緩やかな糖質制限は飽きずに効果!その食べ方は?

穏やかな糖質制限は継続が楽にできるので、糖質制限ダイエット「ロカボ」をうまく工夫すれば体重をコントロールできるようになります。すぐに結果を出そうとする人や、ご飯、小麦粉のパンやラーメンなどが大好きな人でも工夫次第で続けられます。

ストレスにならない程度がポイント!そのやり方を紹介します。

スポンサーリンク

穏やかな糖質制限とは

炭水化物を制限するダイエットや糖質制限ダイエットは比較的に短い期間で体重を減らすことができる、短期間だからその期間は我慢して徹底してやるでしょう。

でも継続できますか?

ここが問題です。

穏やかな糖質制限は長く続けられる、無理をしなくてストレスにならない程度にず~と続けられれば、体重は安定して健康体をキープできると思います。運動をそれほど意識しなくても、もちろん適度な運動もしていればもっと効果的ですが・・

無性に炭水化物を食べたい気持ち

イライラしてくる

気力がなくなってくる

食べたいものをガマンすると気持ちをコントロールするのが難しいのです。

だから、その反動で思いっきり白米を食べる、ケーキを食べるなどして、気持ちを満足させてしまう。

そして、

元の食生活に戻ってします。

食べたいものを急激に減らしてダイエットしても、続けられないのです。

穏やかな糖質制限を続けられるヒント

糖質制限ダイエットというと、美味しいものがほとんどで続けるのは難しいと思うかもしれません。

でも

おいしいものを適度に食べながら、ダイエットをするのが、

ロカボ です。

肥満や糖脳病の治療のためのローカーボ・ダイエットではなく

緩やかな糖質制限です。

ロカボ とは楽しく続けられる!

極端な糖質抜きでなく、適度に糖質を取り入れる、健康的な方法です。

糖質は脳には必要なものです。脳は1日400キロカロリー消費するといわれています。全く糖質を摂らなくなると脳に栄養が行かなくなれば、痩せたとしても、脳が活性化しなくなります。

適度な糖質は必要なのです。

適度に糖質を摂取することを意識することです。

そこで

カロリー制限ではなく

食べる工夫をすること

順番を変えたり

食べる順番は

味噌汁やスープを最初に

おかずはたっぷり

肉や魚はどんどん食べること

甘い飲み物は低糖質甘味料のオリゴ糖やステビアなどをうまく活用します。

⇒ 糖質制限で飽きない主食代用

糖質の量は?

「ロカボ」のポイントは

糖質量だけ気をつける!

お腹いっぱい食べてもいい!

1食 20-40g

デザート 10g以下

1日70-130gに糖質を抑えるだけなんです!

これで糖質を毎食20-40gに抑えて、食後の血糖値をコントールできます。

お味噌汁やスープを最初に食べることでご飯の量は判膳でも満足してきます。

なぜなら

おかずはたっぷり食べるから、野菜、お肉や魚を先に食べると胃が満たされて、ご飯は少しでも十分になってきます。

穏やかな糖質制限 ロカボの効果

無理をしないダイエットとして健康的な身体をキープできる

「ロカボ」の食生活の効果

・体重の改善

・血糖値の改善

・高脂血症の改善

・血圧の改善

最後に

食事の最初に食べるのをスープ、次がおかず、最後にご飯とすることで、血糖値の急上昇を抑えることができます。

食べる順番を変えるだけでも、炭水化物大好きな人でも量が少なくて済みます。

運動はめんどくさくても、お風呂で発汗して代謝を上げたり、簡単なストレッチをすることも、長い目で見ているとじりじりと効果が上がってきます。

なによりも、ず~と続ける気持ちが大切と思います。

2020