皮膚老化の原因は糖化!必須 予防や改善対策でアンチエイジング

健康や美容で糖化という言葉を聞きますが、老化と糖化はとても関係しています。皮膚への影響もとても大きいです。しかし、糖化の原因を理解すると健康や美容の予防や対策が見えてます。

肌の透明感がなくなり、くすみ、シワ・しみなど皮膚が柔軟性を失ない、見た目老けた印象を与えますが、予防と対策で糖化を防ぎ健康で若々しい肌に戻りたいですね。

肌を老化させる原因は加齢と外的要因、紫外線やたばこ、ストレスなどが大きく影響すると言われています。

スポンサーリンク

皮膚に与える糖化と原因

糖化が加速してくると肌がくすんで透明感がなく、硬い皮膚でシワが見え、暗いくすんだ肌になると老けて見えます。明らかにエイジングのサインと言えます。

糖化の大きな原因はまさしく過剰な糖の摂取だと言われています。確かに糖質はエネルギーになりますが、同時に血糖値の上昇にもつながります。糖質は体に必要なものですが摂り過ぎがよくありません。

急激に血糖値が上がると身体が処理しきれなく体内のたんぱく質といっしょになって糖化生成物(Ages)になるそうです。肉を焼くと硬くなり色が変わる、砂糖水を煮詰めていくと茶色くカラメル状態になることなどを想像してください。

紫外線は肌のダメージに繋がるのは、紫外線が糖化物質を増やすからです。

加齢で一番気をつけることは紫外線対策です。外出時にたとえ曇り空であっても油断は禁物でUVをつけて紫外線対策をして出かけることがとても大切です。

皮膚にあるコラーゲン(たんぱく質)がグルコース(糖)と反応して変性すると、肌はどうなるのか?

弾力性を失いハリやツヤが失われシワが増えて老化します。

加齢を意識した年齢ではとにかく、紫外線対策は重要です!

糖化を促す食べ物

糖化を増やす食べ物は想像がつきますね。血糖値を上げる食べ物に多いですね。

◎小麦粉で作られるケーキや菓子パンなど

◎炭水化物(白米やお餅など)

◎清涼飲料水

◎揚げ物や炒め物

主食のご飯や食パンなどの炭水化物は血糖値を一気に上昇させ、そして糖化を促すのです。

ポイントは急激に血糖値を上げないように食べ物や食べる順番を知っていることです。

➡ 低GI食品急激に血糖値を上げない !美味しいおやつや主食!

糖化予防によいサプリメント

糖化予防といっても、加齢が糖化を促進しますが、でも生活の見直し(食事、運動、睡眠)で加齢を遅らせることはできます。

美容サプリには年齢とともに減ってしまうコラーゲンの生成を手助けする

ローヤルゼリー、プラセンタ、コラーゲン配合のものが多くあります。ハリや潤い成分としてオススメしますよ!

おすすめしたいのがコラーゲンペプチドで吸収力が高く肌の弾力を取り戻します。

低分子コラーゲンペプチド効果「ニッピコラーゲン100」吸収力が違う粉末タイプ

サプリメントは上記のような吸収力が高いものが効果を早く実感できるのでおすすめです。

スキンチェッカーを一つ持っていると肌の水分量を知るのに便利です。

スキンケアチェッカーで肌の水分と油分が確認できます。肌の変化を数字で確認できますよ!

糖化予防とは?

糖化は老化を促しますが、毎日の生活の質を上げることで糖化を抑制したいと思います。

食事、運動、睡眠がとても大切です。

◎適度な運動は必要で、ウォーキングなどの有酸素運動は必要、歩く習慣やエレベーターを使わずに階段を使うなどちょっとしたことです。

低GI値の食品を選ぶ・・白米、パン、うどんなど小麦粉類、野菜ではジャガイモやニンジンはGI値が高いので要注意!どうしてもご飯や食パンが好きな人はお米を5分つきにしたり、全粉のものや米粉のパンに変えるなどしたり、食べる順番も大切で炭水化物は後にすることなど

➡ 低GI食品血糖値を上げない !美味しいおやつや主食!

質の良い睡眠はとても大切です。質が高いということは深い眠りを得ることです。

紫外線対策・・肌の老化は紫外線の影響を大きく受けます。紫外線=糖化と考えるべきです。➡ リンゴ幹細胞エキス トライアルおすすめ!エイジングケアお得サンプル

スポンサーリンク

エイジングケアと糖化

皮膚老化は年齢を重ねていくと当然と言えますが、外的要因の外部環境において、紫外線や酸化などから肌の老化は影響します。若い時に思いっきり日焼けした肌は、加齢とともに肌は乾燥して硬い肌と深いしわが出てきます。若い時に日焼けした体の一部でも20年後に皮膚の表面に表れてきます。どうしてこんなところに?と思ったことがありました。20年後にほくろやシミとなり表面にでてくるのです。

エイジングケアでは毎日の生活で食生活紫外線対策には特に気をつけるべきと思います。

ターンオーバー

ターンオーバーが長くなり時間がかかるようになると、シミの元となりメラニン色素はなかなか取れず、肌がくすみ、色素がでてきてシミがでやすくなります。通常はメラニン色素は古い皮膚と共に剥がれていくのですが、ターンオーバーが長くなるとシミとして表面化します。

バリア機能

糖化がすすむと肌は乾燥してバリア機能が低下します。

肌のバリア機能は肌を外部刺激や紫外線からまもり、肌の水分を閉じ込めて肌の潤いを守りますが、糖化がすすむとバリア機能が低下します。

エイジングケアで大切なのはバリア機能を正常に保つことが、保湿機能が正常で健康的な肌をキープするためにとても大切です。

加齢で気をつけたいことは乾燥です。肌が乾燥すると掻いてしまい炎症を起こしたり、かゆみが止まらず掻いていると痕になります。痕になるとなかなか消えないですね。

バリア機能が正常な肌をキープする大切さ

バリア機能とは、肌の一番外側の角質層が外部刺激から肌を守る重要は働きがあります。肌の水分が逃げないようにすることもバリア機能の役割です。

加齢や肌の乾燥がバリア機能の低下の大きな原因になります。バリア機能が低下すると外部からの刺激を受け、かゆみやアレルギーなどを起こしたりします。

表皮の厚さはたった、0.2mmという薄い層ですが、この層が外部刺激から身体を守っています。

肌の悩みの多くはバリア機能の低下が原因であり、肌の老化の原因でもあります。

バリア機能低下で起こる肌トラブル

乾燥肌になるのもバリア機能の低下が原因ですが、乾燥肌になると外部からの刺激に敏感になり、かゆみやアトピー症状が起きてきます。

バリア機能の低下は敏感肌になりやすいです。加齢で体質が変わった!と感じる方も多いのではないでしょうか?かゆみがでたり、アレルギー症状がでるのもバリア機能の低下が原因です。年齢を重ねてくると保湿がとても大切です。

バリア機能がまったく働かなくなると、異物やウイルス、細菌が肌に侵入しやすくなります。

バリア機能の低下は乾燥肌に始まり、角質や毛穴の広がりや黒ずみ、大人ニキビなど肌のトラブルがでてきます。

2020