ヒト幹細胞美容液がアンチエイジングの最後の切り札か?

幹細胞

アンチエイジングを意識している年齢の方は、すでにヒト幹細胞コスメを知っている方も多いでしょう。

再生医療の技術から生まれた「幹細胞」は美容の分野にも大きな可能性を秘めています。ちょっと使ってみたい!そんな興味から調べてみました。

肌を細胞レベルから若返らせるアンチエイジング美容としてもっとも注目されています。

スポンサーリンク

ヒト幹細胞美容液がエイジングケアの切り札かも

加齢で誰でも顔のたるみやシワの悩みがでてきます。肌の構造がわかれば今の自分の肌の状態が理解できると思います。肌の構造は「表皮」と「真皮」と「皮下組織」という3つの層で構成されています。

肌の老化
私たちの肌は古い角質が剥がれて新しい皮膚が生まれるを繰り返すことをターンオーバーと言います。

加齢でこのターンオーバーに時間がかかるようになります。するとシミの元である色素細胞メラニンが排泄されなくなり、肌がくすんだり色素が沈着してシミとなります。

またシワやたるみができる原因は「真皮」の中に巡らしているコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどが減少することが原因でシワができやすくなります。

ヒト幹細胞美容液とは?

肌本来の再生機能を高める幹細胞培養液(人脂肪細胞順化培養液エキス)を配合した美容液です。

幹細胞培養液には成長因子やペプチドが豊富で、加齢や紫外線などのダメージにより代謝が低下した細胞を目覚めさせることで肌の再生力が戻り、ハリが戻り、正常な肌のターンオーバーが維持されます

関連記事:人気沸騰中の植物幹細胞!

リンゴ幹細胞エキスの効果!ターンオーバーを正常化アンチエイジングコスメ

肌を老化させる原因をヒト幹細胞美容液が修復する

肌を老化させる原因は紫外線、加齢やストレス、生活環境や食生活などがありますが、特に紫外線の肌への影響はとても大きいといえます。

これらの要因で活性酸素(老化の原因)が細胞や遺伝子、ミトコンドリアまで傷つけるそうです。それでも30代中ごろまでは抗酸化酵素が身体で働いているので中和しているそうですが、年齢を重ねていくと低下していくので細胞は老化していくそうです。これらのことから老化現象は身体や皮膚にも表れてきます。

幹細胞には植物由来とヒト由来がありますが、ヒト由来幹細胞は肌に直接働いて活性化するという、まさにアンチエイジングのための美容液といえます。

美容液だから肌に直接働きかける

➡ ヒト幹細胞美容液 WABIO(ワビオ)

再生医療の成果により、美容に関してもプラセンタよりも幹細胞コスメが最も美容効果が高いと思われる配合成分がヒト由来の幹細胞と言われています。

スポンサーリンク

ヒト幹細胞美容液でハリや透明感

ヒト幹細胞美容液を塗るだけ(化粧品はこれだけ)で細胞が若返りみずみずしい、ハリのある透明感のある肌へと若返ります。

幹細胞

■ヒト幹細胞美容液を塗布すると

肌の再生力がアップ、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが強化される

リフトアップ

バリア機能がアップ

紫外線や加齢でのダメージが軽減される

セラミドだの、プラセンタだの、いろいろ試したけれどもっと若返りたいという方にはヒト幹細胞美容液は最後のエイジングケアの切り札になるかもしれません。

注目されているヒト幹細胞美容液

➡ DEAGAIA ナイトリペアエッセンス】

最後に

ヒト幹細胞化粧品はアンチエイジング化粧品としても最も革新的なものと思います。

まだ一般的でないかもしれませんがリンゴ幹細胞エキスの化粧品を使っているものにとってはリンゴ幹細胞よりも素晴らしいものである感じがしますので人間の欲は限りないですね。

スポンサーリンク
2020