花粉症やアレルギー性鼻炎の改善【睡眠の質】自分で治す

アレルギーを正しく理解することは、アレルギーを自分で改善できる手がかりの一歩になると思います。

アレルギー症状を引き起こす大きな原因は体の免疫バランスを崩していることです。

花粉症やアトピー性皮膚炎などの改善に、免疫バランスを整えるために質の高い睡眠はとても重要です。

規則正しい生活リズムは免疫バランスも整ってきます。不規則や不摂生な生活ではアレルギーをけっして改善することは難しいと思います。確実に悪化させます。

スポンサーリンク

花粉症やアレルギーを自分で治すための「食べ物」もまとめています。

睡眠の質が花粉症やアレルギーを改善

花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因は免疫バランスを崩していることが原因ですが、免疫バランスを崩す原因のひとつが睡眠と関係しています。

免疫バランスを整える重要なことは、自律神経のバランスを整えることです。

自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスの乱れは、アレルギーを悪化させている原因でもあります。

睡眠時間は人によって異なりますが、睡眠時間は6~8時間ぐらいはとりましょう。

気をつけるべきは

深夜の0時から3時の間は眠りについていることです。

免疫のバランスを整えるために、この時間帯に体を休めることは、人間の生体リズムにおいて、深夜の0時から3時の時間帯は新陳代謝が活発になり、成長ホルモンが分泌され、傷ついた細胞の修復を行う時間帯です。

新しい免疫細胞を作る時間帯に眠っていることは免疫バランスを整えるうえで重要です。

寝つきが悪くて朝起きた時は当然からだが重いわけで、花粉症だけが寝つきを悪くしている理由ではないかもしれません。枕が自分に合っていないかもしれません。

寝具はとても大切です。自分に合った枕があればぐっすり眠れる、ぐっすり眠れれば免疫バランスを整えてアレルギー改善につながることもあるのではないでしょうか?

脳を休ませる

深夜の0時から3時の時間帯は仕事がちょうど調子が出る時間帯という人もいるでしょう。

脳を休ませることは重要で、ノンレム睡眠を長く取る工夫が必要です。

※ノンレム睡眠とは脳を休める眠りで、レム睡眠はからだを休める眠り

短い時間でも効率の良い睡眠をとる工夫が必要です。

体がしっかり休まる睡眠のコツ

1.深夜の0時から3時の時間帯は寝ること

2.寝る前に体をリラックスさせるお風呂や温めた牛乳を飲む

3.低反発枕など枕の高さを調整する

4.部屋を暗くする

2020