけ食べてもインスリンは分泌されません。

ステーキなどお肉類、トロ、チーズなど糖質以外は気にせず食べてもOKなのです。

今までカロリー計算をしてダイエットをしていた人も、カロリー計算は必要なくなります。とにかく糖質を摂らなければいいのです。

うれいしいことに、意外とすぐに効果がでます!体重は糖質制限の方が目に見えて減っていきます。

好きなだけ食べて、お腹が満足すれば、ストレスにはなりません。

関連記事:麹菌酵素は消化酵素がたっぷり効率的に摂れてすっきりしたい方に!

インスリンを出さない食べ方

糖質制限をすることでインスリンの分泌を抑えて脂肪を溜めないようにすることが、ダイエットの早道ではと思います。

◎すぐに大きな効果を得たい人は「スーパー糖質制限」として徹底して糖質を摂らない

◎「スタンダード糖質制限」としてはいつもより糖質の量を半分に減らす

◎「プチ糖質制限」は夜だけ糖質は摂らない

糖質を摂らない、少しの我慢でインスリンの分泌を抑えれば脂肪を溜め込まないのです。糖質の代わりに、タンパク質や脂質は好きなだけ、気にせず食べてください。

さあ、きょうから試すとしたら、夜の食事から糖質は摂らない!ここから始めてみてはどうでしょうか。

※言霊のように自分に言い聞かせます。」インスリンが多く出ると血糖値が上がり、中性脂肪になる」「糖質以外は食べたいだけ食べられる」

お肉の好きな人は食べたいだけ、お魚もチーズも満腹になるまで食べられます。もちろん野菜もたっぷり食べてください。

スポンサーリンク

果糖に注意!中性脂肪が増える!

以前は果糖は食後の血糖値を上昇させないとされていたのですが、最近の比較研究では、果糖の方が内臓脂肪を増やすことが確認されました。過剰摂取はよくありません。

果物は普通に適量を食べていれば問題ないですね。

果物には果糖が豊富に含まれていますが、吸収されずに血中に行かず、肝臓で代謝されるので血糖値を上げないとされていましたが、摂り過ぎはリスクがあることがわかってきています。

関連記事:グルテンフリー生活は思っているより簡単!アレルギーやダイエット効果!

果糖はブドウ糖の10倍老化を早める?

果糖がたくさん入っているシロップなどの摂り過ぎはよくないですね。

肝臓で代謝された果糖は中性脂肪を増やして、脂肪肝や肥満をもたらすそうです。果糖の一部が血中に流れてAGEsとなり、肌のくすみや加齢を促進するそうです。

果物も適量を食べることです。普通の量を食べていれば問題はないと思います。ダイエットで果物ばかり食べていると、これも脂肪を増やすことになるようです。

GI値が高いくだもの:

パイナップル(GI値65)
黄桃(GI値63)
スイカ(GI値60)
バナナ(GI値55)
巨峰(GI値50)
メロン(GI値41)
リンゴ(GI値39)
サクランボ(GI値37)

などが、GI値が高いですが、普通に食べていればGI値はそれほど気にすることはないと思います。

関連記事:難消化性デキストリンの効果的な飲み方は?血糖値の上昇を抑える

まとめ

インスリンは、糖質を摂るとすぐに分泌され、糖質をエネルギーに変えるのですが、太るのは糖質の過剰摂取です。

肥満につながるのは、糖質の摂取量が必要なエネルギーよりも多かった場合です。余ったものは脂肪細胞に溜められて、その結果が太るということになります。

肥満のメカニズムは、インスリンが脂肪を蓄積します。そしてインスリンを大量に分泌させるのは糖質(炭水化物)のみです。たんぱく質や脂質はいくら食べてもインスリンは分泌されません。

関連記事:あしたば(明日葉)や乳酸菌配合青汁は脂肪燃焼効果があるその成分とは?

はじめから糖質オフの食生活は難しいですね。はじめは1日3食、糖質を食べたいのであれば、今までより少なくすることです。回数と摂り過ぎが肥満になるのです。

インスリンを出さないために、脂質やたんぱく質をたくさん食べてください。血糖値は上がりません。よって脂肪を体内にため込みません。

2020