善玉菌を増やすオリゴ糖の選び方で便秘最強の改善方法とは

オリゴ糖は便秘解消には即効効果があり、辛い便秘で悩んでいる方が「もう手放せない」というぐらいにオリゴ糖が効果的に便秘解消にいいのですが、オリゴ糖は体内の善玉菌であるビフィズス菌をサポートする役割は大きく、加齢とともに減少するビフィズス菌の働きを補うことで腸内環境を整え、体の中からきれいにして便秘も解消します。使い方も砂糖の代わりですからとりやすいと思います。

スポンサーリンク

オリゴ糖もいろいろありますので、便秘に効かないものもあると思います。

そんなオリゴ糖を選ぶ時のポイントなども紹介します。

理想的な腸内フローラを作り便秘を知らない体作りにはオリゴ糖は砂糖の代わりに摂るといいでしょう。

オリゴ糖の選び方 どうしてオリゴ糖が便秘にいいの?

「オリゴ糖」と聞くとシロップ状の甘いものを想像する方がほとんどと思いますが、
シロップ状は甘味料としての物であり、それには、オリゴ糖は30%くらいしか含まれていないそうです。

オリゴ糖を選ぶポイントとして複数のオリゴ糖が入っていることです。複数のオリゴ糖では単一成分のオリゴ糖以上にパワーがあるため効果を実感できると思います。

スーパーなどでオリゴ糖を手にして原材料を確認してから購入するといいと思います。

スーパーなどではあまり見かけない粉末のものがありますが、それらは複数のオリゴ糖が入っています。使っていると違いが判りますので、シロップ上のオリゴ糖と実際に比べてみるといいと思います。

自然由来の素材から抽出した高純度・高品質なナチュラルオリゴ糖が一番効果的と思います。

関連記事:善玉菌のエサとなるオリゴ糖の役割と簡単便秘解消法

善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌を活性化するオリゴ糖

便秘も生活習慣が影響していますし、それが腸内環境にも影響して便秘になります。女性に便秘症が多いですが、腸内環境を改善するのにいいものの一つにオリゴ糖があります。

高純度のオリゴ糖は人の消化管内で大部分は消化酵素に分解されず、吸収されず大腸まで到達します。ここが大切なポイントです。

オリゴ糖が腸まで届くと、善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌のエサとなり、その結果、善玉菌が増えて腸内環境が善玉菌優勢の状態になること、すなわちはお腹の調子も快適な状態になります。

ビフィズス菌にもオリゴ糖の好みがあるようで、それぞれのビフィズス菌のエサになる、最適な難消化性高純度オリゴ糖を選ぶことです。これが腸内の善玉菌に効率よく働き、すっきり感を実感できると思います。

便が硬い、ニオイがあるなど、すっきりとした快便を望んでいる方にはオリゴ糖でスッキリ快調感を感じられると思います。

無理なく自然にスッキリするオリゴ糖にカイテキオリゴが大人気です。そしてオリゴ糖に全額返金保証がついているとは・・

詳しい情報はこちらから➡ カイテキオリゴ

オリゴ糖の特徴

オリゴ糖はビフィズス菌に作用して善玉菌を増殖する働きがあります。その結果は整腸作用免疫力アップにもつながります。

砂糖から比べるとオリゴ糖はカロリーも低く、さっぱりとした甘みでヘルシーな甘味料です。

砂糖の甘さになれていると物足りなさを感じるかもしれませんが、便秘がすっきりして、腸内環境を整えてくれるのですから、朝のコーヒーや飲み物に1杯はオリゴ糖を入れて飲む習慣にすればいいわけですね。

即効性もあり、朝が超スッキリできれば、オリゴ糖が手放せられなくなります。

オリゴ糖で悩みの便秘解消ができれば、気持ちもスッキリして万々歳です。

自然食品で安心ですし、くせがないので飲み物に入れて毎日飽きずに飲みやすいと思います。

複数のオリゴ糖が材料のものを選ぶこと➡ カイテキオリゴはおすすめします!

まとめ

オリゴ糖として売られているものの中には、シロップ上のものが多く、それらには実際にはオリゴ糖が30%ほどしか入っていないものが多いそうです。買う時には材料の確認をしてオリゴ糖を購入するといいと思います。

便秘解消が目的でオリゴ糖を買うのですから効果がないと意味がありません。

また便秘解消だけでなく、腸内環境を整えることで免疫力アップの効果もあるのです。便秘症は腸内環境がよくなく、悪玉菌が優勢の腸ということを自覚すること、そうすれば腸内環境を善玉菌優勢の腸にしようと思うでしょう、その一つの方法としてオリゴ糖を砂糖の代わりに使うこと、簡単ですよね。

2020