シミやシワ・たるみの原因は紫外線!光老化の正しいUV対策のポイント

肌のダメージの原因は、紫外線の影響が80%を占めるほど、太陽の影響が「光老化=肌老化」ですので肌にとっては深刻です。

紫外線が大きく影響するシミ・シワ・たるみの原因の「光老化」について理解すると予防や対策がしっかりできます。

紫外線対策は1年を通して大切ですが、特に春からしっかり対策することで肌年齢は大きく変わってきます。

太陽光は、ビタミンDの生成や生体リズムの調整など、生物や自然の営みには欠かせない存在です。

でも

無防備で野ざらしの肌へのダメージは大きいです。

肌老化を防ぐための紫外線対策は美肌を守るために必要になってきます。

スポンサーリンク

シミやシワの原因は紫外線

肌にとって紫外線に注意するのは夏だけではありません。

1年を通して紫外線対策をしている人は、シミ・シワ・たるみになりにくいです。

漁師さんが深いシワができるのは、無防備に太陽光を長く浴び続けていることが原因です。

著しく皮膚の老化がすすみ、シミ、シワが深くなり、皮膚がんになることも多いそうです。

若い時の日焼けした肌は魅力的ですが、40代を過ぎた頃から肌トラブルは避けられません。

紫外線は光老化に最も大きな影響を与えています。

光老化とは

太陽光線は紫外線(UV)、可視光線、赤外線の3つに分類されます。

紫外線はUVA、UVBがあり、波長が長いほど皮膚の奥に入り込む性質があります。

光老化は肌のくすみ、ハリ、しみ、しわ、たるみといった現象を起こします。

■しみ発生のしくみ

表皮では、UVBの影響で、過剰に日焼けをするとメラニンが大量に作られて表皮細胞内にたまり、しみの原因となります。

しわ・たるみ発生のしくみ

真皮では、コラーゲンやエラスチンが張り巡っています。肌のハリや弾力が保たれますが、UVAや近赤外線を浴び続けると、コラーゲンやエラスチンがダメージを受け本来の機能を失い、皮下組織の支えも弱体して、その結果、しみやたるみが生じます。

紫外線は皮膚を老化させますが、健康維持に大切な役割があり、太陽光線を1日20分浴びることで、ビタミンDが皮膚で生成されます。

スポンサーリンク

紫外線UV対策の重要さ

2017年東京UVインデックス(気象庁の年間推移)

年齢と共に表面化するシミ、シワ、たるみは、若い時から浴びてきた紫外線によって表れてきます。

春頃から紫外線は徐々に増えてきて、5月に入ると真夏とは変わらない紫外線が降り注ぎます。

光老化の対策

・紫外線の強い時間帯の外出は避ける

・太陽を避け、日陰を利用する

・日傘やつばの付いた帽子をかぶる

・長袖の衣類やUV用ストールで肌をカバーする

・サングラスを着用

・日焼け止めを使う

紫外線対策は、年間を通しての日焼け止めとスキンケアはとても重要です。

日焼け止めのポイント

紫外線ダメージから肌を守るために大切なポイント!

日焼け止めの選び方

UVB、UVAの両方か、できれば近赤外線(NIR)にも有効のものを選ぶ

SPFは15以上、PA+のものを使う

少し厚塗りぐらいに塗る

室内でも日焼け止めは塗ること

シワやたるみを引き起こすUV-A波は窓ガラスを通過するため、外出しなくても毎朝日焼け止めを塗る習慣にしましょう。

使用量は正しく

日焼け止めは使用量を守ることでSPF・PAの表記通りの効果を発揮します。顔全体に使用量を守って塗ること、少なめに塗ることは効果が半減します。

こまめに塗りなおすこと

日焼け止めは時間の経過とともに汗や皮脂で自然におちますので、こまめに塗ることを心がけましょう

紫外線対策スキンケアのポイント

紫外線からダメージを受けないために、毎日のスキンケア対策はとても大事です。

スキンケアで一番大事なことは保湿、潤いを保つことは重要です。

潤いがなく、バリア機能が低下した肌は紫外線が入りやすくなります。

細胞の生まれ変わりが滞ってターンオーバーが乱れてくると、メラニンが蓄積されて、シミになりやすい状態を作ります。

逆に

潤っている肌はバリア機能が正常に働き、紫外線の影響を受けにくい状態になります。

50代に評判の美白化粧品や、シミやしわ・たるみにもアプローチするジェルタイプで人気の「パーフェクトワン」は定評があります。

基本のスキンケア

洗顔をして、化粧水、美容液やオールインワンなど基本のスキンケアのステップでシミやくすみ・シワを予防したり、改善するには何かポイント的なことがあるのでしょうか?

最近は、手作りで化粧水やパックを作っています。十分効果があることを実感しています。

化粧水は、とても簡単に作れます。ローズウォーターに保湿成分の1つ、グリセリンを入れることでしっとり保湿効果は十分です。シンプルな成分で保湿効果が高いのは驚きです。

パックは、応用範囲が広く、基本のパック材料に、もう1点、追加して自分のオリジナルパックがいろいろ作れます。自分のお好みのパックで、美白と保湿効果を実感してください。

スポンサーリンク
2020