食欲とホルモンの関係レプチンとグレリン!ダイエットが自然に

食欲を我慢するダイエットは食べたい欲に負けてしまってほとんどの人はダイエットに失敗します。

実は「レプチン」「グレリン」「セロトニン」のホルモンが食欲と深く関係しています。食欲を自然に抑えるレプチンサプリもとても効果的です。

理由がわかるだけでもダイエットにとても役にたつと思います。

さて食欲とホルモンは深い関係があります。今回は2つのホルモンの関係と食欲の発生とのメカニズムを調べてみました。

スポンサーリンク

食欲をコントロールするホルモンとは?

ホルモンの影響を知って食欲をコントロールできるとしたら興味ありませんか?食欲とうまくつき合っていくために、食欲が発生するメカニズムを知ることも必要です。

今回は食欲をコントロールするホルモンの特徴を理解したいと思います。

「レプチン」「グレリン」「セロトニン」のホルモンは食欲を抑えたり、食欲を増したりなどホルモンと食欲は深い関係があります。

この3つのホルモンが食欲をどのようにコントロールするのでしょうか?

中年女性のお腹周りの脂肪がこのスープでスッキリ!

50代女性お腹ぽっこり解消法!あっこれだ!【中年女性必見】あなたにもできる

レプチンとグレリンの2つのホルモンの関係

食欲を調整するホルモンとして「レプチン」「グレリン」があります。この2つのホルモンがうまくバランスが取れると食欲とうまく付き合っていけるのですが、それぞれの働きを知るとで理解していきましょう。

「レプチン」というのは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、脳の視床下部にある満腹中枢が刺激されて満腹を感じるようになります。

たっぷりと食べた後に満腹になりましたとサインがきても遅いと思いませんか?腹8分目ぐらいに満腹サインが働けば食べ過ぎを防いでくれます。

こちらの記事も参考にしてください。

「レプチンサプリの効果で食べたい気持ちがこんなに減少!自然にダイエット」

やせ薬としても期待されているのが「レプチン」ですが、ゆっくりと噛んで時間をかけて少しずつ食べていると満腹ホルモンがでて少しの量でもお腹がいっぱいになることありますねこれがレプチンの働きだったのです。

早食いが太るのはレプチンからのサインがお腹一杯になってからですので、すでに遅しですね。

問題はレプチンから満腹サインがたくさん出ていても受け取ることができないために食べ続けて太るという仕組みもあるようです。超肥満の人がこの問題です。

「グレリン」はレプチンが減ってくると「グレリン」が作用して食欲が増してきます。

本来は空腹でエネルギーが不足してくると「グレリン」がエネルギー補充のために分泌されるホルモンで、胃から分泌され脳の視床下部に働きかけます。

「レプチン」が出ると食欲が抑えられ「グレリン」が出ると食欲が増すということになります。

「レプチン」の働きを鈍らせないようにすることがポイントですが、困ったことにレプチンは体脂肪が多いと鈍くなって、うまくレプチンのホルモンが働かないようです。

もう一つ困ったことにダイエットが上手くいったとしてもリバウンドすることが多いのも、これもレプチンとグレリンが大きく影響しています。

痩せて体脂肪が減ってもレプチンの感度が戻るまでタイムラグがあり、食欲が抑えられずつい食べてしまいリバウンドするというわけです。

関連記事:女性の体脂肪の減らし方

スポンサーリンク

レプチンとグレリンをコントロールするには

レプチンとグレリンをうまく働かすには

◎生活習慣を規則正しく

◎睡眠もきちっと取る

◎ストレスをため込まない

などが大きなカギとなることがわかってきました。

なかなか痩せられないなら・・今注目のダイエットサプリがこれ!!

アフリカンマンゴーの種子に含まれるエキスが「レプチン」と呼ばれるホルモンの働きを活性化します。 「レプチン」は脳の満腹中枢に働きかけ食べ過ぎを自然に抑制します。

詳しくはこちら➡ アフリカンマンゴー&ベリーダイエットサプリ!『フルベリ』

満腹感と関係する「セロトニン」

セロトニンは神経伝達物質に作用して精神を安定させる役割がありますが、このセロトニンは精神安定作用と食欲コントロール作用も持っているそうです。

精神が不安定であったり、ストレスがたまると食に走ることありますね。甘いものや肉類を食べると気持ちが落ち着いてくるという体験もあると思います。

女性の方が男性よりもセロトニンが枯渇状態になり情緒不安定になりやすく、甘いものを食べる傾向があります。

食べることで気を紛らわすのではなく、リラックスする習慣をつける自分にあったストレス解消法や気分転換を見つけることでセロトニン分泌が増加して過食をふせぐようです。

運動であればウォーキングやジョギング、首を回す体操もよいようです。

なによりもリラックスできるのはお風呂にゆっくり浸かることではないでしょうか?また香りも精神を安定させる作用があるのでアロマの香りのラベンダー、ローマンカモミール、マジョラムなどがリラックス作用が高いようです。

関連記事:自律神経が乱れるとなぜ太るの?

血糖値との関係がインシュリン

ダイエットに関係するホルモンとしてよく知られるのがインシュリン(インスリン)です。これはホルモンの1種で膵臓から体内に分泌されます。

インシュリンは糖質の代謝を調整するホルモンですので糖質を摂取することで血糖値が上がり、ブドウ糖などに分解されたり筋肉にも使われますが、余った糖質はインシュリンによって脂肪に変換され体に蓄えられます。

ご飯やパンなど炭水化物などの糖質は、血糖値が急激に上がり、インシュリンが大量に分泌され各細胞に糖をエネルギー源として送りますが、余ったものは脂肪細胞の中に蓄えられて体脂肪となります。

低インシュリンダイエットは血糖値が上昇しにくい食べ物(GI値の低い食べ物)に置き換えると糖が脂肪細胞に行かなくなるので太りにくくなるというものです。カロリーは気にしませんがきちっと食物繊維が多い物を選んだり、バランスの摂れた食事は大切です。

2020