50代肌老化を防ぎ肌年齢が若返る3つのアンチエンジング対策

老化

50代になると体の老化を感じずにはいられなくなります。

同時に肌の老化、シワやくすみのお肌の衰えで毎日鏡の前でため息を出すことが多くなります。お肌の老化は顕著にたるみ、シワ、シミ、くすみ、乾燥肌などで自覚します。

お肌の老化も体と同じで酸化と糖化によって進行していきます。

酸化・・肌の細胞は酸素が体内に入りサビて衰え老化する

糖化・・加齢や活性酸素が原因で老化していく

肌の老化を防ぐことがアンチエイジング対策です。食生活、生活習慣、スキンケアの3点に絞ってアンチエイジング対策を考えていきます。

スポンサーリンク

ハリや弾力を失う肌の老化の原因

ハリや弾力、潤いが失っていく原因に、若々しい肌を保つために欠かせない重要なコラーゲンがあります。

なぜなら

肌のハリを支えているのがコラーゲン成分で肌の約7割を占めています。コラーゲンは20代をピークに年齢を重ねていくと減少して、40代では半分に減少、60代では20代の1/3に減少します。

コラーゲンの減少が乾燥や小じわの原因であり、ハリや弾力が失っていくのです。

コラーゲンの減少を防ぐ

コラーゲンは20種類のアミノ酸でできた、たんぱく質で人の体をつくっています。体内には28種類のコラーゲンが確認されています。Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型というように分類されます。

◎体内で一番多いのがⅠ型皮膚のコラーゲンの90%を占めています。皮膚に水分を維持してハリを与え、骨や皮膚の強さを生み出します。

◎Ⅱ型は主に軟骨に存在しています。

◎Ⅲ型は血管や子宮などに存在して女性が摂ることが良いと言われています。

コラーゲン年齢を重ねていくと減少していきますので、内側からサプリや、外側から化粧品で補うことがエイジングケアとして、アンチエイジングのために大切です。

浸透力の高いナノコラーゲン

ナノの2つのコラーゲンがハリ不足の年齢肌に、肌の奥まで浸透して内側からしっかり保湿をして肌を基礎から整えます。

そんなWのコラーゲンで内側まで保湿ができるのが「スキンケア ジェル」です。

※「スキンケア ジェル」はコラーゲンで有名なニッピ(コラーゲン国内シェアNo.1 )が技術を結集して作った「生コラーゲン」です。不純物がなく天然のままの生コラーゲンができました。

敏感肌にもおすすめで、乾燥小じわも目立たなく、肌にハリ弾力が実感できます。

肌にあるコラーゲンと同じ、Ⅰ型コラーゲン三重らせん構造の生コラーゲンたっぷりと水分を保ち潤いを保ちます。

生コラーゲンお試し!たっぷり2週間分

スキンケアクリーム「スキンケア ジェル」10g

通常価格2,777円 → 初めての方限定 1080円(税込/クール便で送料無料)

お試しはこちら➡ 生コラーゲン ニッピ化粧品

食べ物で肌老化を防ぐアンチエイジング対策

抗酸化物質のある食品を摂取することでアンチエイジング対策になります。毎日の食生活が身体を作るのですから老化を遅らせる食べ物は大切です。

意識して強い抗酸化力のある食べ物を取ることで活性酸素を除去して肌の老化を遅らせることになります。

毎日食べるものは、なるべく色素が濃いものを食べたり飲んだりしていればいいでしょう。

βカロテン・αカロテン・・抗酸化作用が強く免疫力を強化します
食品・・にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリー、しそ

リコピン・・強い抗酸化力があり紫外線を除去する働きがある
食品・・トマト

ルテイン・・紫外線から網膜を保護
食品・・緑黄色野菜、ケール、パセリ、ほうれん草

アスタキサンチン・・活性酸素を除去して肌の老化を抑制する
食品・・鮭、いくら、筋子

ポリフェノール・・代表的なものに赤ワイン、緑茶、ブルーベリー、ルイボスティー、紅茶、カカオ、バナナ、りんご、たまねぎ、大豆、そば

こうしてみると、抗酸化力のある食品をそんなに意識して探すこともありません。

内側からサポートできるサプリはアンチエイジングを意識する年齢になったら摂るといいです。肌のハリもくすもも改善されて確実に若返ります。

アンチエイジングに効くサプリ

fruits

四季折々の野菜やくだものを食べていれば通常は問題ありません。個人的にはほとんどが毎日食べている食品だからです。しかし、コンビニ弁当や外食が多い人は意識して抗酸化力のある食品を摂るようにしてください。

老化を早めるのも遅らせるのも、毎日口にする食べものが基本ですから、食生活の見直しが必要な人は改善してください。

スポンサーリンク

生活習慣で肌老化を防ぐアンチエイジング

毎日の生活習慣こそがとても大切で、老化を遅らせる習慣とは

規則正しい生活をする
適度な運動をする
ストレスをため込まないようにする
◎外出時は紫外線対策は徹底すること
◎喫煙はNG・・たばこをやめられない人はビタミンCをたくさん摂ってください

50代になると健康がなによりと思うことは多くなります。今までの生きていた生活習慣で現在の自分の老化度がわかるような気がします。気づいた時が生活を見直す時です。

不摂生をしてきた人はお肌の老化が早いと思います。規則正しくストレスも溜め込まないようにまた、食は体を作ります。バランスよく食事を摂ってきた人は40代、50代ぐらいまでそれほど老けた感じはしません。とても緩やかな曲線で衰えが進んでいくと思います。不摂生、乱れた食生活、ストレスは結局は老化を早めると思います。

内側からサポートできるサプリはアンチエイジングを意識する年齢になったら摂るといいです。肌のハリもくすみも、体が楽になり確実に若さが戻ってきます。

➡ 50代肌のターンオーバーを正常にするサプリ!飲めば違う美肌効果とエイジングケア

正しいスキンケアで肌老化を防ぐアンチエイジング

肌の老化

肌の老化の大きな原因
◎紫外線
◎皮膚の乾燥
◎細胞の酸化=サビ
◎女性ホルモンの減少

出来てしまったシミ、シワ、たるみは紫外線に無防備だったことが大きく影響しています。加齢と共にケアを怠っていると若い時に受けた紫外線でも年を取ってから表面に現れて、しわを深く深くしていきます。

紫外線を受けても正しいスキンケアをしない肌は水分もどんどん減っていき乾燥が進みます。加齢や紫外線で肌の内部では細胞がダメージを受けてセラミド、コラーゲン、エラスチンが減少していきます。

加齢で一番必要なことは保湿です。水分を肌に供給し続けることです。

洗顔、基礎化粧品、UV対策など、もう一度正しいスキンケアを見直すことで肌の老化を改善して遅らせることは十分に可能です。

スキンケアで注意すること

刺激の強い洗顔や化粧品は使わない

◎加齢で乾燥肌になる方がほとんどです。年齢を重ねてくると肌質が変わり、インナードライになりがちです。乾燥しているのに脂が浮くのは肌の中にある、コラーゲンなどが減少しているからです。大切なのは保湿です。

➡ 乾燥肌やインナードライを改善するサプリ!内側からふっくら潤う

◎加齢でのスキンケアでは保湿ケアを重点的にすることが大切

◎加齢で体全体の血行が悪くなっています。血行がよくなれば肌もハリやツヤが戻ってきます。

最後に

アンチエイジングを意識する年齢は即ち更年期症状が出る時期と重なります。女性ホルモンの影響で肌の乾燥は進みシワ、シミ、たるみが加速します。

内側からサポートできるサプリはアンチエイジングを意識する年齢になったら摂るといいです。肌のハリもくすもも改善されて若返ります。

2020