アトピーを悪化させる食べ物腸内環境も悪くして免疫力も低下このままではだめ!

アトピー性皮膚炎を悪化させる一番の原因に上げられるのが「食べ物」です。

子供も大人もアトピー肌の人はほんと辛い毎日を過ごしています。でも毎日食する物で腸内環境がよくなればアトピーを改善できることもわかっています。

アトピーを悪化させないためには大きなポイントとして腸内環境を悪くする食べ物を知り、腸内環境をよくする食べ物に変えて徐々に体質を変えていくしかありません。時間はかかりますがこれが一番の方法です。

避けるべき食べ物として3つ挙げるとしたら、食品添加物を含んでいる加工食品白砂糖、肉類ではないでしょうか?

スポンサーリンク

アトピーを悪化させる食べ物

加工食品に含まれている食品添加物の保存料や着色料は活性酸素を発生させアトピーを悪化させます。

肉類などの動物たんぱく質は消化がわるく腸内で悪玉菌を増殖して腸内環境を悪くします。畑のたんぱく質として大豆製品を摂るようにします。

砂糖は悪玉菌のエサになるので料理には善玉菌のエサになるオリゴ糖に徹するといいと思います。砂糖は体の熱をこもらせるのでかゆみが増します。甘いお菓子・ケーキ類・アイスクリームは避けるべきです。糖質を摂ると血糖値が急上昇することもアトピーを悪化させる原因です。

その他にも油や揚げ物もアトピーを悪化させます。油はαリノレン酸が含まれるエゴマ油やアマニ油を使うといいと思います。油が酸化するのがアトピーにはよくありません。

毎日口に入れる食べ物に気をつけなければいつになってもアトピーは治りません。

アトピーが悪化することと腸内環境の悪化

アトピーを悪化させる食べ物は結局のところ腸内環境を悪化させる食べ物です。最近の医学会の研究結果でもアトピーは腸内環境と深い関係があることが分かっています。

体内で免疫力を作るのは腸内で70%を占めています。腸内環境の乱れは免疫機能にすぐに影響することになります。

食べ物が腸内環境の悪化を招き免疫機能を乱してアトピーを発症させます。アトピーはアレルギー・花粉症と同じで免疫力の乱れから症状が起こることが分かっています。

腸内環境が善玉菌優勢になる食生活をすること、それは毎日食べる物と大きく関係しています。

植物性乳酸菌がアトピーを改善

昔はアトピー患者は少なかったと思います。ここ数年に日本でアトピー患者が増えたのも西欧の食生活、肉類、甘いもの、添加物食品が増えたことと比例すると思います。

スポンサーリンク

免疫反応が敏感になりすぎてもアレルギーやアトピーに

昔の日本から比べると環境はとても衛生的になっています。しかし免疫機能の低下はどうやら清潔さが原因でもあります。清潔さが続いていると外敵が少ないので免疫機能が緩んでいたということも言えます。

アレルゲンという物質がカラダ内部に入ってくると免疫反応が敏感になりすぎて活発に反応する為に起こることもわかっています。

過剰に反応すると日常の生活などにも大きな影響を及ぼすことになります。

免疫機能が過剰反応せず、乱れを正常にできればアトピーは改善されると思います。

昔の日本の食べ物にはなかった、食品添加物や甘いおやつ、脂っこい肉などが日本人にアトピーを発症させ、そのような食生活が腸内の免疫機能が低下して乱れる原因にもなりました。

アトピーの悪化を食い止め改善するには

アトピーが悪化する原因に食生活はもちろん、生活環境そのものも影響しています。

低体温、乾燥、活性酸素、自律神経の乱れなども関係しています。いろいろなことが絡み合っています。

でも、一番はなんといっても食べ物と思います。昔は自然の甘味のものを食べ、野菜や大豆食品を摂り、玄米や麦を食べていたと思います。このような食生活では便秘になることも少なく腸内環境はいい状態を保っていたのではないでしょうか?

これらの低糖質や低GI食はアトピー対策に有効でもあり、腸内環境にもいいと思います。

腸内環境が善玉菌優勢になる食生活をすること、それは毎日食べる物と大きく関係しています。

腸内環境改善の詳しい情報はこちら➡植物性乳酸菌がアトピーを改善

アトピーを改善する食生活低糖質や低GI食に

主食であればそば、玄米、全粒粉パン、全粒粉パスタなどにするようにする。白米は控える

野菜も繊維質を中心にたっぷり摂り、ジャガイモ・かぼちゃ・コーンなどは控える

低GI食を参考にしてください。

アトピー改善には腸内環境を整えること

アトピーが悪化するのは腸内環境ととても関係しています。ストレスや生活環境も影響していますが、何よりも食べ物によって腸内環境が悪玉菌優勢の腸になっていることが原因です。

腸内環境が悪玉菌優勢の腸になっていると免疫力も低下しています。腸内環境を整える植物性ラクトフェリン乳酸菌はあなたのアトピーのつらいかゆみを抑えてくれるかもしれません。

植物性乳酸菌はアレルギーやアトピー症状を軽減

植物性ラクトバチルス乳酸菌は植物性乳酸菌で腸まで生きたまま届く乳酸菌として知られています。

植物性乳酸菌は免疫機能のバランスの乱れを正常にする働きがあります。アトピー性皮膚炎を含むアレルギー症状は免疫機能の乱れで発症することがわかっています。

※植物性乳酸菌は酒粕由来の乳酸菌であり日本人の食文化に昔から私たちは食しています。

昔から食べていた植物乳酸菌がアトピー性皮膚炎の症状を改善することが分かってきました。

腸内環境が善玉菌優勢になる食生活をすること、それは毎日食べる物と大きく関係しています。

腸内環境改善の詳しい情報はこちら➡植物性乳酸菌がアトピーを改善

2020