50代UVサプリはメラニン色素を減らす作らない成分の選び方

50代、60代になるとこれ以上シミを増やしたくない!

メラニン色素は紫外線によってメラニンの合成が促進されていきます。その紫外線が肌のシミ・ソバカスを作り、しわ・ゴワゴワなどの原因でもあります。

さて

効果的にメラニン色素を減らすのがUVサプリです。

UVサプリを飲み始めてから日焼けやシミが以前より気にならなくなった!という方はとても多いと思います。

UVサプリってそんなに効果があるの?

UVサプリの選び方で効果的な成分を知っていますか?

日焼けが気にならなくなった人は、自分にぴったりあったサプリの成分が効果を発揮したのです。

紫外線が肌の老化を早めます。

お肌の悩みを軽減する満足のいくUVサプリの成分を紹介します。

スポンサーリンク

メラニンの働きとは

メラニンとは肌や髪などの色を作る色素です。

実は皮膚トラブルを防ぐために欠かせないもので、メラニンは紫外線によって発生する活性酸素を消して肌の細胞を守る働きをしています。

こうすることで、紫外線によるDNAの破壊や皮膚がんの発生を未然に防いでいます。

しかし

過剰に活性酸素が体内に入ると、黒メラニンの色素が表面化してシミを作ります。

UVサプリの成分はメラニンの生成を抑えます。

関連記事:メラニン色素を内側から減らすUVサプリに注目!

➡ メラニン色素を減らすUVサプリ!50代の飲む日焼け止め

しみができる仕組み

メラニンは、紫外線から肌を守るために作られるのですが、紫外線などの刺激を受けると、メラノサイトにメラニン生成が始まります。

皮膚の一番の大敵は紫外線なのです。

ターンオーバーとメラニン色素

ターンオーバーが正常な時には、メラニン色素も角質と共に皮膚表面に上がってきて垢となり剥がれていきますが、ターンオーバーが長くなると肌に蓄積されてシミとなり残ります。

加齢や女性ホルモンの減少でもターンオーバーは乱れ長くなります。

年を取るとシミが増えるのはこれらの原因が大きいです。

が、

シミを増やさないためには普段から十分な栄養や睡眠も大切で、ストレスも大きく影響しますので溜め込まないように注意してください。

シミの原因

メラニンのひとつである黒色メラニンが過剰に作られ、肌に沈着することが原因で、黒色メラニンは、皮膚表皮の最下部にあるメラノサイト(色素形成細胞)内で生成されます。

スポンサーリンク

メラニン色素を減らすUVサプリ

シミやソバカス、日焼けによる色素沈着は体の内側から緩和できます。

日焼け止めサプリは顔だけでなく体全体の日焼けを防ぎます。

UVサプリの成分はメラニン色素をどのように減らすか?

・メラニン色素生成を抑制

抗酸化作用がある

・皮膚の新陳代謝を促進

・末梢血行を促進してメラニンの排泄を促す

メラニンを抑えるUVサプリは、飲んでいるだけで紫外線の影響を受けにくくなり、日焼けを防いでくれます。

顔だけでなく体全体を紫外線の影響を受けにくくします

UVサプリの成分が日焼けをブロック

メラニンを抑える成分は、よく知られているビタミンC・Eの他にも抗酸化作用があり、新陳代謝を促進する成分を紹介します。

メラニンを抑える成分

ビタミンC(アスコルビン酸)・・メラニン色素の生成を抑制

ビタミンE・・末梢血行を促しメラニンの排泄を活発化

アルプチン

L-システィン(アミノ酸)・・皮膚の新陳代謝を促進しターンオーバーを促進

エラグ酸(ポリフェノールの一種)・・強い抗酸化作用を持つ成分

ハイドロキシン

植物プラセンタ・・アミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富

ビタミンB5(パントテン酸カルシウム)・・肌の生まれ変わりを助けてくれる有効成分

これらの成分は

・黒色メラニンを排出

・肌の新陳代謝を促進

・シミやソバカスを薄くしていく

新しいシミを作りにくくする作用

があります。

関連記事:メラニン色素を内側から減らすUVサプリに注目!

➡ メラニン色素を減らすUVサプリ!50代の飲む日焼け止め

紫外線による肌のダメージ

肌に届く紫外線は

・UVA

・UVB

の2種類に分けられます。

UVAは、地上の紫外線の約95%を占め、肌の奥の真皮にまで到達します。肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを変性させ、弾力が弱まりシワが起こりやすくなります。

UVBは、表皮を中心にダメージを与え、肌に炎症を起こします。日やけや、肌を黒くする作用があります。注意が必要なのは晴れた日の屋外です。

美白化粧品のUV有効成分

紫外線対策では

・化粧品(塗る)だけでなく

・UVサプリ(飲む)を併用すると

相乗効果は高まります。

シミをこれ以上増やさない、シミが濃くならないために!

化粧品での日焼け対策に美白効果が高い成分を知っておきましょう。

美白作用のある化粧品の有効成分

・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・プラセンタエキス
・トラネキサム酸
・グリチルレチン酸ステアリル(甘草エキス)
などがあります。

今まで使用している美白化粧品に加え、加齢に伴い表面化するメラニン色素にはサプリ効果

は十分に期待できます。

UVサプリは効果的にシミを薄くして新しいシミを表面化しない肌を作ることに有効性があります。

関連記事:Wケア UVサプリ+美白UV化粧品で相乗効果!

➡ シミを薄くする効果的な美容液オールインワン

最後に

紫外線対策に「飲む日焼け止めサプリ」が注目されています。

日焼け止め対策をして外出しても、ある日シミが表面化しています。

UVサプリメントは抗酸化作用がある成分で、肌の新陳代謝を助ける美容成分が配合しているサプリは「塗る+飲む」で日焼けを強力にブロックしてくれます。

ターンオーバーも正常になると肌のくすみも取れてきます。

2020