ドライアイにも加湿器は効果を発揮!肌の乾燥防止や風邪にかかりにくい

ドライアイ

加湿器がドライアイを緩和するのには一番効果的

乾燥シーズンになると部屋の湿度が低下すると目にもよくなく、部屋の中が乾燥していることても目がかわき、ドライアイになっていきます。

ドライアイを防ぐ簡単な方法として部屋の湿度を上げる加湿器が便利で最も有効と思います。

乾燥シーズンでは湿度は20%ぐらいまで下がります。最も有効な湿度は50~60%前後ですので加湿器で湿度を上げることはドライアイを緩和するのに効果的な方法の一つです。

乾燥している部屋でいる時と比べて、適度に湿度がある部屋でいるとドライアイがかなり緩和されます。

湿度が低いとドライアイになるだけでなく、お肌の乾燥は美容の大敵でくすみや小じわの元ですし、湿度が低く乾燥していると風邪インフルエンザにかかりやすくなる確率も高くなり、のどの痛みもでてきます。部屋の湿度を最適にしておくことは健康上とても大切と思います。

スポンサーリンク

部屋を加湿器で最適に湿度を保つことはドライアイも含めて健康や美容にもオススメです。

関連記事:卓上加湿器の効果ある使い方のポイント!乾燥肌対策やドライアイにも

ドライアイをチェック

ドライアイの症状には
・目が疲れやすい
・目が乾く
・物がかすんで見える
・目が乾いた感じでごろごろする
・なんとなく不快感がある

自分でチェックしてみてください。
dryeye

➡ ルテインサプリは目の疲れや眼病予防に効果

ドライアイを緩和する加湿器の効果的な使用法

ドライアイを手っ取り早く解消する方法として加湿器でお部屋の湿度を上げることです。

最近はコンパクトサイズで性能も充実した機種が安価で購入できます。高価なものを買う必要はないと思いますので、性能もよくデザインも豊富にあり、お部屋のインテリアとしても楽しめ、しかも機能は充実しています。

もちろん大きなサイズの加湿器もありますが、家やオフィスでも持ち運びできる卓上サイズの加湿器でしたらテーブルの上に置くので、ちょうど目からもいい距離間でドライアイから目を守ってくれます。目が加湿器から60~80cmぐらい離れていればOKと思います。

空気の乾燥も影響しますが、加齢でもドライアイは進みます。加湿器の効果はドライアイだけでなく、風邪やインフルエンザ予防、のどのイガイガや肌の乾燥防止に湿度が50~60%に保てる部屋にすることは大切です。

オフィスや家でパソコンに向かっている時間が長い人はほどほどに休憩をとり、目を休めることやドライアイ用の目薬やルテインのサプリを摂ることもドライアイ解消になります。

スポンサーリンク

関連記事:加湿器の美容効果は眠っている間も乾燥から肌を守る

ルテインサプリでドライアイを解消

コンピューターで目を使い過ぎ、紫外線で有害光線が目に負担をかけています。体験から一時は目が痛くて辛い時期がありましたが、ルテインを摂ることで3日ぐらいから目の辛さが緩和されました。もっと早くからサプリを飲んでいればよかったと当時は思いました。

ルテイン(黄斑色素)は年齢と共に失われていきますので補給することでドライアイも解消します。

目を守る抗酸化成分ルテインは即効力もありよく効くと思います。加齢を意識する年齢になると摂るべきサプリの1つとも思います。ルテインを摂ると3日ほどからあらっと思うほど目が楽になった記憶があります。

ルテインのサプリは価格も安いのでドライアイに悩まされている方は一度試すべきと思います。加齢による目の症状にもとても効果があります。

ルテインサプリを飲み始めたら、辛いドライアイが3~4日で楽になりました!

➡ ルテインサプリは目の疲れや眼病予防に効果

ドライアイを改善する食べ物

パソコンやスマホの普及で日本人のドライアイの症状がある人は非常に多く、推計で800万人ともいわれています。

ドライアイチェックで調べるとドライアイの予備軍もかなりいることと思います。

目にはブルーベリーがいいといわれますが、ドライアイにも紫の食べ物がいいということです。意識して紫色の食べ物を摂るといいと思います。生のブルーベリーは高いのでサプリで摂ると早く効果があります。

最後に

紫外線やコンピューターからのブルーライトが目によくありません。外出時はサングラスをかけたり、コンピューター画面から定期的に目を離して目を休めることはとても大切です。

 加湿器おしゃれなインテリアおすすめ2017~2018

2020