干し芋の糖質が心配?でも意外ダイエット中オススメのスイーツ!

干し芋はむかしからある、日本の手作りのスイーツです。さつまいもを蒸してから皮をむいて薄く切って天日で乾燥させると、甘味がましてもっちりとおいしいのです。

ダイエット中や糖質制限をしている人も、昔からの和のスイーツの干し芋は食物繊維やミネラル・ビタミン類が豊富で甘いものが欲しくなった時におすすめです。

干しイモはマーケットでも売っていますが、家庭でも簡単に作れて、干しイモの栄養価は高く、食物繊維が多いこともあり、ダイエット中のスイーツにはおすすめできます。糖質の心配はあっても、繊維質が多いことでGI値は低め、ミネラル・ビタミンが豊富なのでそちらの効果の方が大きいと思います。

スポンサーリンク

糖質の干し芋でなぜダイエットできる?

ほし芋の作り方は簡単なので後ほど説明しますが、サツマイモは炭水化物(糖質)ですので、糖質カットダイエットしている人にはGI値が気になりますよね。

ところがさつまいもは食物繊維も多いため、糖の吸収速度もゆっくりになりGI値は低めになります。ジャガイモ(GI値83)に対してサツマイモ(GI値63)、干しイモにすると食べる時、もっちり感があり、飲み物と一緒に食べると腹持ちがよくなるので満足感があります。

関連記事サラシアの効果的な飲み方で満足度大!血糖値の予防と改善さらに美肌効果まで

さつまいもを干すことで栄養もうまみも増す!

フルーツや野菜を天日で乾燥させると、うまみも栄養も凝縮されます。

干し野菜を家庭で楽しんでいる方も多いと思いますが、切り干し大根や干ししいたけ、ドライトマトなども簡単ですね。干しイモもおすすめです!

サツマイモも天日して、干しイモスイーツで楽しんでください。簡単に自宅でできる栄養豊富なスイーツです。美味しすぎてパクパク食べ過ぎないでね。

サツマイモ不溶性食物繊維便秘解消に効果的です。サツマイモにはヤラピンという成分が含まれていて腸の蠕動運動をサポートしますが、干しイモにすることで水分が飛び、繊維質が凝縮するのです。

栄養ではビタミンとミネラルが豊富です。

ビタミンでは特に、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンE、葉酸、パントテン酸、ビオチンの成分が高いです。

ミネラルでは特に、カリウム、カルシウム、マグネシウム、銅、マンガン、モリブデンなどの成分が高いです。

関連記事麹菌酵素は消化酵素がたっぷり効率的に摂れてすっきりしたい方に!

干しイモ作ろう!完全無添加

50代なら子供の時に、秋になると干しイモ食べていた世代と思います。現代もオフィスでは若い女性も干しイモはスイーツとして人気があるそうです。

サツマイモを圧力なべで作るのが時間もかからず簡単です。圧力なべがない方は炊飯ジャーでもできます。

スポンサーリンク

干しイモの作り方

さつまいも 2~3個

圧力なべ

1.あまり太いのは蒸し時間も長くなるので5~6㎝ぐらいのサイズのものを洗って圧力なべに入れる。(水を1㎝ほど入れる)圧がかかって7分前後(サイズで調整)火を止めてそのまま圧が取れるまで待つ

2.取り出して、皮をむき、5㎜ぐらいに切る

3.網の上に並べて天日干し(注:3日ぐらいで乾燥させないとカビが生えてきます)

4.天日干ししながら食べてしまうほど、甘味があり、持っちりして腹持ちがよい、絶品の和のスイーツです。

写真はオレンジ色のレッドヤム(red yam)で作りました。乾燥すると絵の具を塗ったような色になりますが、ポリフェノールが豊富です。(皮にもポリフェノールがたくさん含まれていますがぼそぼそして食べずらいので皮をむいて乾燥させています。)

スポンサーリンク
2020