天然セラミドの進化!ヒト型セラミドとの違いは?保湿力と浸透力は?

今や知らない人がいないほどエイジングケア成分のセラミドですが、人気の「ヒト型セラミド」と「天然セラミド」など種類はいろいろあります。

エイジングケア化粧品として、サプリとして、保湿力が高いことで安定した支持率があります。

セラミドも進化していますので、最近の傾向について調べてみました。

セラミドの種類について

化粧水や美容液に配合されているセラミドの多くは「天然セラミド」と「ヒト型セラミド」が保湿力や浸透力に優れていると思いますので、この2つを取り上げます。

「ヒト型セラミド」は合成由来のセラミドに対して、「天然セラミド」は天然由来のセラミドと分類できます。天然由来としても動物性由来と植物性由来があります。今回は植物性由来の天然セラミドについて説明します。※合成由来のなかでもヒト型と合成と2種類ありますが今回はヒト型セラミドを対象とします。

ヒト型セラミドと天然(植物)セラミドについて

ヒト型セラミドと天然セラミドともに、保湿力や浸透力が優れていて、敏感肌などにも刺激が少ないのが特徴です。

「ヒト型セラミド」は人とほぼ同等の構造をもつもので、成分表示はセラミド1、セラミド2、セラミド3など、セラミドの後ろに数字があるのはヒト型セラミドと思っていいと思います。

「天然セラミド」は自然界に存在するものです。米、こんにゃく、とうもろこし、パイナップル、小麦、麹菌などにあり、成分表示は植物性セラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質など

セラミドといえば、やっぱり「ヒト型セラミド」がいいでしょう、と考えがちですが、最近は研究がすすみ、植物セラミドヒト型セラミドと同じように保湿力や浸透力が優れていることがわかってきています。

敏感肌やアトピー肌にも安心して保湿ができるセラミドが必要です。

天然セラミドトライル

「こんにゃくセラミド」植物セラミド

セラミドと言えば、ヒト型セラミドが主流でしたが最近は天然セラミドにも注目が集まっています。植物セラミドの中でもこんにゃくのセラミドは米や小麦の7~15倍ものセラミドが含まれています。

こんにゃくのぷりぷり感がセラミド?などと想像しそうですが・・

もっと詳しく➡こんにゃくセラミド

さて、加齢で肌質が変化するのは確かで、肌のトラブルで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

敏感肌、大人ニキビ、アトピー肌、ガサガサ肌、部分的脂性など変化する肌ですが、刺激を極力抑えたい肌の人には、こんにゃくセラミドの化粧品は刺激が少なく、それでいて保湿効果で肌が潤うとトラブルも解消するのではないでしょうか?

こんにゃくセラミドに、マイナスイオン水(ニトロゾン水)を採用して、肌への浸透性に優れ、肌を中から潤す特徴があり、無添加製法のため敏感肌にもおすすめできます。

トライアルセットを試す➡ 自然派化粧品「モーニュ」の購入はこちら

「米ぬか発酵エキスセラミド」水溶性コメセラミド

日本盛の【米ぬか美人NS-Kシリーズ】は、様々な肌の悩みを抱える女性のために、お酒の老舗が丁寧に作り上げた【自然派スキンケア】です。

アミノ酸を豊富に含む、日本盛オリジナルの「つや肌酵母」、ビタミン・ミネラルたっぷりの「米ぬかエキス」「コメ発酵液」を配合。やさしい使い心地でしっかりうるおす自然派スキンケアです。

スペシャルお試しセット トートバッグセット

約7日間 1,200円(税込/送料無料)

お試しセット➡ 【日本盛】米ぬか美人スペシャルセット

最後に

肌のトラブルは保湿がカギと思います。化粧品もサプリもセラミドは安定して人気があります。

潤う肌になることはバリア機能が正常になり、乱れがちのターンオーバーも正常になっていることでしょう。

植物由来のセラミド、こんにゃく、米ぬか、パイナップルの注目されている天然セラミドを紹介しました。

2020