50代やっぱり下地がいるミネラルファンデーションもっと毛穴が目立たない!

いろいろな肌のトラブルが出てくる更年期50代女性、ファンデーションを選ぶ時に迷うことがあると思います。

隠したいシミや凹凸がしっかりカバーできれば、そして肌への負担は少なく・・

肌質が変わる50代のファンデ選びは、塗ってトラブルを助長しないように、肌への刺激が少ないミネラルファンデーションを選ぶのがポイントです。

やっぱり下地や日焼け止めを使用したくなるのですが・・

下地を使うのなら、選ぶのはやっぱりこれ! 厚塗り感がなく毛穴がまったく消える!

スポンサーリンク

50代はミネラルファンデーション

今まで肌トラブルがあまりない人も、50代になるとホルモンバランスなどの影響で乾燥肌になったり、吹き出物がでてきたりなど、肌質の変化に悩みます。

そして加齢で、乾燥、シミ・そばかす、たるみ、毛穴の開きなどが気になってきます。

今まで使っていたファンデーションが肌のトラブルを助長していることが多くあります。

ファンデーションも、刺激が少ないミネラルファンデーションはおすすめです。

ファンデーションの仕上がりやカバー力

肌への負担を避けるために刺激が少ない物紫外線対策ができるもの、仕上がりがごてごてせずに自然な感じに見えることが、50代のファンデーション選びのポイントと思います。

◎紫外線対策は絶対大切!外からの肌老化の一番の原因です。

◎添加物が多いファンデーションは選ばない

シミや毛穴が隠れ、自然なメイクの仕上がりになる

ミネラルファンデーションでキレイな肌に見えるために、基本の化粧品や、内側から美肌・美白効果の高いサプリメントを並行して摂ることで、相乗効果はしっかり実感します。

50代ミネラルファンデをおすすめするワケ

年齢を重ねてくると肌質も変化して、敏感肌になり大人ニキビがでたり、もちろん乾燥肌が一番のトラブルの原因です。

ミネラルファンデーションは肌質が変わり敏感肌になる年齢にはお勧めします。

ミネラルファンデーションは無添加で刺激が少なく、紫外線対策と、自然な透明感のある仕上がりになります。

関連記事:ミネラルファンデーションの使い方のポイント

ミネラルファンデーションは肌に優しい

ミネラルファンデーションは余計な成分を使用しない、ミネラル(鉱物)が主な原料です。

そのため、敏感肌などで肌荒れを起こすリスクや、肌への負担を極力かからないような成分が使用されています。

成分はミネラルと天然保湿成分だけ・・成分表示を確認すること

日焼け止め・・SPF20/PA++が最低ライン

無添加・・ミネラル化粧品でも合成ポリマーや防腐剤が使用しているのは避けるべき

天然保湿成分と無添加で潤いが続きます。

スポンサーリンク

カバー力や化粧持ちをアップ

敏感肌になり肌への負担を軽減するためにミネラルファンデーションはおすすめですが、カバー力や化粧持ちをアップしたい人は下地クリームはつけたほうがいいです。

50代は下地とミネラルファンデーションを使用

どんなに刺激が少ないミネラルファンデをつけても、物足りない、シミや毛穴のカバーをもっとできたら・・

そんな時は

下地をつけると驚きのカバー力です

おすすめしたい下地は「シルキーカバーオイルブロック」です。

この下地を使った時は、刺激が一番少ないパウダーのミネラルファンデで自然できれいに仕上がります。

厚塗り感はまったくなく、オーバーではなく本当に陶器肌を実現できますよ。

浮かない、崩れにくい、何より肌の質感や触感が違いますよ。

なぜかというと

プラセンタエキスなどの、潤い成分がたっぷり配合されているから、カバーしながら肌も潤うのですね。

こんなに肌がきれいになるとは嬉しい限りの仕上がりです。

下地をつけるとクレンジングが必要

ミネラルファンデーションはクレンジングは不要と言われますが、でもクレンジングでスッキリさせたいです。肌への負担が極力少ないクレンジングを使いましょう。

下地をつけても、ミネラルファンデーションだけでも、やっぱりクレンジングを使うと肌の透明感が違います。

2020