米セラミドやこんにゃくセラミドをサプリで摂ると保湿効果は高まる?

エイジングケアの基本として、保湿力の高いセラミド配合の化粧品は人気がありますが、セラミドでも特にコメ由来セラミドには日本人になじみ深いものがあります。

サプリメントでセラミドを摂取する場合は、植物セラミドですが、その中で何がいいのでしょうか?

やはり、コメ由来のセラミドやこんにゃくセラミドです。

今回は、セラミドのサプリメントの効果について調べてみました。

スポンサーリンク

コメやこんにゃくセラミドサプリの効果

エイジングケアで大切なことは保湿ですが、セラミドは皮膚の表皮の角質層にあり、角質細胞間脂質として隙間を埋めるように存在しています。

セラミドは外部からの刺激や細菌、紫外線などから肌を守るために大切な役割をしています。

しかしながら

健康な若い時の肌の角質層にはセラミドが満たされていますが、加齢でセラミドは減少していきます。

加齢を意識した年齢になると、外側からのスキンケアだけでは間に合わない保湿を米セラミド配合のサプリが、内側からもサポートして肌の保湿を助けます。

セラミドをサプリで摂ると、潤い保湿効果は高まるのでしょうか?

お米のセラミドは、日本人の肌に馴染みやすいのは理解できます。

セラミドサプリは内側から、失われた肌の水分を補い、肌のバリア機能を正常にします。

なぜなら

加齢や、外からの刺激や紫外線の影響が肌の乾燥を助長させてバリア機能を弱くしているからです。外側からだけのケアでは限界があります。

➡ 天然セラミドの進化!ヒト型セラミドとの違いは?保湿力と浸透力は?

コメセラミドの保湿と美肌効果

米セラミドの化粧品を多く見かけますが、お米のセラミドは経口摂取としてサプリで摂ることで水分保持機能はこんにゃく由来セラミドよりも高いことが実験結果で実証されています。

最近注目を集めている「グルコシルセラミド」という成分はどんなものでしょうか?

グルコシルセラミドとは

グルコシルセラミド」は米、小麦、とうもろこし、パイナップル、コンニャクイモ、大豆などに含まれているスフィンゴ糖脂質の1種です。

※スフィンゴ糖脂質は、お米ではコメヌカや米胚芽から抽出された糖脂質を、米ヌカスフィンゴ糖脂質といいます。

保湿効果はもちろん、アトピー性皮膚炎に対する改善効果があることも報告されています。表皮の角質細胞を結合させる役割は水分を蒸発させないようにする効果があり有効です。

加齢で失われていくセラミドが合成されるために必要な成分が「グルコシルセラミド」なのです。

天然の保湿成分は?

セラミドを食品からとるとしたら、こんにゃくが一番多いと言われますが、保湿効果ではお米の方が肌の水分保持機能を高めることが実験結果でわかっています。

保湿効果が高いのは植物性セラミドの中でも米セラミドが高いのですが、サプリを製品化するうえで、米由来は馴染みやすく吸収力をさらに高めていることで、効果が早く実感できるのではないでしょうか?

そのため

米セラミドの成分「グルコシルセラミド」をサプリで摂ることで、乾燥肌や肌荒れの原因の肌のバリア機能を高めるため有効に働いてくれるます。

肌の乾燥がバリア機能を低下させますので、米セラミドの保湿効果が高いことがバリア機能を高める結果になります。

スポンサーリンク

コメセラミドの水分保持機能

米セラミドの成分「グルコシルセラミド」肌のバリア機能を強化することは先に述べていますが、水分を蒸発させない保湿作用に優れているため、くすみやシミの改善肌荒れ防止などの効果に注目されています。

植物セラミドで一番水分保持機能が高いのは米由来のセラミドと言われています。

1.米由来セラミド

2.こんにゃく由来セラミド

3.小麦由来セラミド

パイナップルのセラミド・・

パイナップルのセラミドも、グルコシルセラミド成分での保湿効果は高いです。

コメセラミド(グルコシルセラミド)のサプリの効果

米セラミドに代表される成分のグルコシルセラミドは、化粧品だけではなくサプリメントを摂取することで効率的に摂り入れることができます。(食事では十分に摂取できない)

グルコシルセラミドのサプリを効率的に摂ることでバリア機能を高めるので肌のトラブルを解消します。

米セラミドのサプリメントは内側から保湿力を高めるにはとても吸収力がよくなり、化粧品と併用してサプリを摂ることはとても効果的です。

グルコシルセラミドには米から抽出された保湿力に優れ、美白効果でメラニン生成を抑制します!

2020