お腹や太もものセルライトを自宅で軽減できるお風呂で体を温め脂肪を柔らかくして・・

お腹や太ももの肉がデコボコとしているセルライト。

女性のほとんどがセルライトで悩んでいます。

特に年齢を重ねてくるとセルライトの凸凹が太ももやお尻だけでなくお腹部分にも広がってきます。

露出するところでないにしろやっぱりデコボコしているのはいやですね。

なんとかセルライトを自宅でこっそりなくすことはできるでしょうか?

実はセルライトができる原因を知ったら・・そこにセルライトを減らすヒントがあります。

セルライトの原因からセルライトを減らす対策を紹介しています。

スポンサーリンク

セルライトとセルライトができる過程

ダイエットして体重は落とせたとしてもセルライトは取れないですよね。

セルライトは皮下脂肪の脂肪細胞が不均質に固まり塊になります。

不均質に固まったセルライトは簡単には取れません。

セルライトができる過程

脂肪細胞のまわりにはリンパや毛細血管が流れています。セルライトは脂肪細胞の周りに老廃物やコラーゲン繊維が絡まったもので、その繊維は硬く脂肪を取り囲んでいます。

毛細血管やリンパは皮下脂肪の周りにはり巡っており、やっかいなのはセルライトはコラーゲンのネットで流れ出さないようにしっかり取り囲まれています。

そのため

できたセルライトを容易くとることはむずかしいのです。

セルライトの原因

セルライトの原因はいろいろありますが、自分の体質でも理解できますが、血行が悪いことが大きな原因ではないかと考えています。

もちろん、血流とリンパとか?食習慣とか?加齢とか?遺伝とか?

いろいろ原因はあると思いますが

基本的なことで

・血行をよくする

・体を冷やさない

この2つだけは最低気をつけているとセルライトは今以上にひどくはなりずらいと思います。

以前、お尻と太もものセルライトが気になりエステに通っていた経験があります。セルライトマシーンでセルライトを潰すイメージです。

週に1度、1回7,000円ぐらいで2~3ヵ月する頃にはセルライトの凸凹がなくなりツルンとしてきます。半年ほど続けましたが高額なので止めました。

続けていれば今でもセルライトはない、滑らかな肌をキープしていると思います・・お金に余裕のある方はエステに周期的に通いセルライトマシーンを受けてください。

やはり

止めるとセルライトはついてきます。

でも

自宅でセルライトをこれ以上つきづらくすることはできると思います。

そして

セルライトを少しずつなくせます。

セルライトが増える原因に減らすヒントがある

セルライトが増える原因 思い当たりませんか?

血行が悪い
冷え性
筋肉が少ない
代謝が低下している
・体を冷やす冷たい飲み物が好き
お風呂に浸からない
・シャワーだけで済ます
運動をしない
・不規則な生活習慣
お水をあまり飲まない
・脂肪の多い高カロリーの食事

上記のようなセルライトがつきやすい生活習慣は、どれも体を冷やし、血行を悪くしてセルライトがつきやすい体にしています。

ここに

セルライトが付きにくくするヒントがありますね。

女性の冷え性の人は非常に多いですが、若くて痩せている人でもセルライトがついています。

原因は冷え性、低体温、血行が悪いなどが原因していると思います。

スポンサーリンク

セルライトをなくす方法

セルライトは、お尻や太もも、お腹など脂肪がたまりやすい場所にできやすいです。

一度できてしまったら運動や食事制限では解消できませんね。

セルライトをこれ以上はひどくしたくない!

自宅でなんとか自分でできないか?

セルライトの自宅でセルフケア

エステに通っていた時は、セルライトをつぶすマシーンをする前に脂肪を柔らかくしてから始めます。

そしてグラス1杯のお水を飲みます。

セルライトを潰すイメージで、自己流で乱暴にしてしまうとセルライトの周りの毛細血管を傷つけますから注意してください。

脂肪を柔らかくする

セルライトと体の冷えは関係しているため、代謝を上げることは脂肪を燃焼させ老廃物を排泄しやすくします。

血流がよくなっている時にマッサージを行えば、老廃物がスムーズに流れます。

お風呂に浸かって脂肪を柔らかくする

脂肪を柔らかくする簡単で一番いいのが、お風呂にゆっくりと浸かり血行をよくすること

そうすると

代謝を上げ、セルライトの周りの毛細血管も巡りがよくなり老廃物が排泄しやすくなる

体が温まると脂肪も柔らかくなります。

入浴中や入浴後にマッサージすると効果的です。

セルライトはマッサージと肌表面をつまみ上げるようにします。

オイルを使用することも効果を高めます。

関連記事: 

セルライトマッサージの前に血行がとてもよくなり脂肪も柔らかく!

➡ 重炭酸湯イオン入浴剤の効果効能!疲労物質除去芯までポカポカ朝がスッキリ

自分でセルライト除去のポイント

セルライトを除去する準備として

最初のステップが血行をよくしてリンパ管の流れをよくすること

準備段階はとても重要です!

お風呂でしっかり体を温め、毛細血管の流れをよくすることはリンパの流れもよくします。

自宅でリンパマッサージするポイント

お風呂で代謝を上げること、血行を良くしてリンパ管の流れもよくなります。

お風呂で血行をよくする

お風呂に浸かりながらわきの下、ももの付け根のリンパをさする

マッサージの前に白湯か水を飲む(リンパ液の流れをよくして老廃物を流しやすくする)

リンパ節を始めにマッサージする(お風呂でやっている場合は軽く)

下半身

マッサージは太ももの付け根から始める(リンパ節が集中しているから)

上半身

わきの下にリンパ節が集中しているから、ここからマッサージする

リンパの流れを意識してマッサージする

※リンパマッサージは力加減がポイントです。

リンパマッサージは強くする必要はなく、顔のリンパマッサージと同じように軽くなでるようにするだけでセルライトの除去効果があります。

しつこいようですが、お風呂で血行を良くして脂肪を柔らかくしてこそマッサージが効果的になります。

太ももの付け根

太もも

膝裏

脇の下



お腹

家庭用キャピテーションを使う

エステで使う家庭用キャピテーションを使うと効果を実感できると思いますが、値段が高いというネックがあります。

本格的にやってみたいという方に2点紹介します。

どちらも持ち運びが簡単でコンパクト、コードレスのため手軽にいつでもケアできます。

また

どちらも EMSというエクササイズ機能が作動しますので引き締まったボディラインを作ります。

機器を使う時も、お風呂で体を温めてからすると効果はとても高まります。

ルボディ LEBODY

韓国のネットショッピングから世界へと展開している「ルボディ LEBODY」です。

世界でもまだ例の少ない中周波交流電流を利用した美容&運動サポートマシーンです。

低周波数のEMS機器は、刺激が目的の脂肪または筋肉に届きにくいとされています。

また

高周波のEMS機器の場合は刺激が強すぎるため内臓まで負荷を与えてしまう懸念があるそうです。

中周波は、私たちの体への負担を抑え、目的とする脂肪や筋肉を刺激できるます。さらに単一の中周波を利用するのではなく、異なる二つの中周波を用いることで干渉波を発生させ、それにより、広範囲にうねるような刺激を与えることが可能となり、更なる脂肪燃焼効果の向上へとつながるそうです。

世界でもまだ例の少ない中周波交流電流を利用した美容&運動サポートマシーン

➡ ルボディLEBODY公式サイトで詳細を見る

美ルルキャビアップ

「美ルルキャビ」はコードレスで全身に心地よい振動(超音波)を与えます。

特徴は温熱機能を持ち、じんわりと温めながら引き締めていきます。

「美ルルキャビ」はスキンケアに効果的な赤LEDライト(周波数630nm)搭載で美肌力を高め、美容エステサロンでも導入されています。

全身とスキンケア美肌にじんわり温めながら

➡ 美ルルキャビアップ公式サイトで詳細を見る

有酸素運動もしたほうがいい

マッサージと併用して筋肉をつけることも

セルライトを目立ちにくくするには、筋力トレーニングや有酸素運動で脂肪を燃焼することもとても効果があります。

有酸素運動ではスロージョギングなどがいいでしょうが、なかなか続けられる人は少ないと思います。

自宅ですぐにできる、プランクやスクワットは毎日1分でも続けていると筋肉がついてきます。セルライトは目立ちにくくなります。

体幹を鍛えるプランクやスクワットを続けていると筋肉がついてきます。

➡ 50代女性お腹ぽっこり解消法!プランク体幹トレーニング1分の効果!【中年女性必見】

筋肉がついても体重の変化はありませんが、体脂肪は落ちて体が引き締まってきます。

体重と体脂肪率をグラフにすると変化を目で見ることでやりがいがでてきます

お腹の脂肪がなくなってくると、セルライトが目立たなくなり、冷え性も改善されます。

スポンサーリンク

2019