50代乾燥肌の基礎化粧品オールインワンおすすめ

50代、60代の肌は乾燥、しみ、たるみなど年齢とともに症状が深刻になっていきます。

肌のトラブルや肌老化の悩みの多くを改善したい、オールインワン化粧品で望むことは、保湿力や美白効果が同時にできる成分が配合されている化粧品を選ぶことです。

50代、60代のための基礎化粧品オールインワン化粧品を紹介します。

50代オールインワン基礎化粧品選び方

年齢肌を改善するオールインワン化粧品は、乾燥肌を克服、くすみ、シミ・シワ、たるみなどの悩みを軽減したいのです。

紫外線によるシミの増加

ターンオーバーの乱れにより角質がたまりくすみやシミに

保湿力低下で小じわやほうれい線が深くなる

40代から急激に潤い成分が減少しますが、プラス、たるみやシミが増えてくる50代、60代の悩みを解消するには

・潤いを補う成分

・シミやくすみの予防や改善

どうしても

この2点が改善するオールインワンの成分はとても重要です。

■50代、60代に有効な成分は

美白効果のあるアルプチン・・コケモモ、ウワウルシ等の植物にも含まれる天然型フェノール性

肌荒れ防止のトラネキサム酸 ・・アミノ酸の一種で医療では止血剤・抗炎症剤として有名な成分

ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)・・赤ちゃんの肌のもっちもちはベビーコラーゲンが満たされているからです。

肌の新陳代謝を高めるヒアルロン酸・・血行が悪いと肌のターンオーバーも乱れ長くなる

真皮性の小じわは、真皮の中でハリを保つコラーゲン、潤いを保つエラスチンが減少するのが原因です。

50代、60代になると体質が変わり、敏感肌になったり、アレルギーがでたりと肌質も変化しますので、オールインワンのシンプルケアで刺激の少ない化粧品を選ぶのもポイントです。

50代のための基礎化粧品オールインワン

パーフェクトワン 美白と保湿

美白と保湿が1つで可能な「パーフェクトワン」は、オールインワンスキンケアの国内売り上げがNo.1の人気のオールインワンです。

どうしてこんなに人気があるのでしょうか?

美白成分と保湿成分がポイント

トラネキサム酸アルブチンの美白成分に加えて、甘草エキスや複合型リフティングコラーゲンEXと言われる新日本製薬が開発した、7種類のコラーゲンを組み合わせたものが、美白と保湿を一緒にできるオールインワンが誕生しました。

特に注目したいのがベビーコラーゲンです。ベビーコラーゲンとは?

美白

アルブチントラネキサム酸のダブルの美白有効成分がシミに効果的にアプローチ、美白オールインワンでこれらの効果の高い成分を配合しているオールインワン美容液はまれです。

潤いとハリ

7種のコラーゲン(複合型リフティングコラーゲンEX)やダブルの甘草エキス(甘草抽出液と甘草フラボノイド)を主要成分として、ホワイトニングジェルには紫根エキス、ヨクイニンエキスなど55種類の保湿成分が配合されています。またモイスチャージェルにはヒアルロン酸、セラミド、和漢植物エキスなど50種類以上が配合、継続しているほどに潤いのある、くすみのない肌に変化していきます。

⇒浸透力の高さ

角質層の潤いの通り道を広げて美白成分が肌の奥まで浸透します。

もっと詳しく➡ W美白成分配合「パーフェクトワン」薬用 ホワイトニングジェル

シミができやすくなる原因に、バリア機能の乱れとターンオーバー(肌の生まれ変わり)の長さが関係します。正常な肌になることで紫外線のダメージを受けにくい肌を作っていきます。

ハリと潤い肌派に(モイスチャージェル)

通常価格3,800円 →50%OFF 1,900円(税込2,052円/送料無料)

潤いと美白に(薬用ホワイトニングジェル)

通常価格4,500円 → 50%OFF 2,250円(税込2,430円/送料無料)

➡ パーフェクトワン新日本製薬 公式ページを見る

関連記事: 発酵酵母化粧品のランキング

最後に

50代になると肌トラブルの大きな原因が水分量です。

水分量が減少して乾燥肌になると、ターンオーバーが長く、バリア機能が低下しますが、潤い成分を補給することでふっくらとした、ハリのある肌が戻ってきます。ターンオーバーが正常になるとくすみも取れてきます。

2020