スギやヒノキ花粉症状での肌荒れの原因と皮膚のバリア機能

花粉のシーズンになると肌荒れで悩む人もとても多いですが、アレルギーが肌荒れを起こすのは肌のバリア機能の低下が影響しています。肌のバリア機能が低下していると外部からの刺激などの影響ですぐ肌荒れや肌のトラブルが起きやすくなります。原因を知ってその対策としてどのようなことが大切でしょうか?

スポンサーリンク

花粉による肌荒れはアレルギーに反応している

春の花粉症対策として花粉を体内に入れないことがとても大切なことはわかっていると思います。

アレルゲンのスギやヒノキの抗体に肌が敏感に反応して、肌に赤みやかゆみ、腫れなどの肌荒れが生じる「花粉皮膚炎」がとても増えているそうです。

花粉皮膚炎」はアレルギー反応の一種ですが、肌のバリア機能が弱った肌に花粉が侵入することが原因です。

年齢を重ねていくと、肌のトラブルが多くなるというのもバリア機能の低下が原因ですので、バリア機能を正常にすることが、肌のトラブルを無くすことになります。

花粉シーズンではマスクやメガネをかけて花粉を鼻や目からアレルゲンを体内に入れないようにしますが、肌のバリア機能が低下していると肌から体内にも入り込みます。

スギやヒノキなどの花粉が肌に直接触れるのを防ぐ対策が急務です。花粉症や外部刺激からなるべく肌荒れが起きないようにしたいですね。

関連記事:乳酸菌サプリ【アレルナイトプラス】はアトピー性皮膚炎を改善!ぐっすり眠れてかゆみから解放

肌荒れを起こす花粉をブロックするには

花粉が肌につかないようにブロックする美容液やクリームはとても有効と思います。

アレルギーなどの敏感肌にはバリア膜を外部刺激から角層を守る化粧品は効果があると思います。バリア機能を正常に整えることは花粉だけでなく、紫外線などからも肌を守ることになります。

関連記事:セラミド入り美容液の選び方乾燥肌からしっとり潤う肌に【50代の悩み】

バリア機能を整え花粉をブロックするクリーム

敏感肌、アレルギー、花粉症などからの肌荒れを防ぐにはバリア機能が正常に働く肌であることがポイントですので、敏感肌もバリア機能が低下しているから肌荒れが起こります。

バリア機能を整える化粧水、美容液、クリームを使くことですが、バリア機能を整える成分のひとつにセラミドがあります。

花粉を徹底にブロックするクリーム の効果は期待できると思います。

肌荒れの原因バリア機能を整える「ヒト型ナノセラミド」は浸透力が高い

特に「ヒト型ナノセラミド」は人体と同じ構造を持つナノサイズは高い浸透力があり角層の隅々まで潤い、肌の保水機能を守ります。

セラミドは、表皮の1番上の層で0.02mmほどの薄い角質層の中にあり「細胞間脂質」を構成する成分の1つです。

「ヒト型ナノセラミド」は細胞間脂質の外部刺激から肌を守ると同時に潤い成分も配合しているので、内側からふっくらとしてハリや弾力のある肌にもなっていきます。

セラミドは保湿成分として、細胞間脂質は水分を「はさみ込むタイプ」で、最も水分保持力が強く、肌を健全に保つために大変重要な役割があります。

※この強力な水分保持力を持つ細胞間脂質の主成分がセラミドで、細胞間脂質の約50%を占めます。

敏感肌や花粉症の肌をガードして、同時に超保湿でハリや弾力がアップ!

➡ 敏感肌・花粉症ケア×エイジングケア<<アヤナストライアルセット>>のお試しはコチラ

スポンサーリンク


敏感肌や花粉症肌にセラミドがなぜ重要か?

セラミドが不足すると細胞間脂質が十分に水分を保持できなくなり乾燥がすすみます。

敏感肌・花粉症肌や加齢では肌に必要な水分が失われます。表皮に一番近い角質層は外部からの刺激や紫外線から肌を守るバリア機能の役割も同時に果たしていますので、バリア機能が正常に働くためには水分を保持するセラミドは肌荒れ対策にもとても重要です。

すなわち、バリア機能が低下すると肌荒れや肌のトラブルが起きます。セラミドの役割は肌の水分量を保持することですが、健康的な肌を保つうえでもとても大きな役割を担っています。

敏感肌・アレルギー、加齢で皮膚の水分が低下すると外敵からバリアができなくなり機能が正常でなくなり、外部刺激に敏感になり、また紫外線からもダメージを受けることになります。

関連記事:乾燥肌やアトピーに「こんにゃくセラミド」塗るより食べるケアの効果

最後に

加齢で体質が変わり、肌質も変化していきます。敏感肌になり、花粉にも反応して肌荒れに悩まされますが、その原因はバリア機能の低下、皮膚内の水分が保持できない状態になっているからです。

食生活や生活習慣も気をつけることも大切ですが、今の悩みを解決する手っ取り早い方法として、花粉をブロックできる化粧品を試してみるといいと思います。乾燥肌も同時に解決できるのですから。

2020