インナードライの改善法:潤う肌へシンプルステップ

50代になると肌も変化してインナードライになっていきます。

インナードライ肌から潤う肌へ改善はシンプルです。

変化した肌質を正しいスキンケアで潤う肌に戻しましょう。

スポンサーリンク

インナードライ肌の改善方法はシンプル

インナードライは肌の内部が乾燥している状態、内部で水分量が少なくなっている状態です。

皮膚の水分と皮脂

50代を過ぎた頃からホルモンバランスが乱れてくる年齢では、水分量がグーと減少します。肌内ではインナードライに確実に変化しています。

今まで肌トラブルを感じないでいた人も、肌質に変化が起き皮脂が多くでたり、カサカサしたり、吹き出物が出たりしてきます。

これらの肌のトラブルで間違ったスキンケアをしてしまうとさらにインナードライを加速させて毛穴が広がり、ニキビや吹き出物が治らなくなりと肌トラブルが多くなります。

加齢を意識する年齢になるとスキンケア方法は、インナードライ肌のスキンケアをするべきでしょう。若い時の肌と違って加齢で肌内部にあるべき水分は減少しているからです。

エイジングケアを意識する年齢になると、インナードライ肌のためのスキンケアをすることです。皮脂が浮いてくることや、カサカサ肌の問題も解決して潤う肌が戻ってきます。

インナードライ肌についてもっと詳しく➡乾燥肌とインナードライの違いって?

では

具体的なインナードライ肌のスキンケアとは?

インナードライの正しいスキンケア

クレンジング、洗顔、化粧水、美容液の注意点

洗顔の注意点

乾燥肌やインナードライで悩んでいる場合は洗顔石鹸を見直す機会でもあると思います。今まで長く使っている洗顔でも加齢で肌質が変わっていれば洗顔せっけんも変えてみることは必要です。

洗顔も肌質が脂性と思い皮脂対策をして洗顔でゴシゴシ洗っていたら間違いです。

乾燥肌対策は洗顔も大切で、刺激のない洗顔フォームで優しく洗うことから始めます。洗顔は朝晩の2回で充分です。

個人的には洗顔は夜だけにしています。肌の潤いは格段とよくなりました。

インナードライが改善されて潤う肌になれば洗顔は夜の1度だけでOKと思っています。朝はぬるま湯で洗うか蒸しタオルでふき取る程度でいいと思います。

関連記事50代の肌にソルトエステ洗顔のおすすめ!

塩の美容効果マッサージで素肌が変わる!「塩洗顔」7つの効果

洗顔石鹸を選ぶ時は最低でも合成界面活性剤入りは控えるといいと思います。

角質の保水機能を下げてしまう傾向が強いです。

必要以上に皮脂を洗い落とす洗顔は肌トラブルの原因です。洗顔した後はスッキリ感があり、しっとり感が残る洗顔石鹸を選んでください。

化粧水や美容液の選び方

洗顔せっけんの選び方もインナードライ肌に大きく影響することを説明しました。

洗顔後の化粧水や美容液は保湿効果が高いものを選ぶことです。

どんなのがいいかわかりません!

インナードライ肌を改善するのに保湿成分がたっぷり配合しているものを選ぶのですが、しっかり浸透することです。

卵殻膜Ⅲ型コラーゲンの効果!50代の肌がもちもちの赤ちゃん肌に

関連記事:卵殻膜美容液一度は試して!

卵殻膜エキスたっぷりの美容液

化粧水や美容液も保湿効果が高いものを選ぶといいですね。

洗顔後保湿効果を高める方法

適量の化粧水を2度繰り返してつけることで保湿効果がアップします。(多めの量を1度でつけるよりも適量を2度繰り返すことで浸透効果が高まります。また化粧水をつけた後は手のひらで顔を10秒間押さえることで浸透力もさらに高まります。手が冷たいとだめです。)保湿効果を高める化粧水でも詳しく書いています。

化粧水の後すぐに保湿効果の高い美容液やクリームは適量を顔全体につけて、手のひらで押さえることで浸透力がよくなります。物足りない場合はもう一度適量をつけて10秒間手のひらで押さえます。

たくさんの量を一度につけるよりも適量を2回繰り返してつけるほうが保湿効果が上がります保湿効果を高める美容液でも詳しく書いています。

今使っている化粧品を使い切ったら保湿効果の高いものに変えていくといいと思います。インナードライが改善されてくると、過剰に皮脂が皮膚にでることもなくなり、内側が潤ってくると翌朝起きた時も肌はしっとり潤っています。そんな肌が戻ってきます。

肌が潤ってくるとファンデのノリは断然アップしますので基本のスキンケアでインナードライ肌を改善しましょう。

クレンジングの注意点

クレンジングで汚れが落ち肌がスッキリして潤っているとそのクレンジングは合格です。

クレンジングで毛穴の汚れがスッキリ落とせると、その後の洗顔は刺激の少ないマイルドソープで洗えば十分なんです。

ゴシゴシ力をいれてメイクを落とそうとすると、これもインナードライ肌を加速させる原因です。

ゴシゴシ擦って、洗い流す時もゴシゴシ擦ってしまいます。これは肌を酷使して肌に負担をかけ、肌の保湿力を下げてしまいます。

洗顔がいらないホットクレンジングは肌に負担をかけず肌がすっきりしておすすめです。

関連記事洗顔はもういらない!

ホットクレンジング敏感肌の毛穴のお掃除!毛穴すっきり肌がしっとり

ファンデーションの注意点

ファンデーションは特にシリコン系の合成ポリマーを配合しているものはオススメしません。落としずらいのでクレンジングでゴシゴシ擦るということになってしまいます。

ファンデも天然成分のミネラルファンデーションは肌に負担をかけずに落とすことができ、しかも毛穴やしみもしっかりカバーしますので試してみるといいと思います。

ファンデの選び方を間違えると乾燥肌・インナードライの原因になっています。

BBクリームも進化してファンデーションよりもカバー力があり自然な仕上がりに!

関連記事:カバー力が違うBBクリーム

BBクリームはカバー力で選びたい!50代自然なツヤでナチュラルメイク

内側からふっくら潤うケア

インナードライ肌の改善は乾燥肌のスキンケアと同じですが、また内側から潤う美容サプリを摂ることでインナードライは劇的に改善されます。

関連記事:コラーゲンペプチド2週間後に肌がふっくら

低分子コラーゲンペプチド効果「ニッピコラーゲン100」純度100%の吸収力

乾燥対策でインナードライ肌が改善されるそのポイントは?

インナードライ肌のスキンケアは乾燥肌対策をすればいいと思います。

インナードライ肌はお肌の内部が水分不足状態です。(図を参照)表皮や真皮にあるはずの水分を補うこと、水分を浸透させ補給すればインナードライは改善されていきます。

アンチエイジングで一番大切なのが乾燥肌対策です。乾燥肌を改善できれば、インナードライ肌を改善でき、潤いしっとり肌が戻ってきます。

スポンサーリンク

最後に

インナードライの原因は日々顔につけているファンデ―ションであったり、クレンジング、洗顔、化粧水、美容液とスキンケア全部が関連づけられます。

肌に負担をかけないファンデーション選び、汚れがさっと落とせるクレンジングや洗顔、洗顔の後につける保湿力の高い化粧水や美容液は潤いをキープしてくれます。

今回は外からのスキンケアでインナードライを改善する対策や注意点を紹介しましたが、エイジングケアは内側からケアすることもとても大切です。

内側からケアすることは体全体が若返るので肌自体も若返ることになります。乾燥肌を内側からカバーする美容サプリは1つは摂っているといいと思います。

スポンサーリンク
2020