加齢で消化酵素が減る:効率的に酵素を補う方法

身体の中で働く体内酵素はとても重要な役割を担っています。

酵素の役割は食べたものをスムーズに消化するのを助け、食べた栄養素をしっかり吸収出来るのを助ける、生命活動そのものを担っています。

ところが食べたものが数時間過ぎてもまだ消化しない、胃もたれがするなどの症状は消化酵素が上手く働いていないからです。

消化酵素は炭水化物、たんぱく質、脂肪を消化して分解して栄養を吸収できるようにします。

内臓が弱っていたり、加齢で消化酵素の分泌機能は低下します。そのような時にはみなさんは消化の良い食べ物を食べたり、胃腸薬を飲んだりします。

一時的に解決するのではなく、自然に消化酵素を増やすことが健康的にすっきりと生活できることにつながります。

スポンサーリンク

消化酵素とは

消化酵素は、消化に使われる酵素のことである。

分解される栄養素によって炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素などに分けられる。生物が食物を分解するために産生するほかは、食品加工、胃腸薬、洗剤として使用される。海外ではサプリメントとしての利用も一般化している。(Wikipediaより)

消化酵素の種類

消化酵素の種類

アミラーゼ・・でんぷんを分解するもの

プロテアーゼ・・たんぱく質を分解するもの

リパーゼ・・脂肪を分解する

3つの消化酵素があります。

3つの消化酵素の働き

基本は、よく噛んでゆっくり食べることは大切です。

アミラーゼご飯やパンなどの炭水化物(糖質)はよく噛むことでアミラーゼ(消化酵素)が消化を助けます。

リパーゼ胃や膵臓で分泌するリパーゼ(分解酵素)は脂肪を分解する酵素です。

脂肪は分解されてエネルギーに変わります。ところがリパーゼの分泌が悪いと、脂肪が消化されず血中に流れ出し、血がどろどろになり、アレルギーの原因にもなります。

体内に中性脂肪が増えると、動脈硬化、肝硬変、膵炎、糖尿病などのリスクも高まってきます。特に加齢では、油脂や糖分の多い食べ物は摂り過ぎないように注意するべきです。

プロテアーゼたんぱく質をアミノ酸に分解して吸収する働きがある消化酵素ですが、リパーゼと同じく、胃やすい臓などで分泌されます。

ところが消化酵素が働かず、そのまま消化されないままになると悪玉菌の餌食となり、その毒素が血液に入り体内環境の悪化につながります。

この3つの消化酵素がスムーズに働くことが健康維持にもかかわってきます。

加齢で消化酵素が減る

デンプン質が消化しにくい体質、たんぱく質が消化しにくい体質など、人それぞれ食べものによって消化がうまくできない人も結構多いのではないでしょうか。

内臓が弱いということ

加齢で消化酵素が減っていくことも確かです。

年を重ねていくと消化されやすい食べ物を摂るようにしたり

食べ方もよく噛んで食べる習慣、ゆっくり食べることも気をつけるべきことですね。

体内酵素は年齢を重ねていくと減っていきます

これ以上は負担をかけないように食品から消化酵素を取り入れる食生活、食べ方などに気をつけることが重要です。

早食いの人はできるだけ意識してゆっくり噛んで食べることを習慣にできるようにしたいですね。

関連おすすめ:

空腹時間が長いほど脂肪燃焼ダイエットになる

消化酵素が多い食べ物

毎日の食事をする時に気をつけたい点:

よく言われていることです。

◎よく噛んで食べること・・30回ぐらい噛むのが理想

◎バランスの良い食事

消化酵素が多い食べ物:

生の野菜や果物発酵食品など消化酵素が多いです。

逆に消化酵素がないのは加工食品です。酵素は熱に弱いためです。

◎代表的な日本食(・味噌や醤油・納豆・ぬか漬けやキムチやなどの漬物)

を食べていれば自然と発酵食品は取っていることになります。

・漬物などの発酵食品や生野菜や果物を毎日摂るようにすることで、体内の消化酵素をなるべく使わず負担をかけないようにすることも大切です。

スポンサーリンク

麹菌酵素のパワー

麹は日本独特の気候風土から生まれた日本だけの微生物です。

麹菌から生まれた食文化は昔から先人たちの知恵から生まれた発酵食品でもあります。

この麹菌の酵素パワーは栄養素としても、

加齢を意識する年齢には健康や美容にもかかわるほどのパワーをもっています。

(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造するときに用います。(Wikipediaより)

麹菌は調味料として私たちの食生活にはなくてはならないものです。

最近では塩麹のブームも起き、家庭で簡単に作れる手軽さから料理に使っている人も多いと思います。

こうじ酵素は消化酵素がたっぷり

麹菌が生まれた酵素は、加齢で健康や美容に自信が持てなくなった人や、食生活や生活習慣を変えられない人には、こうじ酵素の効果効能はすばらしいものがあります。

食生活ではうまくとることが難しい酵素も麹酵素は手軽に摂れる酵素サプリとしておすすめできます。

※漢方専門店が麹酵素に着目して、生命活動に必要不可欠な麹酵素をおすすめしています。麹菌から生まれる酵素は体内酵素として働きをするそうです。

関連おすすめ:

こうじ酵素は消化酵素がたっぷり!余分な脂肪を溜め込まない

酵素の宝庫である麹菌

今一番注目したい酵素は、麹菌からの酵素です。

豊富な酵素は私たちの体とよく似た働きをします。

特に、乱れた食生活をしている人、加工食品が多い食事に人は、体内の酵素を無駄に使っているのです。

それでも、そのような食生活を改善できない人は体内の酵素がどんどん減っていくことになります。このような食生活を続けていると体調が悪くなるのは当然でしょう。

麹菌酵素は、栄養素も摂りやすくしますので、毎日摂ることで体のバランスを整えることができます。

麹にはビタミンB類やミネラルが豊富です。麹から作る甘酒が、飲む点滴と言われるのは栄養価が高いからです。

おすすめ関連:

→ 甘酒は飲む点滴なぜ?日本のスーパーフードが炊飯器で簡単に作れる

酵素は細胞の生まれ変わりをサポート

食物酵素として生の食べ物や発酵食品から取り込まれた酵素は消化・吸収して、あまった酵素は体内で細胞の生まれ変わりをサポートします。

ところが

加工食品などが多い食生活では食物酵素が摂れず、体内の酵素を使って消化しようとします。そうしますと、体内にある酵素がどんどん少なくなっていきます。

健康な体を維持するには、体内に酵素が十分に備わっていることがポイントです。

体内のメカニズムとして食事で優先的に使われる酵素が、余裕をもって体内に酵素を残しておくことが重要なことです。

※酵素が摂れるのは生のままの素材であり、加熱した料理では酵素を摂ることができません。また野菜や果物由来の酵素(酵素ドリンクとしてブーム)は体内で働くほどの酵素は摂れないということです。

最後に

年齢を重ねて、50代になると身体にいろいろ支障がでてきます。

食べ物が体をつくり、生命を維持していますが、そんな生命活動に不可欠な酵素が加齢で減っていくのです。

自分では食生活に気をつけていると思っていても、身体にある酵素が減っていることは確かです。

日本独特の麹菌酵素は、日本人の身体に合っていると思います。

毎日の食生活に取り入れることが必要で、体調がよくなり、身体がスッキリする人も多いように思います。

バランスの取れた食生活と適度な運動がやはり必要です。

スポンサーリンク
2020