乾燥肌から潤い肌にするアンチエイジングケアのポイントと対策

アンチエイジング

アンチエイジングで一番大切なのが保湿

アンチエイジングで一番気をつけるべきは肌を乾燥から守ることです。そのために保湿はとても大切です。

老化=体のサビですが肌も加齢で潤いがなくなり、シミやシワがどんどん気になってきます。

夏の強い紫外線を浴びた肌はダメージを一番感じますが、秋口は一気にそれが表面にでてきます。

スポンサーリンク

活性酸素は肌のトラブルの最大の原因

肌トラブルは紫外線の影響はとても大きく、UVケアをしないで外出するとシミができ、そのままケアせずに放置していると、どんどんハリが失われて肌の老化が加速していきます。

紫外線はなるべく避けることは言うまでもありません。

紫外線によって肌トラブルが起きるのは、紫外線によって作られる活性酸素が原因なのです。紫外線を皮膚に浴びるとその害から肌細胞を守るためにたくさんの活性酸素が生み出されます。

この活性酸素がやっかいで肌細胞は酸化=老化していきます。

乾燥肌対策が一番のアンチエイジング

肌の乾燥は水分が不足した肌ですから、当然ハリや弾力は失われます。シワが目立ってたるみも気になります。

エイジングで血行や新陳代謝も悪くなり、肌細胞のターンオーバーに若い時よりも時間がかかります。ターンオーバーに時間がかかると肌細胞が活性化せず、そのため角質がたまり、シミやくすみが目立ってきます。

若い時は脂性肌だったのに、加齢やホルモンバランスで肌質が変わり乾燥肌になる方もとても多いと思います。

体質も変わってきますので乾燥肌だけでなく、敏感肌やアトピー肌になることも珍しくはありません。

外からケアする化粧品や美容液などや乾燥を改善する食生活やサプリを摂ることは内側から肌をしっとりさせます。

保湿成分の化粧品をつける

保湿化粧水で人気があるのは圧倒的にセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが挙げられます。

化粧品は肌につけるとすぐに実感できます。浸透力の高いものはつけてすぐにす~と肌に浸透して、しっとりとした肌を実感できます。

アンチエイジングで一番心がけることは1にも2にも保湿ケアと言えます。

スポンサーリンク

乾燥肌を改善する食生活

乾燥肌はダイエットや喫煙や栄養のバランスが悪いと乾燥肌になります。健康も美容も栄養バランスが影響します。

乾燥肌だから高い化粧品をつけることもいいですが、内面からよくすれば、高い化粧品もつけなくても、朝、目覚めると肌はしっとりしています。そんな肌はファンデのノリもいいですね。

乾燥しない肌になるには栄養バランスがとても大事です。

特に肌には欠かせないのはミネラル・ビタミン・たんぱく質です。特にミネラルの中でも亜鉛やマグネシウム、ビタミンはどれも必要ですし、アミノ酸もコラーゲンを生成するのに大切です。

お風呂に浸かってリラックス

シャワーだけで済ませている方は、お風呂に浸かることは肌にもとってもいいです。天然成分の入浴剤で肌が潤い、気持ちもリフレッシュするのでオススメです。

2020