天然保湿成分とは?減少した肌年齢にエイジングケアとして

天然保湿成分は肌年齢におすすめ!それは乾燥小じわが目立ってくる時、ハリを取り戻すための保水力のパワーがあるからです。

天然保湿成分(NMF)は肌に優しく、複数のアミノ酸成分を多く含んでいます。加齢で天然保湿成分は減少しますが、補うことで赤ちゃんのような潤う肌が戻ってきます。

スポンサーリンク

天然保湿成分とは

肌が本来持っている天然の保湿成分NMF(天然保湿因子)は、もともとが肌の角質細胞内にある成分で、角層の水分を守っている保湿物質の1つです。

NMF(Natural Moisturizing Factor)は水分を取りこむ吸湿性と、水分を抱え込む保湿性に優れた成分です。空気中や真皮にある水分を自然に取り込んで角層に潤いを与える働きをします。

が、

生まれたばかりの赤ちゃんのような潤いのある肌には天然保湿成分がたっぷり、でも加齢とともに減少していきますので、外から補う必要がでてきます。

天然保湿因子NMFは水分を引きつける

NMFは単一の成分を指すのではなく、ヒトがもともと持っている保湿成分で、アミノ酸やミネラルなど、水となじみがよく水分を抱え込む性質がある成分です。

実は

肌が生まれ変わるターンオーバーとも関係しています。

ターンオーバーがスムーズに行われていると、NMFも一定量あり肌が常に潤った状態を保つことができるため、加齢など乾燥した肌もターンオーバーが正常であれば、潤いのある健やかな肌状態になっているはずです。

天然保湿因子NMFを減少させる原因

ターンオーバーが正常であれば古い角質は垢となり剥がれていきますが、ターンオーバーが長くなると古い角質が肌表面に溜まります。

加齢や疲れ、睡眠不足、栄養不足など、肌はすぐに影響を受けます。

また

間違ったスキンケアもNMFを減少させます。

・洗浄力の強いメイク落としや洗顔

・強い摩擦で肌を刺激する

・生活習慣の乱れ

・栄養バランスの乱れ

・ストレス

このようなことも、NMFの流出を促します。

天然保湿因子NMFを補う

加齢で天然保湿因子が減少しますが、補えばいいのです。

つまりは肌の保湿を補うこと

天然保湿成分は角質層になる保湿やバリア機能を担う大切な成分です!

NMFは50%ほどは複数のアミノ酸成分ですが他に、乳酸塩、尿素、ミネラルなども含まれています。

加齢、冬の乾燥肌、アトピー性皮膚炎、老人性乾皮症などもNMFの成分であるアミノ酸が減って角質層の水分が減ってしまうこともわかっています。

潤いのある肌はたんぱく質(アミノ酸)が約20%ほどで保水力が備わっているそうです。年齢を重ねてくると、必要なたんぱく質が50%も減るそうで、そのことが様々な肌トラブルの原因になっています。

天然保湿成分のこうじエキス

日本人になじみ深い「こうじ」ですが、天然保湿成分として乾燥小じわや潤いに定評があります。また「こうじ」は美白やシミにも効果があるのはご存知と思います。

日本酒を造る女性の杜氏の潤った肌やきめ細やかな肌はまさしく毎日、麹を触っているからこそ美しい肌を保っています。

麹パウダーは日本でも販売されていますが、アメリカでもKojic Acidとして販売しています。

最後に

加齢で乾燥肌がひどくなり、アトピー肌になることもあります。刺激の少ない天然保湿成分で肌のお手入れをすることで、潤いが戻ってきます。

手作り化粧品で、添加物のない安心な自分で作るローションは簡単に作れます。

2020